TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

カテゴリ: 2021年度

P1360826
        
PHOTO:錦川鉄道・錦町駅に並ぶNT3000系気動車


 今年も「夏の青春18キップ」のシーズンとなりました!
 昨年の夏の青春18キップは名古屋で使っていたのですが、まさか1年後は四国・高知で使うとは思ってもいませんでした。まあ、それも我が人生!ということで、早速、キップを握りしめて「乗り鉄」に出かけてきました。
 今回は四国エリアを飛び出て、JR西日本の未乗車区間の乗車に行ってきました。




【第1日目・8月7日(土)】



P1360767
①高知(451)→坂出(647) 2002D 特急[しまんと2号] 2700系DC2連
 「青春18キップの旅」と言いながら、今回の「乗り鉄」のトップランナーは2700系DC2連を使用する特急[しまんと2号]に乗車します。まあ、言い訳にはなりますが、四国島内を脱出して青春18キップで遠くまで行くためにはどうしてもこの列車を利用しないと遅くなってしまいますので「特割キップ」を利用して瀬戸大橋線との乗換駅である坂出駅へ向かいます。

 特急[しまんと2号]は夜が明けぬ高知駅を定刻どおり発車し、一路、高松駅を目指して進んでいきます。高知駅を朝一番に発車するという早い列車ということもあり、私が乗車した2号車の自由席には4名ほどが乗車しているだけという、ちょっと三連休の初日としては寂しい車内です。後免駅、土佐山田駅までは比較的編端な区間を走っていきますので、エンジン音も軽やかに列車は進んできましたが、土佐山田駅からは一気に山岳路線へと入ります。特急[しまんと2号]は自慢の強馬力エンジンと振子機能を使って勾配やカーブを苦にすることなく進んて行きます。

 朝が早かったことから、少しうとうとしていてしまい、目が覚めたのは大歩危駅に到着する寸前でした。大歩危駅を発車すると車窓には大歩危峡・小歩危峡が広がり、絶景を見ながら進むと特急[しまんと2号]は徳島県の阿波池田駅に到着します。
 阿波池田駅は徳島線との乗換駅ですが、この駅からの乗客はわずか1人という状況でした。なお、阿波池田駅では運転士が交代するため約2分ほど停車した後、特急[しまんと2号]は発車していきます。

 秘境駅でありスイッチバック駅でもある坪尻駅を過ぎ、讃岐財田駅まで来ると長かった土讃線の山岳路線も終わり、特急[しまんと2号]は軽やかな足取りで金比羅さんの玄関口となる琴平駅に到着します。この時間帯になると通勤客と思われる姿の人も目立ち始め、列車にも数名ほど乗り込んできました。

 この後、特急[しまんと2号]は善通寺、多度津、丸亀と小まめに停車しながら、瀬戸大橋線との乗換駅となる坂出駅に到着しました。



P1360769
         PHOTO:大歩危峡を見ながら進んでいきます。






P1360773
          PHOTO:吉野川を渡って進んて行きます。









P1360782
➁坂出(701)→岡山(746) 3108M 快速[マリンライナー8号] 5000系+223系7連
 坂出駅では一度改札口を出て、青春18キップに日付印を押してもらい、いよいよここから青春18キップの旅が始まります。坂出駅からは快速[マリンライナー8号]に乗車して本州へと向かいます。

 この列車、通勤時間帯の列車ということもあり、意外と混雑することが分かっていましたので、今回は事前に指定席を購入してあります。青春18キップの場合は、2階建ての指定席車両のうち1階席にしか乗車できませんが、1階席からでも瀬戸内海のから景色を見ることができますし、なによりもリクライニングの座席に座っていくことができますので指定席料金は安い…と感じます(2階席はグリーン車指定席のため青春18キップでは乗車できません。)。※3連休の初日なので混雑を予想していたのですが、思っていたほど混雑していませんでした。

 児島駅を過ぎると列車はJR四国からJR西日本エリアへと入っていきます。前述のとおり、この列車は通勤列車も兼ねているためでしょうか、結構、小まめに停車をしながら進んで行きます。茶屋町駅から先の区間には単線区間もあり、また、反対列車が遅れているということで速度を落としながら運転したため、終着駅の岡山駅には約3分ほど遅れて到着しました。







P1360791
③岡山(757)→福山(856) 5713M 115系6連
 岡山駅からは福山行きの普通列車に乗り換えます。快速[マリンライナー]の車内案内でも、でも岡山駅の電光掲示板にも2番線という表示がされていたのですが、なぜか1番線に列車が到着しました(私のかん違いかな?)。

 JR西日本の115系は車内のアコモ改善車両が多く、今回乗車した115系も転換クロスシート車でしたので福山駅までの約1時間は、沿線の景色などを見ながらゆったりと乗車しました。








P1360796
④福山(931)→広島(954) 533A [ひかり533号] N700系16連
 福山駅からは在来線を乗り継いで広島へ…でもよかったのですが、全体の日程のことを考えて、この区間は新幹線を使って広島駅までワープしました。
 早くて時間を稼げることは素晴らしいのですが、新幹線は「旅情」というものが全く無いのがちょっと…です。



P1360792
        PHOTO:福山駅は新幹線の撮影に向いているかも…







P1360802
⑤広島(1012)→岩国(1052) 5305M 快速[シティライナー] 227系6連
 広島駅に到着しました。ここからは再び在来線に乗り換えて岩国駅を目指します。久しぶりに広島駅に来たのですが、まあ、見る列車がすべて227系、いわゆる「レッドウイング」に置き換えられており、ちょっと前までは普通に見ることができた115系の姿を見ることができずビックリでした。

 快速[シティライナー]は、発車の5分ほど前に広島駅の2番線に入線してきましたので、座席を確保してからゆっくりと撮影をすることができました。

 車両が新しいから…ということもあるのでしょうが、この227系は静かですし空調もしっかりと効いていますので乗っていても気分の良い車両ですねぇ…。ただ、乗車前半の車窓は、ほとんど街の中を走っていますのであまり見ごたえのある車窓では無いのですが、宮島口駅の手前からは進行方向左手に海が広がるなど、途中から景色がガラッと変わりますので、陽が当たるのが嫌でなければ進行方向左側に座ることをお勧めします。



P1360801
         PHOTO:行先表示はフルカラーで見やすいです。






P1360799
      PHOTO:正面貫通扉にもレッドウイングの表示がされてます。







P1360809
       PHOTO:レッドウイングの表示は車体の至る所にあります。







P1360808
      PHOTO:レッドウイングの車内、シートも「レッド」です。






P1360800
  PHOTO:広島駅に停車中のレッドウイング(乗車した列車ではありません。)








P1360811
⑥岩国(1110)→錦町(1217) 527D 錦川鉄道 NT3000系[せせらぎ号]
 岩国駅に到着しました。ここからは錦川鉄道に乗車します。
 今回の「乗り鉄」の目的は「JR西日本の未乗車区間の乗車」ですので、本来趣旨とは違ってしまいますが、まあ、せっかくここまで来ましたので鉄印の購入を兼ねて乗車します。
 岩国駅では一度改札を出て錦川鉄道の切符売り場でキップを購入して…と思ったのですが、岩国駅には錦川鉄道の窓口がありませんので、車内でフリーキップを購入することにしました(ちなみに、フリーキップは川西駅⇔錦町駅間となっていますが、岩国⇔川西駅間はJR線ですので、JRのキップ(青春18キップでも可)を持っている場合は、フリーキップで岩国駅⇔錦町駅間の乗車が可能です。)。

 さて、これから乗車する錦川鉄道ですが、この路線は旧国鉄の岩日線を第三セクターに転換した鉄道路線で、錦川鉄道株式会社が運営している路線です。使用されている車両は錦川鉄道が導入したNT3000系のほか、JR東日本の烏山線で使用していたキハ40系をレトロ車両として使用しています(塗色も烏山線の時のままです。)。ただ、残念なのはこのキハ40は現在故障中ということで今回は乗車できませんでした。

 岩国駅を発車した列車は、前述のとおりJR線を徳山駅方面に走り西岩国、川西駅と停車し、川西駅発車後もしばらくの間JR線を走り、トンネルの先で岩徳線と別れて進行方向を右方向に変えて進んでいきます。

 沿線は左側が山、右側が錦川ということで、景色が良いのは右側ですが、途中、何か所か山から流れ落ちる滝を見ることができるのは左側ということで、どちらに座っても景色を堪能することができます(滝が見ることができるビューポイントでは速度を落として進んでくれます。)。



P1360812
         PHOTO:清流・錦川を渡って進んでいきます。






P1360813
         PHOTO:JR岩徳線と別れて進んでいきます。






P1360814
        PHOTO:滝は水量がちょっと少なくて残念でした。






P1360831
          PHOTO:沈下橋を見ながら進んでいきます。






P1360822
           PHOTO:終点の錦町駅に到着します。






P1360823
        PHOTO:錦町駅は山間にある綺麗な駅舎でした。






P1360827
    PHOTO:烏山線で使用されていたキハ40は故障中…ということです。







                 
           VIDEO:根笠駅→河内駅 前面展望






P1360825
➆錦町(1231)→岩国(1341) 530D 錦川鉄道 NT3000系[せせらぎ号]
 錦川鉄道の終着駅である錦町駅に到着しました。
 この錦町駅から先には「とことこトレイン」という乗り物もあるのですが、今回の目的は「乗車と鉄印の購入」ですので、窓口で鉄印を購入した後は、先ほどまで乗車してきた列車で岩国駅に戻りました。
 錦町清流ラインの列車ですが、ビューポイントでは列車の速度を落としてくれますし、説明の案内放送も入りますのでとても親切でした。




P1370033
            PHOTO:錦町駅で購入した鉄印






 
錦川キップ
     PHOTO:フリーキップ購入者には、こんなプレゼントもあります。
    ※絵葉書と鉄道むすめが描かれた乗車記念券は、フリーキップを購入するともらえます。


※2021年度・夏の青春18キップ旅行記【JR西日本全線乗車の旅②】に続きます。

【乗車日:令和 3年 8月 7日(土)~9日(月)】
鉄道コム 
鉄道コム

DSC05735
          PHOTO:幸福駅を目指して走る鉱山鉄道




 東洋のマチュピチュ(東平)を見た帰りに、マイントピア別子に立ち寄り、園内を走る「鉱山鉄道」に乗車しましたので、ごく簡単ですが乗車記をアップさせていただきます(まあ、一応、2本の鉄路の上を走っていましたので…ね。)。

 この「鉱山鉄道」は、マイントピア別子の本館から観光鉱山の入口までを結ぶ「観光鉄道」です。料金はマイントピア別子の入場料と鉱山鉄道の往復乗車券を含めて、大人1,300円となっています(鉱山鉄道に乗らなくても同料金です。)。



DSC05724
★開運駅(945)→幸福駅(950)
 マイントピア別子の本脇にある開運駅に到着すると列車は既にホームに入っていました。
 編成は先頭に蒸気機関車別子1号、その後方に「カゴ車・人力車」、一般客車、バリアフリー客車、銅婚客車となっており、最後部に後部補機となる電気機関車という編成になっています。先頭の蒸気機関車以外は乗車可能ということなので、誰も乗っていなかった銅婚客車に乗り込みます(後部の電機機関車は「キッズ専用」)。

 鉱山鉄道は定刻に開運駅を「ガタン」というやや強めの衝撃のあと、ゆっくりとした速度で発車していきます。
 このあと速度を上げていくのかな…と思ったのですが、そのまま人が歩く程度の速度でゆっくり、ゆっくりと列車は進んでいきます。
 園内を流れる足谷川に架かる鉄橋を渡り、進行方向を右に変えると鉱山鉄道はまもなく終着であり観光坑道の入場口となる幸福駅に到着しました。



DSC05726
         PHOTO:ホームで発車の時を待つ鉱山鉄道編成






DSC05725
      PHOTO:乗車した銅婚客車の室内・とても小さな客車です。







DSC05729
   PHOTO:園内を流れる足谷川に架かる鉄橋を渡ると幸福駅に到着します。







DSC05730
          PHOTO:幸福駅に到着した鉱山鉄道



 まあ、遊園地内の乗り物を「鉄道」として考えるかどうかは別にして、銅を採鉱していた当時と同じサイズの列車に乗ることができましたので、一応、乗車記としてアップさせていただきました。

【乗車日:令和 3年 7月24日(土)】
鉄道コム鉄道コム

P1360661
    PHOTO:「ジェットカー」って単なる名称だと思っていたのですが…



 東日本に住んでいた私にとって「関西エリアの乗り鉄」というのは、路線や鉄道会社が入り組んでいて非常にわかりにくいなエリアです。
 
 何がわからないかというと、大阪の中心は「大阪駅」だと(私は)思っているのですが、私鉄各社には「大阪」という駅がなく、そのかわりに「梅田」と「難波」という駅がある。逆にJRには「大阪」という駅があるのに「梅田」が無い…ということで、ほとんどチンプンカンプンだったのですが、6月末に名古屋まで私鉄を利用した際、山陽電車の直通特急等を利用して大阪難波駅まで乗車したところ、ブログを見た方から「阪神電車の全線乗車もあと一歩ですね…」とコメントをいただき、「えっ!」と思って調べたところ、なんと本人が知らないうちに阪神電車の8割くらい乗車したことになっていました。

 せっかくここまで乗車したなら、阪神電車の全線乗車を…ということで、今回はその残り2割の乗車に行ってきました。

 ちなみに阪神電車が保有している鉄道路線は4つあり、「本線」と呼ばれる大阪梅田駅⇔元町駅の32.1kmの路線、「阪神なんば線」と呼ばれる尼崎駅⇔大阪難波駅の10.1kmの路線、「武庫川線」と呼ばれる武庫川駅⇔武庫川団地前駅の1.7kmの路線、あと一つは神戸高速線の元町駅⇔高速神戸駅⇔西代駅の5.0kmです。

 このうち、本線の元町⇔尼崎駅間、阪神なんば線の全線、神戸高速線の全線については前回乗車していますので、今回は残りの尼崎駅⇔大阪梅田駅間と武庫川線に乗車します。






P1360660
①大阪梅田(901)→武庫川(932) 普通[高速神戸行き] 5500系4連
 大阪梅田駅からは普通列車に乗って武庫川駅を目指します。本当は2分後に発車する急行で行けば早く到着するのが分かっているのですが、なんといってもこの列車にはジェットカーが使用されていますから「乗り鉄」としては何としても乗っておきたい車両です。

 このジェットカーですが、もともと阪神電車の路線は駅間距離が短く、普通列車用の車両は所要時間の短縮や優等列車ダイヤの遅延防止を目的として、特に高加速・高原則性能が求められていたことから誕生した車両だそうです。

 で、実際に乗車してみると…いや~、この列車最高!シートに座っていても加速の時や減速の時に体に力を入れていないと、シート上で転がりそうになるのですから、その加減速は素晴らしいです。途中駅で急行の退避などを行い約30分、ジェットカーの乗車を楽しみました。



P1360658
   PHOTO:阪急と阪神の「大阪梅田駅」はなんでこんなに離れているの?







P1360664
②武庫川(938)→武庫川団地前(943) 普通 5500系2連「TRRACO号」
 武庫川駅からは、今回の目的の一つでもある「武庫川線」に乗車します。武庫川駅に降りてびっくりしたのは、武庫川駅というのは川の上にある駅だということです。四国の土讃線にも土佐北川駅という駅が川の上にあるのですが、まさかこんな都会で川の上に駅があるなんて驚きでした。

 武庫川駅から乗った列車を降りて、そのままホームを西に向かっていき、左に曲がりながら階段を下りていくと、そこが武庫川線の乗り場です。再度、改札を入ってホームに上がるとそこには何とも言えないポップな2両編成の車両が待っていました(「TRRACO号」というらしいです。)。この列車に乗って武庫川団地前駅まで乗車しました。



P1360662
  PHOTO:武庫川駅は川の上にある駅でした(正式にはホームが川の上です。)。






P1360663
     PHOTO:ホームを西に向かって進んでいくと武庫川線の乗り場に…







P1360665
      PHOTO:外装だけでなく車内はもっとポップな感じでした。






P1360666
         PHOTO:武庫川駅は意外と大きな駅でした。






P1360668
③武庫川団地前(947)→武庫川(951) 普通 5500系2連
 武庫川団地前駅からは乗車してきた列車で武庫川駅に戻りました(乗客が多くてびっくりしました。)。
 なお、大阪梅田駅から阪神電車に乗って、武庫川駅から武庫川線を乗車しましたので、これで阪神電車の全線乗車が終了しました。



P1360669
      PHOTO:武庫川駅には「甲子園号」が留置されていました。






P1360670
④武庫川(952)→西宮(1000) 普通[高速神戸行] 5001系4連
 武庫川駅からは古いタイプのジェットカーに乗車して西宮駅に向かいました。
 古い車両だから加速は5500系より緩いのかな?なんて思っていたらこっちの車両の方が加速がすごい!調べると加減速は5001系の方が5500系より上回っているようです。
 しかし、この列車で立って通勤している人の足腰は鍛えられるんだろうな…と、シートの上で右左に斜めになりながら西宮駅まで乗車しました。






P1360672
⑤西宮(1006)→山陽姫路(1130) 特急[山陽姫路行] 8000系8連
 西ノ宮駅からは阪神電車の車両を使用する直通特急に乗車して山陽姫路駅に戻りました。




 この後は、姫路城の見学を行い、次の日程で高知に戻りました。
⑥姫路(1305)→相生(1324) 967M 223系4連
➆相生(1332)→高知(1438) 1319M 115系4連
⑧岡山(1505)→高知(1741) 45D 特急[南風15号] 2700系DC3連



 今回の乗車で阪神電鉄の全線乗車と、以前から乗りたかったジェットカーへの乗車が無事に終了しました。
 しかし、阪急の「大阪梅田駅」と阪神の「大阪梅田駅」があんなに離れているとは…(以前、阪急からJRに乗り換える時もそう思ったような気がします…。)


【乗車日:令和 3年 7月23日(金)】
鉄道コム鉄道コム


過去の阪神電車の乗車記はこちらから!
 


P1360600
      PHOTO:天橋立駅を発車していく特急[たんごリレー3号]




 今年も「夏の青春18キップ」のシーズンとなりました。
 高知に来てからは、この青春18キップが自宅のある長野までの往復にキップとなっている感じですが、夏の青春キップは使用期間が長い(7月20日~9月10日まで)ので、このキップを有効に使って「乗り鉄」を楽しみたいと思っています。
 今回は、久しぶりに京都丹後鉄道への乗車と「鉄印購入」の旅です。







P1360563
①高知(451)→坂出(647) 2002D 特急[しまんと2号] 2700系DC2連
 「青春18キップの旅」と言っておきながら、いきなりの特急乗車です。まあ、この列車に乗らないとどうしても1日の行動に制限がかかってしまうために特急を利用して坂出駅に向かいました。








P1360568
②坂出(701)→岡山(746) 3108M 快速[マリンライナー8号]
 坂出駅からは快速[マリンライナー8号]に乗り換えて岡山駅を目指します。
 この快速[マリンライナー号]には2階建ての指定席車両が1両付いていますので、四連休の初日ということで混雑が予想されましたので事前に指定席を購入しました。ただ、青春18キップでは2階のグリーン車指定席には乗れませんので1階席となりますが、まあ、それでも瀬戸内海を全く見ることが出来ないわけではありませんのでご参考までに…。








P1360577
③岡山(811)→相生(828) 838A [こだま838号] 700系8連[レールスター編成]
 岡山駅からは新幹線で1駅区間だけワープします(ちっとも青春18キップの旅では無いですね…)。








P1360579
④相生(855)→網干(904) 942M 223系4連
 相生駅からは約30分ほど待ち合せの上、普通列車で網干駅を目指します。









P1360583
⑤網干(914)→尼崎(1022) 5619M 新快速 225系+223系12連
 網干駅からはJR西日本の無料特急と言っても過言ではない新快速に乗車して尼崎駅に向かいました。
 ホームに入ってきた先頭車が225系でしたので、オール225系かと思ったら、付属編成の4両のみが225系で残りは223系でした。










P1150659
※乗車した[丹波路快速]の写真ではありません。
⑥尼崎(1028)→篠山口(1129) 2723M 丹波路快速 223系8連
 尼崎駅からは「福知山線」に乗り換えて篠山口駅を目指します。私のように古くから鉄道を趣味にしている者にとっては、この路線は「福知山線」なのですが、いまではそのような呼称は使われず、JR西日本では「JR宝塚線」と言っています。ただ、宝塚がどこにあるのか知らない人にとっては、路線の終点を路線名とした方が分かりやすいと思うのですが…。
 網干から乗った新快速が尼崎手前で遅れたため(前を走る貨物列車が遅れていたため)、ギリギリでの乗り換えでした。

 「福知山線」というイメージは、単線区間をゆっくりと走っていく…というイメージがあったのですが、複線区間を時速100km/h以上で駆け抜けていく路線で、すっかり私のイメージとは違っていました(なんかおかしいなぁ…)



P1360585
      PHOTO:宝塚から先は風光明媚な沿線を駆け抜けていきます。







P1360588
   PHOTO:時刻表には「丹波」として記載されていませんが丹波快速です。









P1360590
➆篠山口(1139)→福知山(1232) 2541M 223系2連
 篠山口駅からは列車を乗り換えて福知山駅を目指しました。福知山線も篠山口駅までは複線ですが、ここ篠山口駅から先は単線区間となります。
 しかし、篠山口駅までは8連の快速列車なのに、ここからはたったの2連!同じ会社同士なんだからJR東海みたいなことをしないで欲しいものです(途中の谷川駅までは立っていきました。)。

 尼崎駅から約2時間で無事、福知山駅に到着しました。福知山線(JR宝塚線)、過去に乗ったような記憶はあるのですが、沿線の景色が妙に新鮮に見えました。もしかして、今まで乗っていなかったのかな?(高校生時代には間違いなく乗っています。)









P1360593
⑧福知山(1253)→天橋立(1331) 4003D 特急[たんごリレー3号] KTR8000系2連
 福知山駅に到着しました。ここからは「京都丹後鉄道」に乗り換えます。
 一度、JRの改札を出て、京都丹後鉄道の自販機でキップ」と自由席特急券を購入してから列車に乗り込みます。ここから乗車するのは、私が尊敬する工業デザイナーである水戸岡鋭治さんがタンゴ・ディスカバリーをリノベーションした[丹後の海]です。この列車で約40分、気動車特急の旅を楽しみました。
 なお、到着した天橋立駅では、今回の「乗り鉄」の目標でもある「鉄印」を無事に購入することができました。



P1360592
             PHOTO:丹後の海の車内







P1360595
          PHOTO:車体に描かれたロゴマーク







P1360624
           PHOTO:天橋立駅で購入した鉄印








P1360602
➈天橋立(1347)→宮津(1352) 230D KTR704
 天橋立駅で鉄印を購入した後、特急[はしだて4号]で宮津駅に戻る…という予定にしていたのですが、コロナ禍の影響で特急[はしだて4号]は運休…ということで、次の普通列車まで約1時間待って宮津駅に戻りました。







P1360603
➉宮津(1429)→福知山(1516) 802D 快速[大江山2号] KTR303
 宮津駅からは京都丹後鉄道最新のKTR303を使用する快速[大江山2号]で福知山駅に戻りました。



P1360605
     PHOTO:細心の車両だけあって窓下部にはUSBの差込口が!








P1360610
⑪福知山(1610)→和田山(1648) 437M 115系2連
 福知山駅では約1時間ほど待ち合せの上、豊岡行きの普通列車で和田山駅に向かいました。
 参院選の普通列車なので、ガラガラと思っていたのですが、隣のホームに園部駅からの普通列車が到着すると、その列車からの乗継客がどっと流れ込み、ほぼ、80%くらいの乗車率で福知山駅を発車していきました。ここから姫路駅までは国鉄型車両を乗り継ぐという贅沢な時間を過ごします。



P1360612
 PHOTO:転換クロス仕様の多いJR西の115系ですが、この列車はBOX席です。







P1360615
          PHOTO:和田山駅に到着した115系2連







P1360621
⑫和田山(1701)→寺前(1754) 238D キハ40系単行
 和田山からは「魔改造」を行ったキハ40に乗って寺前駅まで乗車しました。
 この播但線は、高校生の頃にDD54が牽引する客車列車の撮影に来たことがあるのですが(たぶん、生野のカーブだと思います。)、全然、面影も記憶もなく、どこで撮影したのか沿線の状況を見ていたのですが、まったくわかりませんでした。
 途中、速度がガクンと落ち、苦しいエンジン音を車内に響かせながらゆっくりと走っていきましたので、ずいぶん路線状況が厳しいということが分かりました。



P1360614
 PHOTO:和田山駅には「うみやまむすび」ラッピング車両が留置されていました。






P1360618
         PHOTO:山陰線と別れて播但線を進んでいきます。







P1360623
         PHOTO:寺前駅で103系と並ぶキハ41







P1360622
⑬寺前(1805)→姫路(1852) 5664M 103系2連
 寺前駅からは103系に乗車して姫路駅に戻りました(本日は姫路市内に宿泊します。)。



 さすがに4連休ということで、どの列車も、どの駅も混雑していました。こんなに混雑がひどいとなると8月の「乗り鉄」予定も少し考え直さないといけないかもしれませんね。


【乗車日:令和 3年 7月22日(木)】鉄道コム鉄道コム


◎過去の京都タンゴ鉄道の乗車記はこちらから!
 

 

 

 

 名古屋で所用(プライベートです。)がありましたので列車で往復しましたので、乗車記録をアップさせていただきます。
 青春18キップも発売前ということで、割引キップがありませんでしたので、ついに「あれ」にチャレンジしてみました!


[6月25日(金)]




P1360022
①高知(451)→多度津(637) 2002D 特急[しまんと2号] 2700系DC2連
 高知駅からは、高知駅を朝一番に発車する特急[しまんと2号]に乗車して多度津駅に向かいました。
 しかし、この時間に高知から岡山・高松方面に特急列車が走っていることに感謝ですね。







P1360029
②多度津(704)→岡山(751) 4M 特急[しおかぜ4号] 8000系5連
 多度津駅からは特急[しおかぜ4号]に乗車して岡山駅に向かいました。
 時間的には特急[しまんと2号]で使いで駅まで向かい、坂出駅から快速[マリンライナー号]の方が(若干)岡山到着が早いのですが、折角、特急の指定席に座っていけるキップでしたので特急[しおかぜ4号]に乗車しました。





P1360033
③岡山(811)→姫路(837) 838A [こだま838号] 700系8連[ひかりレールスター編成]
 山陽線はこの岡山⇔姫路間の普通列車がネックですね…。
 今回は、ちょっと急いでいたため新幹線に乗車しました(近トク1.2.3が発売されているなんて知らなかった~。)。
 [ひかりレールスター]の7・8号車は、2-2列配置のシートですので、ゆったりと座って姫路駅を目指しました。







P1360047
④山陽姫路(842)→尼崎(1018) 直通特急 山陽電車 5600系6連
 姫路駅からは、今回初めて乗車する「山陽電車」で尼崎駅まで向かいました。



P1360036
          PHOTO:山陽電車5600系の車内








P1360057
⑤尼崎(1024)→大阪難波(1044) 阪神電鉄 1000系6連
 尼崎駅からは東花園行きの普通列車で大阪難波駅に向かいました。先行する列車の故障の影響を受け、約5分ほど遅れて大曾か難波駅に到着しました。







P1360058
⑥大阪難波(1110)→伊勢中川(1233) 近鉄特急 30000系4連(ビスタカー)
 当初の予定では、大阪難波駅を11時に発車する特急[ひのとり]に乗車する予定でしたが、前述のとおり、ここまで乗ってきた列車が遅れた関係で、大阪難波駅を11時10分に発車する賢島行き特急に変更し、伊勢中川駅まで乗車しました。




P1360059
           PHOTO:近鉄ビスタカーの車内








P1360063
➆伊勢中川(1237)→近鉄名古屋(1338) 近鉄特急 アーバンライナー
 伊勢中川駅からは反対側のホームに停車している名古屋行き特急に乗り換えて名古屋駅に向かいました。
 列車名を見ておらず、当然のことながら使用されている車両は一般型の車両だと思っていたのですが、なんとアーバンライナーが使用されており、ちょっと得をした気分でした、





[6月27日(日)]

 名古屋での用事を済ませ、往路と同じく近鉄~阪神~山陽電鉄経由で高知に戻ります。





P1360083
①近鉄名古屋(1021)→伊勢中川(1139) 近鉄・急行 5000系他6連
 往路は早く名古屋に着く必要がありましたので特急を利用しましたが、復路は急行で帰ります。




P1360082
     PHOTO:この5000系のシートは柔らかくて好きなシートです。








P1360086
②伊勢中川(1148)→鶴橋(1347) 近鉄・急行 2600系他6連
 伊勢中川駅からは大阪上本町行きの急行に乗車しました。ここから2時間はロングシート車での「修行」です。






P1360099
③鶴橋(1359)→尼崎(1421) 神戸三宮行き急行 阪神電車 9000系8連
 伊勢中川駅から乗った急行を鶴橋駅で降りて、鶴橋駅からは神戸三宮行きの急行列車で尼崎駅に向かいました。







P1360103
④尼崎(1428)→飾磨(1555) 直通特急 阪神電鉄 8000系6連
 尼崎駅からは山陽姫路駅行きの直通特急に乗車します。
 私、てっきり、この直通特急というのは山陽電車が使用されていると思っていたのですが、尼崎から乗車した列車は阪神電車でビックリでした。
 この列車に乗車していれば山陽姫路駅に到着するのですが、折角ここまできましたので山陽電車の網干線の乗車にチャレンジするため飾磨駅で下車します。




P1360110
           PHOTO:阪神電車8000系の車内







P1360111
            PHOTO:行先表示は幕式でした。






P1360107
     PHOTO:須磨海岸付近ではJRの新快速に追い抜かれてしまいました。







P1360115
⑤飾磨(1559)→山陽網干(1616) 山陽電車 3000系3連
 尼崎駅から乗ってきた山陽姫路駅行き直通特急を飾磨駅で降り、山陽電車の全線乗車を果たすため網干線に乗車しました。






P1360121
⑥山陽網干(1622)→飾磨(1637) 山陽電鉄 3000系3連
 山陽網干駅からは、ここまで乗車してきた列車で飾磨駅に戻りました。







P1360126
➆飾磨(1641)→山陽姫路(1645) 直通特急 山陽電車 5600系6連
 飾磨駅からは普通列車で山陽姫路駅に向かいました。







P1360133
⑧姫路(1719)→相生(1744) 863A [こだま863号] 500系8連
 当初の予定では、姫路から相生駅までの間は在来線で…と思っていたのですが、新快速が異音を検知したとのことで運休が発生していたことから、姫路駅から岡山駅までの間は新幹線に乗車しました。







P1360136
➈岡山(1805)→高知(2050) 51D 特急[南風21号] 2700系DC3連
 岡山駅からは特急[南風21号]で高知に戻りました。※多度津→高知間は2007D特急[しまんと7号]を併結



 初めてJRではなく、私鉄を利用して姫路駅⇔名古屋間を乗車してみました。
 今回一番心配していたのが尼崎駅での乗り換えと大阪難波駅での乗り換えだったのですが、非常にわかりやすく、まさに「案ずるより産むが易し」でした。今回は近鉄のエリアを3日間有効のフリーキップを利用したのですが、この区間を「株主優待券」をヤフオクで購入すればもう少し安く行けそうですので、次回はこちらにチャレンジをしてみたいと思います。

 なお、所要時間は、往路が8時間31分、復路が8時間29分でした(復路は須磨線の乗車時間も含んでいます。)。
 キップ代金は、高知⇔高松 トク割キップ6,600円、坂出⇔姫路間・往復キップ6,660円(新幹線代を含む。)、山陽姫路⇔大阪難波間・往復乗車券2,640円、近鉄週末フリーキップ4、200円、近鉄特急料金(往路)1,930円ということで、トータル22,030円でした(意外と高かったなぁ…)。

【乗車日:令和 3年 6月25日(金)及び27日(日)】鉄道コム鉄道コム

◎過去の高知⇔長野の乗車記録はこちらから!
  
  
  
 
 
 
 


↑このページのトップヘ