TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

カテゴリ: イベント

P1030406
         PHOTO:今にもワムをけん引して動きそうです。


 岳南電車では、前身である岳南鉄道で貨物列車や構内入換などに使われ、貨物輸送が廃止された2012年3月以来厩舎状態となっていた電気機関車4両(ED40形(ED402・ED403)、ED29形(ED291)、ED50形(ED501))を展示する「がくてつ機関車ひろば」を2021年8月21日にオープンしました。


 このことは当然私も知っていたのですが、オープンした当時、私は四国・高知に勤務していましたし、東京に来てからも私鉄中心の乗り鉄で忙しく、訪問する機会が無かったのですが、今回、バイクで浜松まで行く用事がありましたので、ちょっと寄り道をして訪問をすることにしました。

 
 また、今日(11/12)は、同社が保有している8000形電車の導入20周年を記念して、現在の緑色から東急時代(5000形)に纏っていたインターナショナルオレンジ色に塗り替えて、記念出発式を夕刻から行うことになっているようでしたが、私が訪問した午後2時頃には8000系は車庫に入った状態で、フロント部分にブルーシートがかけられていましたので、たぶん、ヘッドマークが装着されているものと思われました。らは伺った時にはます。



501
          PHOTO:長野県ゆかりの機関車です。

 ED501は、1928年2月に川崎造船所(現川崎重工)で製造され、上田温泉電軌(現上田交通)にてデロ301として申請された電機機関車です。1940年に三河鉄道(現名鉄三河線)に譲渡されましたが、名古屋鉄道との合併により名古屋鉄道で最高出力を誇る機関車として活躍しました。その後、1969年に額中鉄道に譲渡され、パンタグラフを1基から2基へ増設し、2012年3月まで比奈駅の貨物入換機関車として活躍しました。
 ED501と同系の凸型機関車は全て解体されたため、最後の1両となる貴重な機関車ということです(アルピコ交通にED301があると思いますが…)。





ED291
       PHOTO:古い機関車だけに大切に保存されているようです。

 ED291は、1926年12月に日本車両豊川工場で製造され、1959年4月に(600Vに降圧されて)岳南鉄道に譲渡された機関車です。岳南鉄道では1969年に600Vから1500Vに昇圧されましたので、2度の昇圧改造を受けるという珍しい機関車でもあります。
 1993年まで運行されていましたが、その後、休車扱いとなり岳南富士岡駅で予備車として残されました。昭和2年の製造ということで、岳南電車でも一番古い機関車であり貴重な車両となっています。




ED402
        PHOTO:なんとなく上高地線で見た記憶があります。

 ED402は、1965年に日本車両で製造され、松本電気鉄道(現アルピコ交通)にて運用された機関車です。梓川水系のダム建設資材の輸送に活躍しましたが1969年に同社の貨物輸送が終了となり、1971年に岳南電車が購入しました。1972年から岳南鉄道での使用が開始され、ED501、ED403と共に2012年の貨物輸送終了まで活躍をしました。なお、晩年は吉原-比奈間の本線貨物列車牽引に活躍し、岳南鉄道の主力機関車として活躍しました。




ED403
      PHOTO:色を変えるだけでカッコよく見えるから不思議です。

 ED403ハ、1966年に日本車両で製造された機関車で、ED402と同じ経歴を経て岳南鉄道で使用されていました。2005年には当時貨物輸送の荷主であった日本大昭和板紙吉永(現日本製紙)株式会社の特別塗色として塗色を赤とクリームの2色に変更しました。
 晩年は赤色部分のみ茶色の塗装に戻し、ED501、ED402と共に2012年の貨物輸送終了まで活躍をしました。 なお、ED401という車両は存在せず、これはED40系を導入した松本電気鉄道には既にED301という機関車が存在していたことから、この機関車と連番になるようにED402、403と附番されたようです。



7000系
          PHOTO:保存されている7000系






P1030404
  PHOTO:こちらがインターナショナルオレンジに塗り替えられた8000系






9000系
          PHOTO:こちらは主力の9000系電車


 今回は時間が無くて乗車できませんでしたが、次は8000系の乗車にチャレンジしてみたいですね。



※訪問日は11月12日(土)です。

【乗車日:令和 4年11月13日(日)】
鉄道コム鉄道コム鉄道コム

P1480180
         PHOTO:一見すると子供の遊び場なんですが…



 今回は「乗り鉄」ではありません。
 以前、京王電鉄の全線乗車で多摩動物公園駅で下車した時に、駅のすぐ近くに「京王れーるランド」という施設を見かけました。その時は「子供の遊び場所ね。」ということで立ち寄ることもなく帰ってきたのですが、最近、ちょっと気になることをテレビで見ましたので、ちょっと遊びに行ってきました。


 …で、何をしたかったのかというと、実はこの施設、入場券は駅にある券売機と同じ機械でで購入し、入場するときはその券売機で購入したキップを改札機に通して入場する…という仕組みになっているんです。単純にこれをやりたくて行ってきた…というわけです。




P1480181
         PHOTO:入場券はこの券売機で購入します。






P1480183
  PHOTO:購入した入場券はこの改札機に通して入ります(子供はやりたいよね)。






 では、京王れーるランドの中を見てみましょう!



P1480184
       PHOTO:電車に運転席に座っての運転シュミレーター






P1480188
          PHOTO:こちらも運転シュミレーター






P1480187
        PHOTO:京王ですのでバスも展示されています。
       ※子供にメチャクチャ人気でした(運転席に座れます。)。






P1480186
     PHOTO:めちゃくちゃ大きなジオラマセット(運転できます。)






P1480190
       PHOTO:2Fにはプラレールで遊ばる場所があります。







P1480193
        PHOTO:子供が大好きなボールプールもあります。






P1480195
       PHOTO:大人が大好きな「電車でGO!」もあります。






P1480191
         PHOTO:ヘッドマークなども展示されています①






P1480192
        PHOTO:ヘッドマークなども展示されています②





 別の建物には車両が展示されています。



P1480197
              PHOTO:6000系






P1480198
               PHOTO:3000系
          ※アルピコ交通や上毛電鉄で走っていますね…






P1480199
         PHOTO:5000系(左)と2035(右)






P1480200
         PHOTO:2410(形式がわかりません…)



 広さそのものは大きな施設では無いのですが、大人が見ても満足できる展示内容となっていますので、ぜひ「子供の遊び場」だとは思わず行ってみてくださいね!



img115
         PHOTO:こちらが券売機で購入した入場券




※訪問日は10月29日(土)です。

【乗車日:令和 4年10月31日(月)】
鉄道コム鉄道コム鉄道コム

 今月の25日(土)から、世界で初めての営業運転を開始する阿佐海岸鉄道のDMVですが、営業運転開始に当たってDMVの素晴らしさを多くの人に知ってもらおう…ということで、今日~明日の2日間にわたるPRキャラバンが行われましたので、私も高知駅(こうち旅広場)で行われた車両見学会を見学してきました(もちろん、この時間帯はお休みをいただいています。)。



P1010082
           PHOTO:高知駅に到着したDMV







P1010102
          PHOTO:サイドからDMVを見ます。
※大きさはちょうどマイクロバスにノーズを付けたくらいでしょうか…。車両と考えると、だいぶ小さな感じです。




P1010084
           PHOTO:後方からDMVを見ます。






P1010099
         PHOTO:DMVの車内(全く普通のバスです。)
※座席数は18人分ですが、指定席は+3人分の立ち席と併せて21人分販売するようです(それ以上は乗車させないそうです。)。






P1010100
              PHOTO:DMVの運転席
※バスの運転席に鉄道関係の装置が加わっていますので、色々なスイッチや機器類が追加されていました。





P1010096
        PHOTO:車両モードから列車モードになった状態







P1010093
            PHOTO:前輪部をアップで…





P1010092
            PHOTO:サイドから見ると…
 ※フロントがかなり上がっていますが、車内に入るとあまり違和感は感じませんでした。






P1010094
        PHOTO:DMV後方の車輪はこんな感じで出ます。







          
      VIDEO:車両モードから列車モードは、このように変ります。



 いよいよ世界初の営業運転開始のカウントダウンが始まりました!
 私も運転初日の座席指定券は申し込んでありますが、まあ、当然ですが当たらないと思いますので、ちょっと落ち着いたころを見計らって乗車に行こう!と思っています。


【撮影日:令和 3年12月 6日(月)】
鉄道コム鉄道コム
鉄道コム

P1360312
         PHOTO:おっといきなりJR四国のお宝発見!



 「JR多度津工場」は、JR四国唯一の鉄道車両基地・車両工場として、同社が保有する電車・気動車・機関車・貨車の総合的な検査、改造等をはじめ、土佐くろしお鉄道所有の車両の受託検査等も行っている車両工場です。

 この多度津工場内には、国の有形文化財に登録された建物がいくつもあるのですが、大規模な設備更新に伴い、今後、取り壊しが予定されていることもあり、「壊す前に一般公開を…」ということでしょうか、今回、JR四国から「多度津のまち歩きと多度津工場内登録有形文化財特別公開」という見学ツアーがJR四国ツアーから発表されました。

 多度津工場については、例年、「鉄道の日」前後の週末に一般公開が行われているのですが、昨今の事情を鑑みると今年の開催も不明瞭ですし、中に入れば珍しい車両も見ることができるかも?と思い、早速、申し込んでツアーに参加してきました。



 多度津駅には9時44分に到着しました。集合時間(10時30分)までには時間がありましたので、多度津駅の留置線に置いてあるキハ40系の撮影に…と思っていたのですが、いつの間にか姿が見えなくなっていました…。「部品取禁止」の貼紙がありましたので、しばらくは留置されているものと思っていたのですが…(先月の27日には置いてあった気がするのですが…。)
 まあ、無いものは仕方ありませんでしたので、駅前に留置されているSL(58685)、動輪(8620形)や給水塔などを見学してから集合地点に向かいました。



P1360286
   PHOTO:多度津駅前に展示されている8620形蒸気機関車(58685)






  

P1360288
 PHOTO:鉄道発祥の地の記念した8620形動輪と昔使用されていた給水塔碑




 今回の参加者は全員で23名、募集人員が25名ですので、結構参加する人が多いんだ…というのが正直な感想です。注意事項などを聞いてから午前中は多度津の街並みの散策に出かけました。
 初めて訪れた街ですが、意外と古い町並みが残っているんだ…というのが正直な感想でした。




P1360290
        PHOTO:注意事項の説明を受けてから出発します。






P1360291
      PHOTO:多度津町は少林寺拳法の発祥の地…ということです。






P1360293
      PHOTO:古い建物を利用したおしゃれなお店が立ち並びます。







P1360294
      PHOTO:少林寺(左下には武道場が少しだけ写っています。)







P1360295
       PHOTO:日本遺産にも認定されている「合田家住宅」





P1360305
            PHOTO:多度津町立資料館



 古い町並みの散策と多度津町立資料館の見学を終えるとランチタイムです。
 本日の昼食は、多度津藩武家屋敷をリノベーションしたレストラン「家中舎」(「かちゅうしゃ」と読みます。)でいただきました。ここのランチ、最高です!



P1360309
             PHOTO:家中舎の建物






P1360307
         PHOTO:豪華なランチにビックリでした。



 昼食後は、いよいよお目当てのJR四国多度津工場の見学です。
 事前に「写していいものとダメなものがあること。」と「SNSでアップしていいこととダメなこと。」を聞いてから見学に向かいました。





P1360302
        PHOTO:いよいよ多度津工場内に入っていきます。






P1360322
         PHOTO:職場15号(昭和21年)の外観




 

P1360319
        PHOTO:職場15号(昭和21年)の中の構造です。







P1360327
          PHOTO:職場17号(昭和6年)の外観






P1360328
        PHOTO:職場17号(昭和6年)の中の構造です。






P1360331
        PHOTO:倉庫4号(昭和16年)の中の構造です。






P1360332
        PHOTO:倉庫7号(昭和11年)の中の構造です。







P1360338
          PHOTO:詰舎1号(昭和10年)外観






P1360337
     PHOTO:詰舎1号(昭和10年)の中はギャラリーとなっています。






P1360340
         PHOTO:職場34号(昭和14年)の外観






P1360341
        PHOTO:職場34号(昭和14年)の中の構造です。







 …と古い建物を見学しながら、工場見学の途中で撮影した車両をアップさせていただきます。




P1360310
  PHOTO:入り口付近から留置車両を覗くとキハ40系の姿が確認できました。






P1360313
     PHOTO:工場敷地内に置いてある純鉄道記念物のC58 333







P1360323
     PHOTO:トップの画像の反対側にはもう1両のTESがありました。






P1360317
   PHOTO:多度津駅の留置線に置いてあったキハ40系はここにありました。
 ※ここ、もしかすると解体線でしょうか?奥に見える8000系も気になりますね…







P1360324
     PHOTO:アンパンマン車両(いしづち編成)が留置されていました。







P1360326
         PHOTO:何気なく貨車も置いてありました。







P1360325
  PHOTO:つい最近まで高知運所にあった2000系の先頭車と中間車ですね。



 工場見学を終えた後は、多度津駅まで戻って解散となりました。
 参加する前は「街並みの散策と工場見学で6時間もかかるのかな?」と思っていたのですが、色々と説明を聞いたうえで見学をすると、色々と見えない部分もわかり、とても充実した1日でした。



【今回の日程】

P1360285
①高知(801)→多度津(944) 36D 特急[南風6号] 2700系DC3連
 高知からは「赤いアンパンマン列車」で多度津駅に向かいました。





P1360344
②多度津(1655)→高知(1848) 47D 特急[南風17号] 2700系DC3連
 多度津駅からは特急[南風号]に乗車して高知に戻りました。

【見学日:令和 3年 7月10日(土)】鉄道コム鉄道コム







P1350836
           PHOTO:DF50が動く姿を見たい!




 予讃線の高松駅(伊予土居駅)~伊予西条駅開通100周年及び伊予西条駅、中萩駅、新居浜駅、多喜浜駅開業100周年を記念し、鉄道ホビートレインを使用する団体ツアーに参加したのですが、それに併せて伊予西条駅に隣接している「四国鉄道文化館」でも「開業100周年記念特別展示・イベント」が開催れていましたので、ちょっと足を伸ばして見学をしてきました。



P1350837
         
PHOTO:今にも動き出しそうなDF50の雄姿



 今回は、このDF50のエンジンルームが特別公開されていました。



P1350838
     PHOTO:手前にコンプレッサー、奥にズルツァーエンジンが鎮座






P1350840
       PHOTO:その隣にはSG発生装置が装備されています。






P1350841
             PHOTO:DF50の運転席






P1350844
      PHOTO:久しぶりに自分より年上の機関車に会えました。




 新幹線とDF50の間で「開業100周年記念写真展」が開催されていました。



P1350842
        PHOTO:
「開業100周年記念写真展」の案内






P1350843
      PHOTO:大正時代からの写真がずらりと並んでいます。
        ※貴重な写真ですので、撮影はしませんでした。





 続いて北館へと移動し、フリーゲージトレインやDE10などの見学を…



P1350845
    PHOTO:屋外に展示されているため一番目立つフリーゲージトレイン



 今回は、このフリーゲージトレインの運転席が約2年ぶりに公開されました。


P1350848
      PHOTO:滅茶苦茶広くて2階から見下ろすような運転席です。






P1350849
         PHOTO:スイッチ類が多くて訳が分かりません。






P1350850
          PHOTO:助手席側にもスイッチが並びます。







P1350851
        PHOTO:運転席の後方は機器類の部屋になっています。







P1350852
         PHOTO:なぜかシートも設置されています。




 展示館の中に入っていきます。




P1350846
         PHOTO:綺麗に磨き上げられているC57






P1350853
         PHOTO:このキハ65も動く姿を見たいですね




 DF50とともにDE10もエンジンルームが公開されていました。



P1350855
        PHOTO:小さな力持ち、縁の下の力持ちDE10






P1350856
     PHOTO:狭いエンジンルームには強力なエンジンが収まっています。






P1350860
       PHOTO:2エンド側にはSG発生装置が入っていました。



‎ ‎
‎ ‎

 今回の見学では、大好きなDF50のエンジンルームを始め、フリーゲージトレインの運転席を見ることできてラッキーでした。
 次は、ぜひDF50の心臓部・ズルツァーエンジン音を聞かせて欲しいと思っています。

【見学日:令和 3年 6月19日(土)】鉄道コム鉄道コム




↑このページのトップヘ