TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

カテゴリ: イベント

P1360312
         PHOTO:おっといきなりJR四国のお宝発見!



 「JR多度津工場」は、JR四国唯一の鉄道車両基地・車両工場として、同社が保有する電車・気動車・機関車・貨車の総合的な検査、改造等をはじめ、土佐くろしお鉄道所有の車両の受託検査等も行っている車両工場です。

 この多度津工場内には、国の有形文化財に登録された建物がいくつもあるのですが、大規模な設備更新に伴い、今後、取り壊しが予定されていることもあり、「壊す前に一般公開を…」ということでしょうか、今回、JR四国から「多度津のまち歩きと多度津工場内登録有形文化財特別公開」という見学ツアーがJR四国ツアーから発表されました。

 多度津工場については、例年、「鉄道の日」前後の週末に一般公開が行われているのですが、昨今の事情を鑑みると今年の開催も不明瞭ですし、中に入れば珍しい車両も見ることができるかも?と思い、早速、申し込んでツアーに参加してきました。



 多度津駅には9時44分に到着しました。集合時間(10時30分)までには時間がありましたので、多度津駅の留置線に置いてあるキハ40系の撮影に…と思っていたのですが、いつの間にか姿が見えなくなっていました…。「部品取禁止」の貼紙がありましたので、しばらくは留置されているものと思っていたのですが…(先月の27日には置いてあった気がするのですが…。)
 まあ、無いものは仕方ありませんでしたので、駅前に留置されているSL(58685)、動輪(8620形)や給水塔などを見学してから集合地点に向かいました。



P1360286
   PHOTO:多度津駅前に展示されている8620形蒸気機関車(58685)






  

P1360288
 PHOTO:鉄道発祥の地の記念した8620形動輪と昔使用されていた給水塔碑




 今回の参加者は全員で23名、募集人員が25名ですので、結構参加する人が多いんだ…というのが正直な感想です。注意事項などを聞いてから午前中は多度津の街並みの散策に出かけました。
 初めて訪れた街ですが、意外と古い町並みが残っているんだ…というのが正直な感想でした。




P1360290
        PHOTO:注意事項の説明を受けてから出発します。






P1360291
      PHOTO:多度津町は少林寺拳法の発祥の地…ということです。






P1360293
      PHOTO:古い建物を利用したおしゃれなお店が立ち並びます。







P1360294
      PHOTO:少林寺(左下には武道場が少しだけ写っています。)







P1360295
       PHOTO:日本遺産にも認定されている「合田家住宅」





P1360305
            PHOTO:多度津町立資料館



 古い町並みの散策と多度津町立資料館の見学を終えるとランチタイムです。
 本日の昼食は、多度津藩武家屋敷をリノベーションしたレストラン「家中舎」(「かちゅうしゃ」と読みます。)でいただきました。ここのランチ、最高です!



P1360309
             PHOTO:家中舎の建物






P1360307
         PHOTO:豪華なランチにビックリでした。



 昼食後は、いよいよお目当てのJR四国多度津工場の見学です。
 事前に「写していいものとダメなものがあること。」と「SNSでアップしていいこととダメなこと。」を聞いてから見学に向かいました。





P1360302
        PHOTO:いよいよ多度津工場内に入っていきます。






P1360322
         PHOTO:職場15号(昭和21年)の外観




 

P1360319
        PHOTO:職場15号(昭和21年)の中の構造です。







P1360327
          PHOTO:職場17号(昭和6年)の外観






P1360328
        PHOTO:職場17号(昭和6年)の中の構造です。






P1360331
        PHOTO:倉庫4号(昭和16年)の中の構造です。






P1360332
        PHOTO:倉庫7号(昭和11年)の中の構造です。







P1360338
          PHOTO:詰舎1号(昭和10年)外観






P1360337
     PHOTO:詰舎1号(昭和10年)の中はギャラリーとなっています。






P1360340
         PHOTO:職場34号(昭和14年)の外観






P1360341
        PHOTO:職場34号(昭和14年)の中の構造です。







 …と古い建物を見学しながら、工場見学の途中で撮影した車両をアップさせていただきます。




P1360310
  PHOTO:入り口付近から留置車両を覗くとキハ40系の姿が確認できました。






P1360313
     PHOTO:工場敷地内に置いてある純鉄道記念物のC58 333







P1360323
     PHOTO:トップの画像の反対側にはもう1両のTESがありました。






P1360317
   PHOTO:多度津駅の留置線に置いてあったキハ40系はここにありました。
 ※ここ、もしかすると解体線でしょうか?奥に見える8000系も気になりますね…







P1360324
     PHOTO:アンパンマン車両(いしづち編成)が留置されていました。







P1360326
         PHOTO:何気なく貨車も置いてありました。







P1360325
  PHOTO:つい最近まで高知運所にあった2000系の先頭車と中間車ですね。



 工場見学を終えた後は、多度津駅まで戻って解散となりました。
 参加する前は「街並みの散策と工場見学で6時間もかかるのかな?」と思っていたのですが、色々と説明を聞いたうえで見学をすると、色々と見えない部分もわかり、とても充実した1日でした。



【今回の日程】

P1360285
①高知(801)→多度津(944) 36D 特急[南風6号] 2700系DC3連
 高知からは「赤いアンパンマン列車」で多度津駅に向かいました。





P1360344
②多度津(1655)→高知(1848) 47D 特急[南風17号] 2700系DC3連
 多度津駅からは特急[南風号]に乗車して高知に戻りました。

【見学日:令和 3年 7月10日(土)】鉄道コム鉄道コム







P1350836
           PHOTO:DF50が動く姿を見たい!




 予讃線の高松駅(伊予土居駅)~伊予西条駅開通100周年及び伊予西条駅、中萩駅、新居浜駅、多喜浜駅開業100周年を記念し、鉄道ホビートレインを使用する団体ツアーに参加したのですが、それに併せて伊予西条駅に隣接している「四国鉄道文化館」でも「開業100周年記念特別展示・イベント」が開催れていましたので、ちょっと足を伸ばして見学をしてきました。



P1350837
         
PHOTO:今にも動き出しそうなDF50の雄姿



 今回は、このDF50のエンジンルームが特別公開されていました。



P1350838
     PHOTO:手前にコンプレッサー、奥にズルツァーエンジンが鎮座






P1350840
       PHOTO:その隣にはSG発生装置が装備されています。






P1350841
             PHOTO:DF50の運転席






P1350844
      PHOTO:久しぶりに自分より年上の機関車に会えました。




 新幹線とDF50の間で「開業100周年記念写真展」が開催されていました。



P1350842
        PHOTO:
「開業100周年記念写真展」の案内






P1350843
      PHOTO:大正時代からの写真がずらりと並んでいます。
        ※貴重な写真ですので、撮影はしませんでした。





 続いて北館へと移動し、フリーゲージトレインやDE10などの見学を…



P1350845
    PHOTO:屋外に展示されているため一番目立つフリーゲージトレイン



 今回は、このフリーゲージトレインの運転席が約2年ぶりに公開されました。


P1350848
      PHOTO:滅茶苦茶広くて2階から見下ろすような運転席です。






P1350849
         PHOTO:スイッチ類が多くて訳が分かりません。






P1350850
          PHOTO:助手席側にもスイッチが並びます。







P1350851
        PHOTO:運転席の後方は機器類の部屋になっています。







P1350852
         PHOTO:なぜかシートも設置されています。




 展示館の中に入っていきます。




P1350846
         PHOTO:綺麗に磨き上げられているC57






P1350853
         PHOTO:このキハ65も動く姿を見たいですね




 DF50とともにDE10もエンジンルームが公開されていました。



P1350855
        PHOTO:小さな力持ち、縁の下の力持ちDE10






P1350856
     PHOTO:狭いエンジンルームには強力なエンジンが収まっています。






P1350860
       PHOTO:2エンド側にはSG発生装置が入っていました。



‎ ‎
‎ ‎

 今回の見学では、大好きなDF50のエンジンルームを始め、フリーゲージトレインの運転席を見ることできてラッキーでした。
 次は、ぜひDF50の心臓部・ズルツァーエンジン音を聞かせて欲しいと思っています。

【見学日:令和 3年 6月19日(土)】鉄道コム鉄道コム




 今日は、鉄道ホビートレインを使用する団体ツアーに参加したのですが、その使用車両がしばらく新居浜駅に停車しており「車両見学会」が開催されていましたので見学をしてきました。

 ただ、車両見学会と入っても(感染対策のため)車内は見ることができませんし、幕回しが行われたわけでも無く、単にホームに停車中の車両を見ることができる…ということだけでちょっと残念でしたが、まあ、普段、見ることができない車両を新居浜駅で見ることができましたので、これはこれで良かったのでは…と思います。



P1350811
        PHOTO:新居浜駅に停車中の鉄道ホビートレイン








P1350816
          PHOTO:もう一方は平らな顔なんです。







P1350822
          PHOTO:でも見ようによっては0系新幹線






P1350823
         PHOTO:新幹線のアンテナも装備されています。






P1350821
          PHOTO:新居浜駅の駅名表示とともに



【見学日:令和 3年 6月19日(土)】鉄道コム
鉄道コム


 JRの名古屋駅と直結している「JR名古屋・高島屋」の開店20周年を記念した「鉄道の未来展」が、8月12日から24日までの間、同店で開催されており、たまたま無料チケットが手に入りましたので見学に行ってきました。


P1280867
           PHOTO:高島屋の10階が会場でした。





P1280857
         PHOTO:N700Sの先頭部(これは実物だそうです。)





P1280860
          PHOTO:もしかすると一番の人気はこれだったかも…





P1280861
      PHOTO:N700Sのようですが、私はN700Aと区別がつきません…





P1280864
        PHOTO:リニアモーターカーのジオラマも展示されていました。





P1280866
       PHOTO:さすがリニアモーターカー、速すぎてぶれていますネ…





P1280862
           PHOTO:在来線関係はこれだけ…でした。


 まあ、サブタイトルが「新幹線N700Sから超電導リニアまで」ということで、展示の中心はN700Sの模型や・モックアップ・プロジェクション・マッピングなどが中心で、新幹線にさほど興味のない私には退屈な展示でした。
 また、撮影不可という展示や催し物があったのも不思議な感じでした…。
 まぁ、JR東海ですから仕方ない…ということで、会場を後にしました。

【令和 2年 8月22日(土)】鉄道コム




P1240191
          PHOTO:コンテナの中を通って会場に入っていきます。


 なかなか仕事が忙しく遠くまで「乗り鉄」に出かけることができず、「鉄分不足」の日々を送っているところですが、ラッキーなことに「鉄道貨物フェスティバル」なるものが名古屋で開催される…ということなので、出勤の合間を利用して見学に行ってきました。

 私は「鉄道貨物」ということなのでてっきり稲沢駅に隣接する愛知機関区で行われるものと思っていたのですが、実際の会場はあおなみ線の中島駅に隣接する「名古屋貨物ターミナル駅」の1番ホームで開催されており、中島駅のホームからはすぐ見ることができるのですが、会場に行くためにはぐるっと駅を回り込んでいく必要があるため、ちょっと小さな子供さんやお年寄りには厳しいかな…と思ってしまいました。

 このイベント、去年はなかったよね…と思っていたところ、名古屋での開催は10年ぶりとのこと。しかも前回は機関車の展示はなかったとも聞きました。
 フェスティバルは機関車の展示のほか、機関車との綱引き、鉄道模型の展示、鉄道部品・グッズ販売などが行われていたのですが、私の興味は単純に「DD51とDF200を間近で見たい!」ということなので、他のものには目を向けずひたすら機関車の展示を目指して進みました…が、この展示されている車両がイベント用の機関車(綱引きや運転席見学など)にもなっているため、機関車の周りには何重もの人垣が…。そのため写真を撮ることすら難しく、早々に見学をあきらめて帰路につきました(私、10時20分頃には会場に到着したのですが、ものすごい人込みでした。)。


P1240192 (2)
             PHOTO:ヘッドマーク付きのDF200





P1240193 (2)
         PHOTO:国鉄色に塗り戻されたEF64 1036号機





P1240195 (2)
            PHOTO:子供には人気だったEF210





P1240194 (2)
         PHOTO:DE10もなかなか身近に見る機会もありません。





P1240200 (2)
       PHOTO:車掌車に乗って構内走行体験ができるDD51+ヨ8000





P1240202
            PHOTO:かつての紀勢貨物のようにも見えます。





P1240196
            PHOTO:こんなシーンが結構人気でした。






P1240225
       PHOTO:構内を走行するDD51+ヨ8000(あおなみ線で撮影)





 P1240228 (2)
        PHOTO:なんとなく「構内」ではなく「本線」の感じもしますね。



 まあ、スペースの関係もあるのでしょうが「展示車両」とイベント用車両は分けてほしかったですね…。
 あと、来場者数と会場の広さがあっておらず、大混雑の中、人をかき分けて進むのが一番大変でした。

【見学日:令和 1年11月17日(日)】鉄道コム




↑このページのトップヘ