P1360312
         PHOTO:おっといきなりJR四国のお宝発見!



 「JR多度津工場」は、JR四国唯一の鉄道車両基地・車両工場として、同社が保有する電車・気動車・機関車・貨車の総合的な検査、改造等をはじめ、土佐くろしお鉄道所有の車両の受託検査等も行っている車両工場です。

 この多度津工場内には、国の有形文化財に登録された建物がいくつもあるのですが、大規模な設備更新に伴い、今後、取り壊しが予定されていることもあり、「壊す前に一般公開を…」ということでしょうか、今回、JR四国から「多度津のまち歩きと多度津工場内登録有形文化財特別公開」という見学ツアーがJR四国ツアーから発表されました。

 多度津工場については、例年、「鉄道の日」前後の週末に一般公開が行われているのですが、昨今の事情を鑑みると今年の開催も不明瞭ですし、中に入れば珍しい車両も見ることができるかも?と思い、早速、申し込んでツアーに参加してきました。



 多度津駅には9時44分に到着しました。集合時間(10時30分)までには時間がありましたので、多度津駅の留置線に置いてあるキハ40系の撮影に…と思っていたのですが、いつの間にか姿が見えなくなっていました…。「部品取禁止」の貼紙がありましたので、しばらくは留置されているものと思っていたのですが…(先月の27日には置いてあった気がするのですが…。)
 まあ、無いものは仕方ありませんでしたので、駅前に留置されているSL(58685)、動輪(8620形)や給水塔などを見学してから集合地点に向かいました。



P1360286
   PHOTO:多度津駅前に展示されている8620形蒸気機関車(58685)






  

P1360288
 PHOTO:鉄道発祥の地の記念した8620形動輪と昔使用されていた給水塔碑




 今回の参加者は全員で23名、募集人員が25名ですので、結構参加する人が多いんだ…というのが正直な感想です。注意事項などを聞いてから午前中は多度津の街並みの散策に出かけました。
 初めて訪れた街ですが、意外と古い町並みが残っているんだ…というのが正直な感想でした。




P1360290
        PHOTO:注意事項の説明を受けてから出発します。






P1360291
      PHOTO:多度津町は少林寺拳法の発祥の地…ということです。






P1360293
      PHOTO:古い建物を利用したおしゃれなお店が立ち並びます。







P1360294
      PHOTO:少林寺(左下には武道場が少しだけ写っています。)







P1360295
       PHOTO:日本遺産にも認定されている「合田家住宅」





P1360305
            PHOTO:多度津町立資料館



 古い町並みの散策と多度津町立資料館の見学を終えるとランチタイムです。
 本日の昼食は、多度津藩武家屋敷をリノベーションしたレストラン「家中舎」(「かちゅうしゃ」と読みます。)でいただきました。ここのランチ、最高です!



P1360309
             PHOTO:家中舎の建物






P1360307
         PHOTO:豪華なランチにビックリでした。



 昼食後は、いよいよお目当てのJR四国多度津工場の見学です。
 事前に「写していいものとダメなものがあること。」と「SNSでアップしていいこととダメなこと。」を聞いてから見学に向かいました。





P1360302
        PHOTO:いよいよ多度津工場内に入っていきます。






P1360322
         PHOTO:職場15号(昭和21年)の外観




 

P1360319
        PHOTO:職場15号(昭和21年)の中の構造です。







P1360327
          PHOTO:職場17号(昭和6年)の外観






P1360328
        PHOTO:職場17号(昭和6年)の中の構造です。






P1360331
        PHOTO:倉庫4号(昭和16年)の中の構造です。






P1360332
        PHOTO:倉庫7号(昭和11年)の中の構造です。







P1360338
          PHOTO:詰舎1号(昭和10年)外観






P1360337
     PHOTO:詰舎1号(昭和10年)の中はギャラリーとなっています。






P1360340
         PHOTO:職場34号(昭和14年)の外観






P1360341
        PHOTO:職場34号(昭和14年)の中の構造です。







 …と古い建物を見学しながら、工場見学の途中で撮影した車両をアップさせていただきます。




P1360310
  PHOTO:入り口付近から留置車両を覗くとキハ40系の姿が確認できました。






P1360313
     PHOTO:工場敷地内に置いてある純鉄道記念物のC58 333







P1360323
     PHOTO:トップの画像の反対側にはもう1両のTESがありました。






P1360317
   PHOTO:多度津駅の留置線に置いてあったキハ40系はここにありました。
 ※ここ、もしかすると解体線でしょうか?奥に見える8000系も気になりますね…







P1360324
     PHOTO:アンパンマン車両(いしづち編成)が留置されていました。







P1360326
         PHOTO:何気なく貨車も置いてありました。







P1360325
  PHOTO:つい最近まで高知運所にあった2000系の先頭車と中間車ですね。



 工場見学を終えた後は、多度津駅まで戻って解散となりました。
 参加する前は「街並みの散策と工場見学で6時間もかかるのかな?」と思っていたのですが、色々と説明を聞いたうえで見学をすると、色々と見えない部分もわかり、とても充実した1日でした。



【今回の日程】

P1360285
①高知(801)→多度津(944) 36D 特急[南風6号] 2700系DC3連
 高知からは「赤いアンパンマン列車」で多度津駅に向かいました。





P1360344
②多度津(1655)→高知(1848) 47D 特急[南風17号] 2700系DC3連
 多度津駅からは特急[南風号]に乗車して高知に戻りました。

【見学日:令和 3年 7月10日(土)】鉄道コム鉄道コム