TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

カテゴリ: 2012年度

※古い乗車記を他ブログから引っ越しています。一部写真が無い部分や誤字・誤変換等もありますが、よろしければご覧ください(by管理人)。



026





  中央線の辰野支線については「輸送力の適正化」ということでクモニ143を改造した「クモハ123(-1)」が登場し、約25年間地元住民の足として走ってきましたが、車体の老朽化により3月15日のダイヤ改正をもって引退をしてしまいました。
 クモハ123に変わって辰野支線を走るようになったのはE127系2連!この列車が辰野支線にマッチしているのかどうか実際に乗車をしてきました。




025
★辰野(1100)→塩尻(1121)  159M E127系2連【A7編成】
(←塩尻 クハE127-107+クモハE127-107 辰野→)
 岡谷駅から乗車した天竜峡行きの普通列車が、辰野駅の2番線に入っていくと隣の3番線ホームにはE127系2連の姿が確認できました。
 列車に詳しくない人や地元の人にすれば「新しい列車になったんだ!」と思うのでしょうが、松本駅をよく利用している私からすると「どうしてお前(E127系)がここにいるの?」と聞きたくなるくらい不思議な感じです。

 運転士さんたちもE127系の先頭部に集まって「この運用はなんとか…」とか「この車両はなんとか…」と話をしていましたので、まだ、馴染んでいない感じがしました。

 車両の中に入るとそこはいつものE127系。明るくてルーミーな車内は好感が持てます。発車の時刻が近づいてきますが乗客は一向に増えません。結局、辰野駅を発車する時点では10名が利用するのみという状態でした。2両編成に10名ですから車内はまさにガラガラという感じで、この編成ではオーバースペックであることが明らかな状態でした。

 途中の小野駅からは10名ほどが乗ってきましたが、2両編成ではまだまだ余裕たっぷりといった感じです。
 ただ、今までのクモハ123では寒かった車内もぜんぜん寒くありませんし、静かで明るい列車は地元の人からは愛されそうな感じも受けました。また、今までのクモハ123には無かったトイレもE127系にはありますので、乗客の「安心感」も増すのでは?とも思いました。

 このE127系はもともと大糸線の北アルプスがよく見えるように…ということで、北アルプスを望める側がクロスシート、他一方の側がロングシートという仕様になっているのですが、辰野支線では一番のハイライトとなる塩尻駅-小野駅間の大カーブはロングシート側になってしまうのは、ご愛嬌といったところでしょうか…。
 列車はまもなく塩尻大門を通過して、塩尻駅の3番線、そうクモハ123の低位置だった場所に到着しました。




023
            PHOTO:E127系の行先表示板






021
   PHOTO:E127系の車内、片側がクロスシート、もう一方はロングシート






022
    PHOTO:背もたれが少し低いですが、シートピッチが広くて快適です。






027
           PHOTO:車内は大糸線仕様のままです…。






036
  PHOTO:E127系の車内から大八回りを乗車するとは思いもしませんでした…。




 新たに走るようになったE127系は『新車』ではありませんが、今までの車両に比べれば新しいですし、暖かいですし、安心ですし良いことずくめだと私は思います。
 ただ、問題は利用客がこんなに少ないのに2両編成の車両を走らせる必要があるのか?ということだと思います。
 「辰野支線廃止を検討か?」という話題が出る前に、地元は何らかの手を打つ必要があると思うのですが…。

 
【乗車日:平成25年3月20日(水)】鉄道コム鉄道コム

※古い乗車記を他ブログから引っ越しています。一部写真が無い部分や誤字・誤変換等もありますが、よろしければご覧ください(by管理人)。


002




 青春18キップを使って「乗り鉄」を楽しんでいるところですが、3月16日に「ダイヤ改正」が行われたことで、ダイヤ改正前と改正後では使用される車両が変わった…という列車がいくつかあります。
 このうち、ダイヤ改正前までは[セントラルライナー]に使用されていた車両(313系8000番台車)が、早速、多客臨時列車に使用されるということなので乗車にチャレンジしてみました。





008
★名古屋(609)→薮原(817) 9821M 快速[きそスキーチャオ] 313系8000番台車3連【B203編成】
(←薮原① クモハ313-8503+モハ313-8503+クハ312-8003 ③名古屋→)
 昨日は大垣市内に宿泊していましたので、朝の一番列車で名古屋駅に来ました。
 名古屋駅に到着したときには列車はまだ入線していませんでしたが、6時を過ぎたころに313系8000番台車の3両編成が神領電車区から回送されてきて名古屋駅の10番線ホームに到着しました。

 この列車こそが、今日、これから乗車する快速[きそスキーチャオ]です。この列車に乗車して薮原駅を目指します。
 この列車は中京圏から木曽エリアのスキー場に向かう乗客の利便を図るため設定された快速列車です。
 で、この快速[きそスキーチャオ]ですが、先週までは313系の一般型車両が使われていたのですが、ダイヤ改正が行われた16日からは313系8000番台車、そうです、先週までは[セントラルライナー]に使用されていた車両がコンバートされるということで、今回の「乗り鉄」の目玉として乗りにきたわけです。

 この快速[きそスキーチャオ]ですが、過去にも乗車したことがあり、自由席でも十分だと思っていたのですが、今日からは自由席が2両から1両に減車となってしまうため、事前に指定席券を購入しました。

 さて、本日から使用される313系8000番台車ですが、前述のとおり、もともとは中央線の名古屋地区で運転されていた[セントラルライナー]に使用されていた車両です。
 車両自体は同じ313系グループに属しているのですが、8000番台車だけは概観が大きく異なっており、ステンレスボディが剥き出しのままのところにオレンジ色の帯が巻かれた派手な出で立ちが特徴となっています。
 また、車内は313系の一般車同様に転換クロスシートが並んでいますが、シートの色が青色から赤紫色を基調とした色合いになっているほか、日除けについても一般的な遮光幕からプリーツカーテンに変更されるなど、外観とは一転したシックな車内になっています。
 また、シート自体もピッチが875mmから910mmと拡大されており、居住性が大きく向上しているほか、車端部には373系と同じクロスシートを用いた「セミコンパートメント」席が用意されていることなどが、一般型の313系との大きな違いです。
 313系8000番台車ですが、[セントラルライナー]の間合い運転で中津川⇔南木曽間の普通列車にも使われていたようですが、南木曽以北の営業運転では初入線になるものと思われます。

 名古屋駅の10番線ホームで発車を待つ快速[きそスキーチャオ]の写真をひととおり撮影した後、車内に入ったのですが、思っていたよりも人が少ない…。この1週間、暖かな日が続いたのでスキーに行く人もいないのかな?と思ったのですが、この列車、名古屋駅からではなく金山駅、大曽根駅、高蔵寺駅、多治見駅から乗車する人が多く、多治見駅を発車するときには指定席車両もほぼ満席という状態になりました(自由席は座れない状態でした。)。

 多治見駅までは小まめに停車を繰り返して乗客を増やしていったのですが、多治見駅を出るとあとは中津川駅、上松駅、木曽福島駅しか停車をしませんので、ほぼ特急並みの停車駅となります。
 列車は木曽川の流れに沿って木曽路を快走していきます。臨時の快速列車というと無理にダイヤを引いているため、途中駅での運転停車などが頻繁に行われるケースも多いのですが、この列車はそのようなことはまったく無く、淡々と進んでいきます。

 スキー客を輸送するための快速列車とはいえ、ある意味観光列車的な要素もあるので「寝覚の床」の案内も行われるだろう…と思ったのですが、列車は寝覚の床が見える場所でも減速をすることもなく通過をしていきます。
 上松駅では自由席から数名が下車した程度で、相変わらず車内はにぎやかな状態が続きます。乗客の荷物を見ると「スキーウエア」や「スノーボード」が見えますので「スキー場のある薮原駅まで行くんだ…(薮原には薮原スキー場があります。)」と思っていたのですが、車内に「まもなく木曽福島に到着します。」というアナウンスが流れると、乗客がいっせいに降車の準備をはじめました。

 結局、乗客のほとんどは薮原駅ではなく木曽福島駅で下車をしてしまい、車内は空っぽに…。
 その後、木曽福島駅を発車しましたが、列車はさながら回送列車の状態のまま薮原駅に到着しました(1号車は私1人しか残りませんでした。)。
 この列車、木曽福島止まりでも良いのでは?と思ってしまいました。



004
           PHOTO:名古屋駅の電光表示板






006
    PHOTO:列車種別は「臨時」の表示のみ。列車名が欲しかったですね。






009
            PHOTO:313系8000番台車の車内






011
          PHOTO:シートは赤紫色でシックな感じです。






012
         PHOTO:車端部にはボックスシートがあります。






028
           PHOTO:中津川までは「飛ばします!」






033
       PHOTO:寝覚の床のアナウンスはして欲しかったですね。






015
     PHOTO:薮原駅到着後は回送列車の撮影をして時間をつぶしました。




 [セントラルライナー]で使用されていた313系8000番台車をどのような形で使用するのか?と興味を持っていたのですが、今日見た限りでは快速[きそスキーチャオ]以外にも一般の快速運用に入っているようでした。
 なんとなく、もう少し運用を考えないと8000番台車の価値が無くなってしまう…と私は思うのですが。


【乗車日:平成25年3月20日(水)】鉄道コム鉄道コム


◎過去の快速[きそスキーチャオ]の乗車記はこちら…
 ・平成21年・冬の青春18キップ乗車記VOL.1([ムーンライトながら][きそスキーチャオ]乗車記)(H20.12.12~13)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_180.html

※古い乗車記を他ブログから引っ越しています。一部写真が無い部分や誤字・誤変換等もありますが、よろしければご覧ください(by管理人)。



011
        PHOTO:メカニカルなクモハ123-1の運転席



 本当にスミマセン…。
 「今回が最後の乗車…」、「今回こそ本当に最後ですから…」と言い続けながら、昨日に引き続きクモハ123-1の惜別乗車に行ってきました。
 まあ、明日15日は所用で絶対に乗車できませんし、明後日からは車両がE127系になってしまいますので、今日が本当にクモハ123-1への最後の乗車です。




002
①松本(1822)→塩尻(1840)  1540M 313系4連
 塩尻まではJR東海の313系に乗車します。昨日とは違い、この列車は4連でしたのでゆっくりと座っていくことができました。





005
②塩尻(1858)→辰野(1918)  166M  クモハ123-1
 今日は辰野までの1往復に乗車します。
 塩尻駅で辰野駅から到着するクモハ123-1の姿を撮影してから車内に入ります。
 時間的にちょうど帰宅ラッシュということで、他の時間帯の列車よりも乗客が乗っていますが、それでも全員で20名少々というところでしょうか…。
 その中には私たちのような鉄道ファンもいますし、家族全員で最後の乗車に…というようなグループもいましたので、本当の乗客は10名程度でしょうか…。
 今日はじっくりと乗車を楽しもう!と思っていたのですが、横に座った年配の方から話しかけられ、相槌を打っているうちに辰野駅に到着してしまいました。この列車に乗るとなぜか人に話しかけられるから不思議なものです。まあ、これもクモハ123-1に乗車した良い思い出としておきましょうか…。





015
③辰野(1927)→塩尻(1948)  169M  クモハ123-1
 クモハ123-1への乗車も本当にこれが最後!
 クモハ123-1の車内から辰野~小野~塩尻の街の明かりを眺めながら、じっくりと、そしてゆっくりと約20分間、クモハ123-1の乗車を楽しませていただきました。

 



020
④塩尻(2006)→松本(2021)  1839M 313系2連
 塩尻駅からは再びJR東海の313系に乗車して松本まで戻りました。2両編成だったのですが、時間的に帰宅ラッシュも終わっており、余裕で座って帰ってくることができました。


  クモハ123、何度乗っても味わい深い列車ですね…。
 国鉄型車両が無くなってしまうことより、信州の名物がまた一つ無くなってしまったということが本当に残念です。これで辰野支線に乗車する楽しみが無くなってしまいました。


【乗車日:平成25年3月14日(木)】鉄道コム鉄道コム


◎クモハ123-1関係の乗車記はこちら…。ぜひ、ご覧ください!!
 ・クモハ123-1乗車記(H19.9.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_123.html
 ・平成23年・冬の青春18キップ乗車記PART.1【惜別119系乗車記】(H23.12.31)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_88.html
 ・[ぐるっと善知鳥・塩嶺号]・[ぐるっと塩嶺・善知鳥号]乗車記(H24.12.15)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201212/article_2.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記(H25.1.9)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_5.html
 ・クモハ123惜別乗車記Part.2(H25.1.29)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_14.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記Part.3(H25.3.5)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201303/article_1.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記Part.4(H25.3.7)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201303/article_2.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記Part.5(H25.3.13)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201303/article_4.html

※古い乗車記を他ブログから引っ越しています。一部写真が無い部分や誤字・誤変換等もありますが、よろしければご覧ください(by管理人)。




015
          PHOTO:辰野駅に停車中のクモハ123-1



 最初に「すみません!」と謝っておきます。
 『これが最後の惜別乗車!』ということで、先週の木曜日にクモハ123-1に乗車をしたのですが、その舌の根の乾かぬうちに再び(5回目ですが…)惜別乗車をしてきました。
 まあ、このところ毎日撮影をしている身近な車両ですし、あと3日で引退をしてしまう車両ですから、大目に見てくださいね。




007
①松本(1923)→塩尻(1939)  1840M 313系2連
 松本からは上松行きの普通列車で塩尻駅に向かいます。さすがに帰宅ラッシュのこの時間に2両では…。
 立ったまま塩尻駅まで乗車することになってしまいました。





021
②塩尻(2006)→辰野(2026)  168M クモハ123-1
 塩尻駅からはクモハ123-1を使用する列車で辰野駅に向かいます。
 さすがにあと3日で引退ということで、一般の乗客よりもクモハ123-1目当ての鉄道ファンの方が多いですね(ホームで列車を撮影している人も多いですね。)。
 列車は定刻に塩尻駅を発車し、漆黒の闇夜の中を淡々と進んでいきます。
 最新の車両とは違い「防音」なんていうものとは無縁のこの車両。モーター音を高らかに響かせながら、また、辰野支線には長尺レールなんてほとんど使用していないせいでしょうか、「タタン、タタン」とリズミカルにジョイント音を奏でながら進んでいきます。
 いつまでもこの列車に乗っていたい…と思うのもつかの間、列車は終着駅の辰野駅に到着しました。
 




015
③辰野(2048)→塩尻(2109)  171M クモハ123-1
 辰野駅では20分ほど停車時間がありますので、ゆっくりと撮影することができるのですが、鉄道ファンが多く集まってくれば、当然、マナーの悪い人、常識が理解できない人も多くなってきます。カメラを構えている人の前に堂々と入り込む人、撮影が終わっても画像を確認していて場所を空けない人等々。そんな人に腹を立てるのも馬鹿らしいので、撮影を早々に切り上げて車内で最後の発車の時を待つことにしました。
 本当は明日も乗車しようかな?と思っていたのですが、このような人達と同類と思われるのも癪なので、これが本当に「最後の乗車」と思って塩尻まで乗車してきました。





025
④塩尻(2127)→松本(2144)  447M 115系6連
 塩尻からは115系に乗車して松本まで戻ってきました。さすがに6連だと車内は空いていますねぇ~。ボックス席にゆったりと座って帰ってきました。


 クモハ123-1、とても味のある電車です。
 欠点もあります。車内はうるさいですし、すきま風が入ってきて車内がどんどん寒くなってきます。
 でも、無くなってしまうとなると淋しいですね…。


【乗車日:平成25年3月13日(水)】鉄道コム鉄道コム


◎過去のクモハ123-1関係の乗車記はこちら…
 ・クモハ123-1乗車記(H19.9.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_123.html
 ・平成23年・冬の青春18キップ乗車記PART.1【惜別119系乗車記】(H23.12.31)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_88.html
 ・[ぐるっと善知鳥・塩嶺号]・[ぐるっと塩嶺・善知鳥号]乗車記(H24.12.15)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201212/article_2.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記(H25.1.9)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_5.html
 ・クモハ123惜別乗車記Part.2(H25.1.29)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201301/article_14.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記Part.3(H25.3.5)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201303/article_1.html
 ・クモハ123-1惜別乗車記Part.4(H25.3.7)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201303/article_2.html

※古い乗車記を他ブログから引っ越しています。一部写真が無い部分や誤字・誤変換等もありますが、よろしければご覧ください(by管理人)。


020



 1965年に165系直流急行形電車の派生車種として誕生した169系急行形電車ですが、現在、しなの鉄道に9両(3両編成×3本)が在籍しているのみとなってしまいました。
 この169系ですが、現時点では普通列車として運用を続けているところですが、車両の老朽化に伴い3月16日のダイヤ改正を持って定期運用から離脱し、その後、臨時列車等で使用されるのですが、最終的には本年4月末をもって引退することが決まってしまいました。

 12月からは同列車を使用した「引退記念の特別列車」の運転が始まり、4月末の引退までの間に何回か運転が行われることも決まっています。
 ただ、これらの列車はヘッドマークや、特別なサボ類が装着されるなど「特別に仕立てられた列車」であり、普段、地元の方の足として活躍している「素の169系」ではありません。
 今回はそんな「素の169系」の最後の姿を見たくて、普通列車の運用に就いている169系に乗ってきました。





009
①戸倉(1731)→小諸(1807) 2666M しなの鉄道・115系3連【S5編成】
 本日は仕事を少し早めに終えて、車で戸倉駅に向かいます。戸倉駅の有料駐車場に車を停めてから「乗り鉄」のスタートです。
 戸倉駅からは軽井沢行きの普通列車で小諸駅まで移動します。ちょうど通勤・通学の帰宅時間ということで列車は混雑をしていましたが、なんとかロングシート部に座ることができました。



006
    PHOTO:戸倉駅に停車中の「あの夏で待っている」のラッピング車両






005
    PHOTO:アニメには興味がありませんが、この車両は目を引きますね。






007
       PHOTO:側線には169系のS51編成が停車していました。








013
②小諸(1833)→軽井沢(1857) 778M 169系3連【S52編成】
(←軽井沢 クモハ169-6+モハ168-6+クハ169-19 小諸→)
 そのまま列車に乗っていれば軽井沢駅に到着するのですが、今回の目的は169系に乗車することなので、小諸駅でしばらく列車を待ち、小諸発18時33分の列車で軽井沢駅を目指します。この列車にはいまや貴重となった169系が充当されます。しかもラッキーなことに本日は3編成あるうちの湘南カラーを纏ったS52編成が運用に入っていました。

 いつもなら静かな「クハ車」を選んで乗車するのですが、今日の乗車は「夜」ということで景色が何も見えませんので、169系のモーター音を楽しむため先頭の「クモハ車」に乗車して軽井沢駅に向かいました(いすみ鉄道の社長さんのブログにも影響を受けているのも事実ですが…。)。

 先頭車の乗客はわずか2名。途中から乗車した人も数名ほどいましたが、華やかな急行列車や快速列車の運用に入っているときとは程遠い感じを受けました。まあ、この「普段着」の169系を見たくて平日に来たわけですから、これでいいのですが…。列車は各駅に停車しながら終着となる軽井沢駅に定刻どおり到着しました。



018
              PHOTO:S52編成の車内






017
    PHOTO:シートは変更されていますが、モーター音などはは昔のままです。



 


015
      PHOTO:189系と並ぶシーンも貴重なものにとなりそうです。
 






026
③軽井沢(1903)→小諸(1927)  779M 169系3連【S52編成】
(←小諸 クハ169-19+モハ168-6+クモハ169-6 軽井沢→)
 軽井沢駅に到着後は、折り返しとなる列車に乗車して小諸駅に戻ります。同じ車両に乗っているばかりでは芸がありませんので、小諸駅までは「モハ車」に乗車しました。
 小諸駅でも軽井沢駅でも感じたのですが、鉄道ファンが多いですねぇ~。まあ、今日はS52編成が運用に入っているから…というのもあるのでしょうが、やはり運用離脱に向けたフィーバーが始まっているのでしょうか…。







028
④小諸(1933)→軽井沢(1957) 780M  169系3連【S52編成】
(←軽井沢 クモハ169-6+モハ168-6+クハ169-19 小諸→)
 小諸駅に戻ってきました。これで「乗り鉄」を終了してもいいのですが、せっかくここまで来ましたし、フリーキップも購入してありますから、もう一度軽井沢駅に向かうことにしました。ここからは「クハ車」に乗車しました。
 余談ですが…やっぱり私は静かなクハ車が好きですね…。






033
⑤軽井沢(2020)→戸倉(2127)  2783M 169系3連【S52編成】
(←戸倉 クハ169-19+モハ168-6+クモハ169-6 軽井沢→)
 軽井沢からは、やはりS52編成を使用する列車に乗るのですが、今回は「戸倉行き」の普通列車です。
 S52編成は戸倉駅の留置線で夜を明かす関係で、朝は戸倉駅発軽井沢行きが、夜はその逆に軽井沢駅発戸倉駅行きという普通列車が設定されています。まあ、今回の「乗り鉄」の目的もこの列車に乗ることでしたので、これで目標は達成といことになりました。
 …というわけで最後は「クモハ車」に座って、たっぷりとMT54主電動機のモーター音を聞きながら戻ってきました。

 この列車。時間的に「混雑するのでは…」と思っていたのですが、さほどの混雑もなく終点の戸倉駅まで乗車することができました。もうちょっと乗っていたいところですが、169系を使用する列車はもうありませんので、戸倉駅から帰宅することにしました。

 余談ですが…、毎回思うのはしなの鉄道の車両が綺麗なのが嬉しいですね。車内はきちんと清掃されていますし、車両も綺麗に洗車されているようで、いつ乗っても本当に綺麗でびっくりします。特にJRの車両と違って窓ガラスが本当に綺麗です。これからしなの鉄道に乗車する皆さんも、ぜひその点を見てあげてくださいね。



035
             PHOTO:S52編成の運転台







036
          PHOTO:戸倉駅に到着したS52編成




 何回乗車しても「引退は早いんじゃないの…」と思ってしまいます。
 昨日、しなの鉄道にいすみ鉄道の社長さんが訪問されたようですが、きっといすみ鉄道の社長さんにも「廃車はもったいない…。」と言われたと思うのですが…。
 ディーゼルカーのように1両だけ残すということでできないのが電車の無駄なところだとは思うのですが、なんとか1編成だけでも残してもらえないものでしょうか…。
 今回、「惜別乗車」と名は打ちましたが、たぶん、私のことですから引退までに何らかの臨時列車には乗ると思います。念のため…。



【乗車日:平成25年3月8日(金)】鉄道コム鉄道コム


◎過去の169系の乗車記はこちら…
 ・しなの鉄道・特別団体列車[ありがとう・さようなら169系]乗車記(H24.12.22)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201212/article_4.html
 ・しなの鉄道&長野電鉄乗車記(H19.9.2)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_122.html
 ・しなの鉄道・169系快速乗車記(H20.5.21)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_152.html
 ・しなの鉄道169系+長野電鉄屋代線乗車記(H20.5.24)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_154.html
 ・快速[リバイバル信州2号]乗車記(H20.9.14)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_168.html
 ・快速[リバイバル信州1号]乗車記(H20.9.14)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_169.html
 ・しなの鉄道・169系[湘南色+しなの鉄道色]乗車記(H20.9.23)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_171.html
 ・169系湘南色で行く信州の旅シリーズ第一段・急行[妙高]乗車記(H20.11.3)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_171.html
 ・169系湘南色で行く信州の旅シリーズ第二段・急行[アルプス]乗車記(H20.12.7)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_179.html
 ・急行[善知鳥]乗車記~169系湘南色で行く信州の旅シリーズ第三段~(H21.1.10)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_185.html
 ・169系湘南色で行く信州の旅シリーズ第四段・急行[ちくま]乗車記(H21.2.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_188.html
 ・急行[信州号]乗車記~169系湘南色で行く信州の旅シリーズ・ファイナル~(H21.3.8)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_195.html
 ・しなの鉄道169系S52編成乗車記(H21.3.21)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_199.html
 ・さよならしなの鉄道169系湘南色・快速[リバイバル信州号]乗車記(H213.22)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_201.html
 ・その後の「しなの鉄道・S52編成」乗車記(H21.5.3)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_213.html
 ・快速[おばすて棚田紀行号]乗車記(H21.10.10)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_239.html
 ・復活!!169系湘南色・一番列車乗車記(H22.9.18)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_25.html
 ・快速[レトロ小海線]+S52編成+HB-E200乗車記(H22.10.16)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_29.html
 ・169系S52編成&長電2000系A編成とゆけむりの旅(H23.1.29)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_41.html
 ・快速[189系&169系リレー号]+快速[軽井沢ホリデー号]乗車記(H23.11.23)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_85.html
 ・急行[リバイバル志賀]&快速[快速軽井沢]乗車記(H24.3.20)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201206/article_262.html
 ・平成24年・夏の青春18キップ旅行記【湘南色列車への乗車】(H24.8.10~8.11)…http://tomodachiya0221.at.webry.info/201208/article_5.html

↑このページのトップヘ