TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

カテゴリ: 2012年度

※古い乗車記を他ブログから引っ越しています。一部写真が無い部分や誤字・誤変換等もありますが、よろしければご覧ください(by管理人)。



011
        PHOTO:メカニカルなクモハ123-1の運転席



 本当にスミマセン…。
 「今回が最後の乗車…」、「今回こそ本当に最後ですから…」と言い続けながら、昨日に引き続きクモハ123-1の惜別乗車に行ってきました。
 まあ、明日15日は所用で絶対に乗車できませんし、明後日からは車両がE127系になってしまいますので、今日が本当にクモハ123-1への最後の乗車です。




002
①松本(1822)→塩尻(1840)  1540M 313系4連
 塩尻まではJR東海の313系に乗車します。昨日とは違い、この列車は4連でしたのでゆっくりと座っていくことができました。





005
②塩尻(1858)→辰野(1918)  166M  クモハ123-1
 今日は辰野までの1往復に乗車します。
 塩尻駅で辰野駅から到着するクモハ123-1の姿を撮影してから車内に入ります。
 時間的にちょうど帰宅ラッシュということで、他の時間帯の列車よりも乗客が乗っていますが、それでも全員で20名少々というところでしょうか…。
 その中には私たちのような鉄道ファンもいますし、家族全員で最後の乗車に…というようなグループもいましたので、本当の乗客は10名程度でしょうか…。
 今日はじっくりと乗車を楽しもう!と思っていたのですが、横に座った年配の方から話しかけられ、相槌を打っているうちに辰野駅に到着してしまいました。この列車に乗るとなぜか人に話しかけられるから不思議なものです。まあ、これもクモハ123-1に乗車した良い思い出としておきましょうか…。





015
③辰野(1927)→塩尻(1948)  169M  クモハ123-1
 クモハ123-1への乗車も本当にこれが最後!
 クモハ123-1の車内から辰野~小野~塩尻の街の明かりを眺めながら、じっくりと、そしてゆっくりと約20分間、クモハ123-1の乗車を楽しませていただきました。

 



020
④塩尻(2006)→松本(2021)  1839M 313系2連
 塩尻駅からは再びJR東海の313系に乗車して松本まで戻りました。2両編成だったのですが、時間的に帰宅ラッシュも終わっており、余裕で座って帰ってくることができました。


  クモハ123、何度乗っても味わい深い列車ですね…。
 国鉄型車両が無くなってしまうことより、信州の名物がまた一つ無くなってしまったということが本当に残念です。これで辰野支線に乗車する楽しみが無くなってしまいました。


【乗車日:平成25年3月14日(木)】鉄道コム鉄道コム


◎クモハ123-1関係の乗車記はこちら…。ぜひ、ご覧ください!!
 ・クモハ123-1乗車記(H19.9.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_123.html
 ・平成23年・冬の青春18キップ乗車記PART.1【惜別119系乗車記】(H23.12.31)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_88.html
 ・[ぐるっと善知鳥・塩嶺号]・[ぐるっと塩嶺・善知鳥号]乗車記(H24.12.15)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201212/article_2.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記(H25.1.9)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_5.html
 ・クモハ123惜別乗車記Part.2(H25.1.29)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_14.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記Part.3(H25.3.5)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201303/article_1.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記Part.4(H25.3.7)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201303/article_2.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記Part.5(H25.3.13)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201303/article_4.html

※古い乗車記を他ブログから引っ越しています。一部写真が無い部分や誤字・誤変換等もありますが、よろしければご覧ください(by管理人)。




015
          PHOTO:辰野駅に停車中のクモハ123-1



 最初に「すみません!」と謝っておきます。
 『これが最後の惜別乗車!』ということで、先週の木曜日にクモハ123-1に乗車をしたのですが、その舌の根の乾かぬうちに再び(5回目ですが…)惜別乗車をしてきました。
 まあ、このところ毎日撮影をしている身近な車両ですし、あと3日で引退をしてしまう車両ですから、大目に見てくださいね。




007
①松本(1923)→塩尻(1939)  1840M 313系2連
 松本からは上松行きの普通列車で塩尻駅に向かいます。さすがに帰宅ラッシュのこの時間に2両では…。
 立ったまま塩尻駅まで乗車することになってしまいました。





021
②塩尻(2006)→辰野(2026)  168M クモハ123-1
 塩尻駅からはクモハ123-1を使用する列車で辰野駅に向かいます。
 さすがにあと3日で引退ということで、一般の乗客よりもクモハ123-1目当ての鉄道ファンの方が多いですね(ホームで列車を撮影している人も多いですね。)。
 列車は定刻に塩尻駅を発車し、漆黒の闇夜の中を淡々と進んでいきます。
 最新の車両とは違い「防音」なんていうものとは無縁のこの車両。モーター音を高らかに響かせながら、また、辰野支線には長尺レールなんてほとんど使用していないせいでしょうか、「タタン、タタン」とリズミカルにジョイント音を奏でながら進んでいきます。
 いつまでもこの列車に乗っていたい…と思うのもつかの間、列車は終着駅の辰野駅に到着しました。
 




015
③辰野(2048)→塩尻(2109)  171M クモハ123-1
 辰野駅では20分ほど停車時間がありますので、ゆっくりと撮影することができるのですが、鉄道ファンが多く集まってくれば、当然、マナーの悪い人、常識が理解できない人も多くなってきます。カメラを構えている人の前に堂々と入り込む人、撮影が終わっても画像を確認していて場所を空けない人等々。そんな人に腹を立てるのも馬鹿らしいので、撮影を早々に切り上げて車内で最後の発車の時を待つことにしました。
 本当は明日も乗車しようかな?と思っていたのですが、このような人達と同類と思われるのも癪なので、これが本当に「最後の乗車」と思って塩尻まで乗車してきました。





025
④塩尻(2127)→松本(2144)  447M 115系6連
 塩尻からは115系に乗車して松本まで戻ってきました。さすがに6連だと車内は空いていますねぇ~。ボックス席にゆったりと座って帰ってきました。


 クモハ123-1、とても味のある電車です。
 欠点もあります。車内はうるさいですし、すきま風が入ってきて車内がどんどん寒くなってきます。
 でも、無くなってしまうとなると淋しいですね…。


【乗車日:平成25年3月13日(水)】鉄道コム鉄道コム


◎過去のクモハ123-1関係の乗車記はこちら…
 ・クモハ123-1乗車記(H19.9.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_123.html
 ・平成23年・冬の青春18キップ乗車記PART.1【惜別119系乗車記】(H23.12.31)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_88.html
 ・[ぐるっと善知鳥・塩嶺号]・[ぐるっと塩嶺・善知鳥号]乗車記(H24.12.15)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201212/article_2.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記(H25.1.9)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_5.html
 ・クモハ123惜別乗車記Part.2(H25.1.29)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_14.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記Part.3(H25.3.5)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201303/article_1.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記Part.4(H25.3.7)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201303/article_2.html

※古い乗車記を他ブログから引っ越しています。一部写真が無い部分や誤字・誤変換等もありますが、よろしければご覧ください(by管理人)。


020



 1965年に165系直流急行形電車の派生車種として誕生した169系急行形電車ですが、現在、しなの鉄道に9両(3両編成×3本)が在籍しているのみとなってしまいました。
 この169系ですが、現時点では普通列車として運用を続けているところですが、車両の老朽化に伴い3月16日のダイヤ改正を持って定期運用から離脱し、その後、臨時列車等で使用されるのですが、最終的には本年4月末をもって引退することが決まってしまいました。

 12月からは同列車を使用した「引退記念の特別列車」の運転が始まり、4月末の引退までの間に何回か運転が行われることも決まっています。
 ただ、これらの列車はヘッドマークや、特別なサボ類が装着されるなど「特別に仕立てられた列車」であり、普段、地元の方の足として活躍している「素の169系」ではありません。
 今回はそんな「素の169系」の最後の姿を見たくて、普通列車の運用に就いている169系に乗ってきました。





009
①戸倉(1731)→小諸(1807) 2666M しなの鉄道・115系3連【S5編成】
 本日は仕事を少し早めに終えて、車で戸倉駅に向かいます。戸倉駅の有料駐車場に車を停めてから「乗り鉄」のスタートです。
 戸倉駅からは軽井沢行きの普通列車で小諸駅まで移動します。ちょうど通勤・通学の帰宅時間ということで列車は混雑をしていましたが、なんとかロングシート部に座ることができました。



006
    PHOTO:戸倉駅に停車中の「あの夏で待っている」のラッピング車両






005
    PHOTO:アニメには興味がありませんが、この車両は目を引きますね。






007
       PHOTO:側線には169系のS51編成が停車していました。








013
②小諸(1833)→軽井沢(1857) 778M 169系3連【S52編成】
(←軽井沢 クモハ169-6+モハ168-6+クハ169-19 小諸→)
 そのまま列車に乗っていれば軽井沢駅に到着するのですが、今回の目的は169系に乗車することなので、小諸駅でしばらく列車を待ち、小諸発18時33分の列車で軽井沢駅を目指します。この列車にはいまや貴重となった169系が充当されます。しかもラッキーなことに本日は3編成あるうちの湘南カラーを纏ったS52編成が運用に入っていました。

 いつもなら静かな「クハ車」を選んで乗車するのですが、今日の乗車は「夜」ということで景色が何も見えませんので、169系のモーター音を楽しむため先頭の「クモハ車」に乗車して軽井沢駅に向かいました(いすみ鉄道の社長さんのブログにも影響を受けているのも事実ですが…。)。

 先頭車の乗客はわずか2名。途中から乗車した人も数名ほどいましたが、華やかな急行列車や快速列車の運用に入っているときとは程遠い感じを受けました。まあ、この「普段着」の169系を見たくて平日に来たわけですから、これでいいのですが…。列車は各駅に停車しながら終着となる軽井沢駅に定刻どおり到着しました。



018
              PHOTO:S52編成の車内






017
    PHOTO:シートは変更されていますが、モーター音などはは昔のままです。



 


015
      PHOTO:189系と並ぶシーンも貴重なものにとなりそうです。
 






026
③軽井沢(1903)→小諸(1927)  779M 169系3連【S52編成】
(←小諸 クハ169-19+モハ168-6+クモハ169-6 軽井沢→)
 軽井沢駅に到着後は、折り返しとなる列車に乗車して小諸駅に戻ります。同じ車両に乗っているばかりでは芸がありませんので、小諸駅までは「モハ車」に乗車しました。
 小諸駅でも軽井沢駅でも感じたのですが、鉄道ファンが多いですねぇ~。まあ、今日はS52編成が運用に入っているから…というのもあるのでしょうが、やはり運用離脱に向けたフィーバーが始まっているのでしょうか…。







028
④小諸(1933)→軽井沢(1957) 780M  169系3連【S52編成】
(←軽井沢 クモハ169-6+モハ168-6+クハ169-19 小諸→)
 小諸駅に戻ってきました。これで「乗り鉄」を終了してもいいのですが、せっかくここまで来ましたし、フリーキップも購入してありますから、もう一度軽井沢駅に向かうことにしました。ここからは「クハ車」に乗車しました。
 余談ですが…やっぱり私は静かなクハ車が好きですね…。






033
⑤軽井沢(2020)→戸倉(2127)  2783M 169系3連【S52編成】
(←戸倉 クハ169-19+モハ168-6+クモハ169-6 軽井沢→)
 軽井沢からは、やはりS52編成を使用する列車に乗るのですが、今回は「戸倉行き」の普通列車です。
 S52編成は戸倉駅の留置線で夜を明かす関係で、朝は戸倉駅発軽井沢行きが、夜はその逆に軽井沢駅発戸倉駅行きという普通列車が設定されています。まあ、今回の「乗り鉄」の目的もこの列車に乗ることでしたので、これで目標は達成といことになりました。
 …というわけで最後は「クモハ車」に座って、たっぷりとMT54主電動機のモーター音を聞きながら戻ってきました。

 この列車。時間的に「混雑するのでは…」と思っていたのですが、さほどの混雑もなく終点の戸倉駅まで乗車することができました。もうちょっと乗っていたいところですが、169系を使用する列車はもうありませんので、戸倉駅から帰宅することにしました。

 余談ですが…、毎回思うのはしなの鉄道の車両が綺麗なのが嬉しいですね。車内はきちんと清掃されていますし、車両も綺麗に洗車されているようで、いつ乗っても本当に綺麗でびっくりします。特にJRの車両と違って窓ガラスが本当に綺麗です。これからしなの鉄道に乗車する皆さんも、ぜひその点を見てあげてくださいね。



035
             PHOTO:S52編成の運転台







036
          PHOTO:戸倉駅に到着したS52編成




 何回乗車しても「引退は早いんじゃないの…」と思ってしまいます。
 昨日、しなの鉄道にいすみ鉄道の社長さんが訪問されたようですが、きっといすみ鉄道の社長さんにも「廃車はもったいない…。」と言われたと思うのですが…。
 ディーゼルカーのように1両だけ残すということでできないのが電車の無駄なところだとは思うのですが、なんとか1編成だけでも残してもらえないものでしょうか…。
 今回、「惜別乗車」と名は打ちましたが、たぶん、私のことですから引退までに何らかの臨時列車には乗ると思います。念のため…。



【乗車日:平成25年3月8日(金)】鉄道コム鉄道コム


◎過去の169系の乗車記はこちら…
 ・しなの鉄道・特別団体列車[ありがとう・さようなら169系]乗車記(H24.12.22)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201212/article_4.html
 ・しなの鉄道&長野電鉄乗車記(H19.9.2)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_122.html
 ・しなの鉄道・169系快速乗車記(H20.5.21)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_152.html
 ・しなの鉄道169系+長野電鉄屋代線乗車記(H20.5.24)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_154.html
 ・快速[リバイバル信州2号]乗車記(H20.9.14)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_168.html
 ・快速[リバイバル信州1号]乗車記(H20.9.14)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_169.html
 ・しなの鉄道・169系[湘南色+しなの鉄道色]乗車記(H20.9.23)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_171.html
 ・169系湘南色で行く信州の旅シリーズ第一段・急行[妙高]乗車記(H20.11.3)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_171.html
 ・169系湘南色で行く信州の旅シリーズ第二段・急行[アルプス]乗車記(H20.12.7)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_179.html
 ・急行[善知鳥]乗車記~169系湘南色で行く信州の旅シリーズ第三段~(H21.1.10)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_185.html
 ・169系湘南色で行く信州の旅シリーズ第四段・急行[ちくま]乗車記(H21.2.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_188.html
 ・急行[信州号]乗車記~169系湘南色で行く信州の旅シリーズ・ファイナル~(H21.3.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_195.html
 ・しなの鉄道169系S52編成乗車記(H21.3.21)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_199.html
 ・さよならしなの鉄道169系湘南色・快速[リバイバル信州号]乗車記(H213.22)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_201.html
 ・その後の「しなの鉄道・S52編成」乗車記(H21.5.3)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_213.html
 ・快速[おばすて棚田紀行号]乗車記(H21.10.10)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_239.html
 ・復活!!169系湘南色・一番列車乗車記(H22.9.18)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_25.html
 ・快速[レトロ小海線]+S52編成+HB-E200乗車記(H22.10.16)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_29.html
 ・169系S52編成&長電2000系A編成とゆけむりの旅(H23.1.29)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_41.html
 ・快速[189系&169系リレー号]+快速[軽井沢ホリデー号]乗車記(H23.11.23)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_85.html
 ・急行[リバイバル志賀]&快速[快速軽井沢]乗車記(H24.3.20)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_262.html
 ・平成24年・夏の青春18キップ旅行記【湘南色列車への乗車】(H24.8.10~8.11)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201208/article_5.html

※古い乗車記を他ブログから引っ越しています。一部写真が無い部分や誤字・誤変換等もありますが、よろしければご覧ください(by管理人)。


040


 今回のダイヤ改正で引退が決まってしまったクモハ123-1。
 名残惜しくて何回も惜別の乗車をしてきましたが、今週末には「さよなら運転」が行われるとともに「引退記念グッズ」の販売も始まるということで、いよいよ本格的に「引退フィーバー」が始まりそうなので、本日、本当に最後の惜別乗車をしてきました。

 最後は単純に塩尻→辰野→塩尻と乗車をする予定だったのですが、思いのほか仕事が延びてしまい、結局、辰野→塩尻→松本の区間をクモハ123-1で乗車してきました。




034
①松本(2000)→岡谷(2015)  36M 特急[スーパーあずさ36号]  E351系12連
 …ということで松本駅からは特急[スーパーあずさ]に乗車して岡谷駅を目指します。たった15分間の乗車ですが、この列車に乗らないと間に合わないので仕方がない…といったところですね。
 ただ、信州特急回数券があるおかげで、正規の特急料金ではなく運賃+500円で済むので助かりました。





035
②岡谷(2036)→辰野(2047)  240M 313系3連
 岡谷駅からは天竜峡行きの普通列車に乗り換えて辰野駅に向かいます。
 松本行きの普通列車が遅れたため2分ほど遅れての発車・到着でしたが、辰野駅では塩尻行きの列車に接続を取ってくれましたので助かりました。






036
③辰野(2048)→塩尻(2109)  171M クモハ123-1
 辰野駅からはお目当てのクモハ123-1に乗車して塩尻駅を目指します。
 平日の夜ということでクモハ123の乗客は私を含めて10名のみ。これが来週の土曜日からはE127系2連が使用されるわけですから、ちょっとオーバースペック気味という感じでしょうか…。

 クモハ123-1は辰野駅を発車した直後から、車輪とレールがこすれる甲高い金属音を奏でながら進んでいきます。速度が上がってくると金属音は消えてきますが、その分、独特のモーター音が車内に響き渡ります。この音を聞くことができるのもあと数日ということで、なんとなく名残惜しい感じもします。

 信濃川島駅では乗降客がなかったのですが、次の小野駅では7名もの乗客が下車してしまい車内に残ったのはたったの3名!これでは何年かの後には再び1M車両を導入するのでは…なんてことを思ってしまいました。
 列車は塩尻大門付近からはEH200牽引の貨物列車と並行して走りながら塩尻駅に到着しました。



038
         PHOTO:この長~いロングシートも見納めです。






037
         PHOTO:このプレートのレプリカが欲しいですね。






039
 PHOTO:塩尻駅にはこんな横断幕が飾ってありました(辰野駅にもありました。)。






041
④塩尻(2148)→松本(2204)   1233M クモハ123-1
 塩尻駅に到着したクモハ123-1ですが、乗客を全員降ろした後はそのまま3番線ホームに停車しています。いつもはヘッドライトを消灯してしまうのですが、今日はファンサービスの意味もあったのでしょうか、ずっとヘッドライトを点灯してくれており、絶好の撮影被写体となっていました。

 21時30分を過ぎると客扱いが開始となります。塩尻⇔松本間は利用客が多いので、あっという間に車内はにぎやかな状態となります。このくらいの乗客が乗るならばE127系2連を使用するのも頷けますね。
 
 塩尻駅を発車したクモハ123-1はモーター音も高らかに快調に進んでいきます。車内では「この列車引退なんだってな…」という話し声や、携帯やスマホで写真をとっている人も多く見受けられ、いよいよ引退フィーバーが本当に始まった感じがしました。
 松本駅に到着後も、鉄道ファンと思えない人もクモハ123-1の姿を撮影していました。私もその人たちに混じってクモハ123-1を撮影し、その後、車両センターに入るクモハ123-1の姿を見送ってから松本駅を後にしました。




042
     PHOTO:松本駅到着後は入換えを行って車両センターに入ります。



 クモハ123-1の引退まで、まだ1週間以上ありますので乗車しようと思えば乗ることはできるのですが、乗れば乗るほど愛着がわいてしまい、引退をするという事実を受け入れることができなくなってしまいそうな感じです…。
 ですから、今日がクモハ123-1の最後の乗車としました。あとは静かに引退を見守ってあげることにします。
 

【乗車日:平成25年3月7日(木)】鉄道コム鉄道コム


◎過去のクモハ123-1の乗車記はこちら…
 ・クモハ123-1乗車記(H19.9.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_123.html
 ・平成23年・冬の青春18キップ乗車記PART.1【惜別119系乗車記】(H23.12.31)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_88.html
 ・[ぐるっと善知鳥・塩嶺号]・[ぐるっと塩嶺・善知鳥号]乗車記(H24.12.15)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201212/article_2.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記(H25.1.9)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_5.html
 ・クモハ123惜別乗車記Part.2(H25.1.29)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_14.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記Part.3(H25.3.5)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201303/article_1.html

※古い乗車記を他ブログから引っ越しています。一部写真が無い部分や誤字・誤変換等もありますが、よろしければご覧ください(by管理人)。


012




 本年3月16日のダイヤ改正をもって引退が決定している松本車両センターのクモハ123-1。
 9日(土)には多客臨時列車としても運転が予定されていますが、所要で乗車することもできませんし、運転最終日も仕事などで乗車ができないことから、最後の日を迎える直前にもう一度乗車をしてきました。



027
①松本(654)→塩尻(710) 152M クモハ123-1
 いつ、どの列車に乗ろうか?と考えたのですが、やはり松本車両センターを出区して辰野駅に向かう「朝1番」の152Mに…と思い、少し早起きをして松本駅に…。
 松本車両センターを出区して、松本駅の5番線ホームに進入するシーンを撮影してからクモハ123-1の車内へ入ります。
 乗客は20名足らずですが、間違いなくクモハ123-1目当てに乗車している人が4~5名いましたので、ついに引退フィーバーが始まったようです。
 
 この列車ですが、塩尻⇔辰野間ではワンマン運転を行いますので、車内放送は機械による案内となるのですが、松本⇔塩尻間はツーマン運転となりますので、車掌さんの肉声による案内放送を聴くことができます(録音マニアの方はこちらの区間をどうぞ…)。

 クモハ123の種車となったクモニ143は115系と同年代の車両なので、当然、主電動機も115形と同じMT54主電動機と思っていたのですが、いつ乗っても115形のモーター音と違うので「あれ?」と思っておいたのですが、調べたところ主電動機がMT57ということで115系とは異なっていることを初めて知りました。

 この独特のモーター音を聞くことができるのもあと10日あまり、「乗車できてもあと1回かな?」と思いながら、クモハ123-1を後にしました…。




019
       PHOTO:松本車両センターを出発するクモハ123-1






022
       PHOTO:途中で後任となるE127系と並ぶシーンも…






023
      PHOTO:一度、長野方まで進んでから5番線に入線してきます。






030
          PHOTO:塩尻駅に停車中のクモハ123-1







032
②塩尻(722)→松本(740) 151M 115系3連【N27編成】
 本当はクモハ123-1に乗車して辰野駅まで行きたかったのですが、辰野駅まで行ってしまうと会社の始業時間に遅れてしまうため、なくなく塩尻で戻ることにしました。
 通勤・通学時間帯のため「絶対に座れない!」と思っていたのですが、この列車、辰野駅始発の列車ということでしょうか、意外と車内が空いており座って松本駅まで戻ってくることができました。


 前述のとおり9日の土曜日にはクモハ123-1を使用した「さよなら列車」が運転されるとともに、クモハ123関連のグッズ類の販売も開始されるとのことで、いよいよ『引退フィーバー』が始まるようです。
 こうなると私の出番もありませんので、平日の朝(又は夜)にあと1回乗車して、クモハ123-1の本当の惜別をしたいと思っています。


【乗車日:平成25年3月5日(火)】鉄道コム鉄道コム


◎過去のクモハ123-1の惜別乗車記はこちら…
 ・クモハ123-1惜別乗車記(H25.1.9)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_5.html
 ・クモハ123惜別乗車記Part.2(H25.1.29)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_14.html

↑このページのトップヘ