TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

カテゴリ: DD51牽引貨物

 先週に引き続き、四日市まで足を延ばしてDD51牽引の貨物列車を撮影してきました。

イメージ 1
        PHOTO:DD51 1801号機が牽引する2083レ




イメージ 2
   PHOTO:セメント貨物6361レはDF200 223号機の牽引でした。





イメージ 3
        PHOTO:太平洋セメントの引込線を行く6360レ




イメージ 4
           PHOTO:四日市駅に停車中の6360レ




イメージ 5
         PHOTO:四日市駅北のカーブを行く6360レ




イメージ 6
        PHOTO:DF200 223号機牽引の5362レ




イメージ 7
     PHOTO:5082レはウヤでDF200 220の単機回送でした。


 セメント貨物をDF200になってしまった関係で、DD51の姿を見る回数よりDF200の方が圧倒的に見るようになってしまいました。

【撮影日:平成31年 4月20日(土、撮影場所:富田浜駅~四日市駅】鉄道コム

今日は天気も良かったので、ちょっと早起きをして四日市までDD51牽引貨物の撮影に行ってきました。
 ダイヤ改正後、セメント貨物をDF200が牽引するようになったことから、んとなくDD51に遭遇する回数よりもDF200の方が多くなったような気がします。

イメージ 1
      PHOTO:2083レはDD51 1801号機の牽引でした。




イメージ 2
    PHOTO:セメント貨物の6361レはDF200 220号機の牽引





イメージ 3
          PHOTO:返却は富田浜駅のホームで撮影を…





イメージ 4
    PHOTO:石油貨物の5263レはDF200 223号機の牽引でした。


 本当はもう1本、臨8287レが来るかな?と思っていたのですが、残念ながら、本日はウヤだったようです。

【撮影日:平成31年 4月13日(土、撮影場所:富田浜駅~四日市駅】鉄道コム

イメージ 1
      PHOTO:DF200を従えて四日市を目指す臨8075レ
         ※DD51 1804号機+DF200 223号機

 現在、東海エリアでちょっと注目を集めている臨時貨物8075レを撮影してきました。何が注目かというと、本来の本務機であるDF200の前に回送されるDD51を連結しているため、牽引機が異形式の重連となっています。
 DF200が本格的に運用に入ってからDD51重連の貨物列車の姿を見ることが出来なくなってしまいましたが、こんな形で大型ディーゼル機関車同士の重連を見ることが出来るなんて…幸せですね。
 ただ、この貨物列車ですが列車番号どおり臨時列車ですので、撮れるか撮れないかは運しだい…といったところです。

イメージ 2
             PHOTO:上記のアップ写真




イメージ 3
        PHOTO:DD51とDF200の重連は迫力満点です。


 今日は初めて「清須駅」で撮影したのですが、ここは短時間で色々な貨物列車の撮影が出来て楽しいですね…。なんか、病みつきになりそうです。


イメージ 4
  PHOTO:個人的には稲沢駅に向かう貨物列車をアップで撮れるこっちが好きです。

【撮影日:平成31年 4月 2日(火、撮影場所:清州駅】鉄道コム


イメージ 10
       PHOTO:セメント貨物を牽引するDF200 220号機


 今日は「ディーゼル機関車三昧!」と決めて、まず四日市駅へ…
 セメント貨物の運用がDD51からDF200に変わったことがJR貨物の時刻表でわかりましたので、真偽のほどを確かめに行ってきました。

イメージ 1
       PHOTO:2083レはDD51 825号機の牽引でした。




イメージ 2
 PHOTO:注目のセメント貨物・6361レはDF200 220号機の牽引でした。


 この後は、6361レを追って可動橋へ…

イメージ 3
        PHOTO:可動橋を渡るDF200牽引のセメント貨物



イメージ 4
          PHOTO:DF200を少々アップ気味に!




イメージ 5
           PHOTO:引込線を行くセメント貨物




イメージ 6
        PHOTO:太平洋セメントの引込線に到着しました。




イメージ 7
       PHOTO:到着後、DF200は切り離されて移動します。




イメージ 8
  PHOTO:移動するDF200の右奥には持って帰る空の貨車が待機しています。




イメージ 9
       PHOTO:DD45 2が空のセメント車を引き出します。

 実は私、今回のダイヤ改正前にDF200がセメント貨物を牽引している姿を(列車内から)見たことがあったのですが、その時はあの重くて大きなDF200が可動橋を渡れるわけがない…と思っていたので「四日市駅でDE10に付け替えているんだろうな…」とくらいにしか考えていなかったのですが、まさかDF200がそのままスルー運用をするとは、ちょっと驚きでした。

 さて、今日は「ディーゼル三昧」ということなので、この後は「名古屋港線」へ移動します。

【撮影日:平成31年 3月23日(土、撮影場所:四日市駅周辺】鉄道コム


イメージ 14

イメージ 16

イメージ 17



 久しぶりに四日市駅付近まで出かけてDD51牽引貨物の撮影をしてきました。


イメージ 1
      PHOTO:臨8361レ(セメント貨物)DD51 1028号機



イメージ 2
         PHOTO:5263レ DF200 220号機
           ※DD51重連を期待したのですが…



イメージ 3
         PHOTO:臨8360レ DD51 1028号機
※この場所は上の写真2枚の反対側です。初めて撮影したのですが、なかなか良い撮影ポイントではないかと思います。ただ、この時期は木々の葉が無いので撮影が可能ですが、春~夏~秋は対岸の木が気になるかもしれません。


 この後は四日市駅付近に移動しての撮影です。


イメージ 4
            PHOTO:2085レ DD51 825
              ※空コキの返却回送かと思いました…



イメージ 5
         PHOTO:臨8972レ DD51 1802号機
               ※残念ながら単機回送でした。


 撮影をしていると、コスモ石油の製油所ではDE10が出入りする姿も見ることが出来ました。


イメージ 6
       PHOTO:DE10 1562がタキを引き取りに行きます。




イメージ 7
      PHOTO:しばらくするとタキ車を牽引して四日市駅に戻ります。





イメージ 15
       PHOTO:DB型のスイッチャーが入換えを担当しています。


 この付近は線路沿いに少々背の高めのフェンスがありますので、撮影に脚立があると便利です。


イメージ 8
          PHOTO:臨8362レ DD51 1028




イメージ 9
          PHOTO:5282レ DF200 220




イメージ 10
          PHOTO:2089レ DF200 216
 上の写真を撮って反対側を振り向くとこのような写真が撮影できます。



イメージ 11
           PHOTO:2080レ DD51 825




イメージ 12
PHOTO:臨8365レ DD51 1028




イメージ 13
PHOTO:臨8079レ DD51 1804
この場所は初めて撮影にチャレンジしました。ちょっと長めのレンズが必要かもしれません


 久しぶりにたっぷりとDD51を堪能してきました。
 DF200の運用も多いですが、まだ、DD51の姿を見る方が多いので、今しばらくの間はDD51の姿を見ることが出来そうですね。 
鉄道コム【撮影日:平成31年 2月 9日(土)】

↑このページのトップヘ