TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

カテゴリ: 稲沢機関区[愛知車両区]

P1240318
         PHOTO:いつまでこの雄姿を見ることができるのか…

 愛知機関区にある車両解体線に元お召機のEF64 77号機とDD51 1146号機・1147号機の3両がl留置されてから約1か月(私が最初確認したのは11月10日)が経過します。
 当初は「11月11日から17日に解体作業を行う…」旨の貼紙が掲出されていたのですが、いつのまに実際にはその期間には解体作業は行われず、その貼紙も作業予定期間の経過ともに撤去され、先週の時点(11/23)では3両とも残っていました。

 本日、その3両がどうなったのか確認に行ってきたのですが、ありがたいことにいまだに解体されずにその雄姿を見ることができました。また、作業再開を示す掲示物もありませんでしたので、もしかするとしばらくはこの状態が続くのかもしれません。

 ただ、一度は『解体をする。』という掲示がありましたので、近いうちに行われても不思議ではありませんので、しばらくの間は週1回程度になりますが確認に行きたいと思います。



P1240304
         PHOTO:稲沢駅側線に留置されている機関車群


 一方、稲沢駅の北側留置線には多数の保留機関車が留置されており、稲沢駅のホームから確認したところ、稲沢駅のホーム側・岐阜寄りから


第1列目 EF64 1022 EF64 1035 DD200 5 DD200 4 DE51 1804
第2列目 DD51 1156 DD51 891 DD51 1803 DE10 1562 
第3列目 DD51 890 DD51 825 EF64 1042 EF64 1028
第4列目 DD51 857 DD51 1802 DE10 1592
第5列目 DF200 220


 と留置されていました(すべての車両が廃車前提の機関車ではありません。)。

【撮影日:令和 1年12月 7日(土)】鉄道コム


P1240289
     PHOTO:留置が続く
EF64 77とDD51 1146・1147号機の3両


 愛知機関区の一番北側の端にある留置線、この留置線はJRFの車両解体を行う場所になっています。
 11月10日に元お召機のEF64 77号機とDD51 1146号機・1147号機の3両が、この留置線に置いてあることを確認しました。
 留置線横の駐車場にも「11月11日から17日に解体作業を行う…」旨の貼紙が出されていたのですが、実際にはその期間には解体作業は行われず、その貼紙も作業予定期間の経過ともに撤去され、先週の時点(11/23)では3両とも残っていました。

 本日、その3両がどうなったのか確認に行ってきたのですが、ありがたいことにいまだに解体されずにその雄姿を見ることができました。また、作業再開を示す掲示物もありませんでしたので、もしかするとしばらくはこの状態が続くのかもしれません。

 ただ、一度は『解体をする。』という掲示がありましたので、近いうちに行われても不思議ではありませんので、しばらくの間は週1回程度になりますが確認に行きたいと思います。




 一方、稲沢駅の北側留置線には多数の保留機関車が留置されており、稲沢駅のホームから確認したところ、稲沢駅のホーム側・岐阜寄りから


第1列目 DE10 1581 EF64 1035 DD200 5 DD200 4 DE10 1592
第2列目 DD51 1803 DD51 891 
第3列目 DD51 1802 EF64 1039 EF64 1020 
第4列目 未確認
第5列目 未確認


 と留置されていました(すべての車両が廃車前提の機関車ではありません。)。

P1240277
            PHOTO:稲沢駅に留置されている機関車群

【撮影日:令和 1年12月 1日(日)】鉄道コム


P1240253
         PHOTO:23日現在も解体されずに留置されていました!


 11月10日に元お召機のEF64 77号機とDD51の1146号機と1147号機の3両が、愛知機関区の車両解体留置線に置かれている姿を確認しました。

 この留置線に隣接する駐車場にも「11月11日~17日に解体工事を行います。」という掲示物も貼付されていたことから「ついに77号機も解体か…」と思われたのですが、その後、解体作業が行われておらず、本日(11/23)現在においても、その雄姿を見ることができました。

 解体作業を行うと記載されていた掲示物も撤去されていることから、何らかの理由で解体作業がストップされているのではないかと思われます。願わくばこのまま解体を行わずどこかで保存をしてほしい…と願っているのは私だけではないと思うのですが…。



P1240237
          PHOTO:どこかで保存をしてほしいEF64 77号機




P1240235
         PHOTO:愛知では旋回窓付きのDD51も貴重なんですが…





P1240236
           PHOTO:お知らせの掲示物も撤去されていました。


 一方、稲沢駅の北側留置線には多数の保留機関車が留置されており、稲沢駅のホーム側の岐阜寄りから

第1列目 DE10 1581 DD200 5 DF200 223
第2列目 DD51 1801 DD51 1156 DD51 891 DD51 1803
第3列目 DD51 890 DD51 825 EF64 1011 
第4列目 DD51 1028 EF64 1039 
第5列目 EF64 1042 EF64 1023 

 と留置されていました(すべての車両が廃車前提の機関車ではありません。)。


P1240263
           PHOTO:稲沢駅の側線に留置されている機関車群




P1240265
       PHOTO:DF200とDD200が連結されている姿も貴重かも…

【撮影日:令和 1年11月23日(土)】鉄道コム




P1240175
        PHOTO:今朝の時点では、先週と同じ姿で留置されていました。

 長らく愛知機関区に留置されてきた、元お召機のEF64 77号機が解体処理線に移動されていることを確認したのが先週の日曜日!

 その解体処理線横の駐車場に掲示されていた解体作業の予告内容によると『解体作業は11日(月)~17日(日)に行います。』となっていましたので、今日、見に行っても77号機の姿はないだろうな…、車体の一部でも見ることができれば…と思って稲沢駅に降り立ったところ、なんとそこには先週見たままの姿で解体処理線に留置されていました。

 ただ、解体を行う旨の告知はそのままでしたので、何らかの理由で作業が遅れているだけではないかと思われますので、この姿を見ることもの栗わずかではないかと思われます。



P1240176
             PHOTO:EF6477号機をアップで!




P1240174
    PHOTO:DD51 1146号機も1147号機も解体されずに残っていました。





P1240179
PHOTO:77号機DD51 1147号機の連結部





P1240172
          PHOTO:僚友が見守る中、解体作業は行われるのか?





P1240180
            PHOTO:これが間違いなら嬉しいのですが…



 一方、稲沢駅の北側留置線には多数の保留機関車が留置されており、稲沢駅のホーム側の岐阜寄りから


第1列目 DE10 1581 DD200 5
第2列目 DD51 1801 DD51 1156 DD51 891 DD51 1803
第3列目 DD51 890 DD51 825 EF64 1042 DE10 1562
第4列目 EF64 ? EF210 156
第5列目 EF64 1024 EF64 1023 EF64 1015

 と留置されていました(すべての車両が廃車前提の機関車ではありません。)。


P1240147
               PHOTO:稲沢駅の車両留置状況


【撮影日:令和 1年11月16日(土)】鉄道コム


※11月17日(日)追記
 午前9時ころ、車内からEF64 77号機が留置されている状況を見ましたが、重機やトラックなども置いておらず、昨日と変わらない状況であることが確認できました。




P1240115
          PHOTO:解体線に入ってしまったEF64 77号機


 忙しさにかまけてしばらく足が遠いのいてしまっていた「稲沢機関区[愛知機関区]本日の車両留置状況」ですが、先日、私のブログに「DD51 1146号機と1147号機が解体線に入ってしまった。」との情報をいただきましたので、仕事前にちょっと足を延ばして状況を見に行ってきました。

 確認したところ間違いなくDD51の1146号機と1147号機は解体線送りになっていたのですが、なんとその2両に加え、長らく愛知機関区に留置されていた元お召し機のEF64 77号機も一緒に入っておりびっくりでした。77号機は機関区の展示会などにも他の機関車などと一緒に展示されており、このまま保存されるものと思っていただけに残念な結果になりそうです。

 まあ、ロクヨンの0番台機は何両も保存されていますので致し方ない気もしますが、まさかお召し機までも…ですか。
 なお、解体は明日11日から17までの間に行われていましたので、最後の姿を見たい方はお急ぎくださいね(車両位置からすると一番最初に解体されれそうなのがEF64 77号機です。)。


P1240110 
        PHOTO:愛知機関区の解体線は一番左端の側線となります。





P1240111
    PHOTO:手前からDD51 1146号機、1147号機そしてEF64 77号機





P1240113
    PHOTO:DD51の2両は旋回窓付きでしたので絵になって好きだったのですが…






P1240116
       PHOTO:77号機は長野国体でお召牽引機を勤めた気がします…。




P1240117
         PHOTO:77号機の足回りはまだ綺麗な状態を保っています。





P1240121
              PHOTO:1146号機をアップで…





P1240119
               PHOTO:逆サイドから…





P1240114
             PHOTO:1147号機をアップで…





P1240118
                PHOTO:逆サイドから…





P1240120
          PHOTO:解体線に隣接する駐車場にはこんな張り紙が…





 ちなみに、稲沢駅の側線に留置されている車両は、稲沢駅のホーム側の岐阜寄りから

第1列目 DE10 1581
第2列目 EF64 1035 DD51 1156 DD51 891 DD51 1803 DE10 1557
第3列目 DD51 890 DD51 826 EF64 1042 DD51 1802
第4列目 未確認…EF64 1023
第5列目 EF64 1037 EF64 1039 DE10 1727

 と留置されていました(すべての車両が廃車前提の機関車ではありません。)。



P1240109
            PHOTO:稲沢駅の側線に並ぶ機関車群


【撮影日:令和 1年11月10日(日)】鉄道コム


※おまけ
 気がつくといつのまにかDD200も増えていました…(車内からの撮影です。)。


P1240135
             PHOTO:愛知機関区に並ぶDD200




 

↑このページのトップヘ