※いよてつ[郊外電車]+坊ちゃん列車+四国鉄道文化館訪問乗車記・その①からの続きです。



P1310078-2
             PHOTO:甦れ!DF50 1号機!!







P1310027
⑧松山市駅(1402)→道後温泉(1422) 坊ちゃん列車
 松山市駅に戻ってきました。当初の予定では、このまま帰るつもりだったのですが、時刻表を見たところちょうど「坊ちゃん列車」の時刻が近かったので、まあ、乗れるか乗れないかわからなかったのですがダメ元で市内電車の松山市駅で「坊ちゃん列車」を待つことにしました。
 幸い、「坊ちゃん列車」の乗車口には1人しか待っておらず、難なく乗車することはできそうです(発車の10分くらい前には満席になりましたので、乗車をしたい方は少し早めに並んだほうが良さそうです。)。

 さて、ここから乗車する「坊ちゃん列車」は、非電化・軽便鉄道時代の伊予鉄道に在籍していた蒸気機関車やその機関車が牽引していた客車のことで、夏目漱石の小説「坊つちゃん」の中で、軽便鉄道時代の伊予鉄道が「マッチ箱のような汽車」として登場しており、四国・松山の中学校に赴任する主人公の坊つちゃんがこれに乗ったことから「坊ちゃん列車」と呼ばれるようになったとのことです。ただ、現在では「坊ちゃん列車」と呼ばれているのは、2001年から伊予鉄道において復元運行された列車のことを言うようです。

 この坊ちゃん列車、見た目は蒸気機関車が牽引しているように見えますが、実際の動力は蒸気ではなくディーゼル機関であり、蒸気機関車ならではのドラフト音は車外に設置してあるスピーカーによって鳴らす方式を採用、煙突からは水蒸気を使用したダミーの煙を出す発煙装置を採用するなどの工夫がなされています。

 坊ちゃん列車は、機関車が客車をけん引していますので、到着駅では機関車の入換作業(機回し)が必要となりますが、スペースなどの関係で交換用の機関車やターンテーブルを設けることは難しいため、独特の方法で機回しを行っています。具体的には、機関車の下部に軌道モーターカーと同じ方向転換装置(油圧ジャッキ)が内蔵されており、入換時には客車を切り離した後でこの方向転換装置を動作して機関車全体を持ち上げ、人力で機関車を180度転回させてからジャッキを下ろして、人力で客車を機関車の後方に移動させてから再連結するという作業を行います。今回、私はこのシーンを目の前でしっかりと見てから乗車しました(松山市駅では狭い場所で行いますので、乗車の列に並んだ状態で見ることができます。)。

 甲高い汽笛を発しながら松山市駅を発車した「坊ちゃん列車」は、意外と早いスビートで松山市内を走っていきます(そうしないと他の市内電車の邪魔になるからでしょうね…。)。街を行く人も珍しい列車が来たということで手を振ってくれますので、乗車している人もそれに応えながらの乗車が続きます。
 市内電車に乗った時には「揺れが少なくて乗り心地が良いなぁ…」と感じたのですが、「坊ちゃん列車」の客車は2軸の車両と言うこととホイールベースが短いため、市内電車のような「なめらかな乗り心地」ではなく「荒れた乗り心地」ですが、まあ、そんなことに文句を言う人もおらず、ガタゴト・ギシギシと楽しい20分間の乗車で「坊ちゃん列車」は道後温泉駅に到着しました。



P1310023
  PHOTO:松山市駅には「坊ちゃん列車」の乗車口があります(ここに並んで待ちます。)。






P1310038
                PHOTO:機関車の運転席






P1310029
              PHOTO:客車の車内(木造です。)






P1310032
        PHOTO:愛媛県庁の庁舎を見ながら道後温泉駅を目指します。






P1310034
           PHOTO:道後温泉駅に到着した「坊ちゃん列車」







        
           VIDEO:松山市駅に到着する「坊ちゃん列車







        
            VIDEO:「坊ちゃん列車」機回しシーン






        
          VIDEO:道後温泉駅に到着した「坊ちゃん列車」








P1310036
➈道後温泉(1440)→JR松山駅前(1502) 5000系
 「坊ちゃん列車」に乗車して道後温泉までやって来ました。ですが、特に道後温泉には用事はありませんので市内電車でJR松山駅に戻りました。








P1310041
➉松山(1528)→伊予西条(1627) 24M 特急[しおかぜ24号][いしづち24号] 8600系8連
 松山駅からは、特急[しおかぜ24号]のグリーン車で伊予西条駅に向かいました。
 最新鋭の8600系のグリーン車ということで、可動式のピロー、読書灯、電動式のオットマンなども備えられており素晴らしい装備なんですが、なぜリクライングだけは手動なのでしょうか…?また、四国島内を走る特急車両のグリーン車は、2列-1列の配置になっているのですが、土讃線も予讃線も景色が良いのは2列側の席…というのが残念というか、何というべきか…ですね。



P1310042
             PHOTO:8600系グリーン車の車内





★四国鉄道文化館見学
 特急[しおかぜ24号]を伊予西条駅で下車したのは、この駅に隣接されている「四国鉄道文化館」を見学したかったからです。この「四国鉄道文化館」は、伊予西条駅の東隣に位置する「鉄道歴史パークinSAIJO」を構成する施設で、駅の北側(北館)と南側(南館)の2か所にあります。入館時間が17時までということで、わずかな時間ではありましたが貴重な車両の見学をすることができました。



①北館の展示車両
 北館には0件新幹線と私がどうしても見たかったDF50ディーゼル機関車のトップナンバーが保存されています(0系新幹線は1/3程度ですが…)。




P1310072
         PHOTO:伊予西条駅の北側にある四国鉄道文化館・北館






P1310046
         PHOTO:展示されているのは0系新幹線とDF50の2両






P1310080
           PHOTO:少し上から見学することも可能です。






P1310045
                PHOTO:0系新幹線






P1310051
       PHOTO:新幹線の車内(デビュー当時の内装ではないと思います。)






P1310052
              PHOTO:0系新幹線の運転席






P1310043
      PHOTO:私が高校生時代追いかけまわったDF50が目の前にあります。






P1310049
                PHOTO:反対側から…






P1310081
                PHOTO:少し上から…






P1310048
               PHOTO:DF50の運転席






P1310075
        PHOTO:DF50が入っている場所からは線路が伸びています。






P1310076
       PHOTO:ただ、本線に入るためには、ちょっと障害があるようです。





➁十河信二記念館
 北館に隣接されているのが「十河信二記念館」で、この十河信二さんという方はこの地方の出身で第4代の国鉄総裁として新幹線導入に尽力した…ということで、新幹線の無い四国に新幹線を展示している…ということのようです。




P1310074
           PHOTO:北館に隣接されている十河信二記念館





③南館の展示車両
 駅を挟んで反対側に「南館」があり、こちらには屋外展示のフリーゲージトレインのほか、DE10、キハ65、C57が展示されているほかジオラマなどが展示されています。




P1310055
             PHOTO:フリーゲージトレインと南館







P1310056
           PHOTO:フリーゲージトレイン第二次試験車







P1310058
          PHOTO:DE10型ディーゼル機関車のトップナンバー






P1310062
       PHOTO:DE10もいよいよ貴重な国鉄型車両となりつつあります。






P1310060
           PHOTO:中央にはキハ65が展示されています。






P1310061
          PHOTO:車内はアコモ改善がされているようです。






P1310064
             PHOTO:狭くて全部移すことが難しい…






P1310059
         PHOTO:C57 44号機も黒光りして鎮座しています。






P1310057
       PHOTO:DE10とキハ65の車庫からは線路が伸びています。



 あまり時間が無くてザクっとしか見ることができませんでしたが、逆に人が少なくて写真を撮るには最高でした。まあ、しばらくは四国にいると思いますので、また、機会があれば訪ねたいと思いますし、私が四国にいる間にぜひDF50が走るシーンを見たいなぁ…と思っています。





P1310082
⑪伊予西条(1728)→宇多津(1834) 26M 特急[しおかぜ24号][いしづち24号] 8000系8連
 伊予西条駅からは後続の特急[しおかぜ24号]で宇多津駅まで移動しました。
 今回は8000系のグリーン車に乗車しましたが、他のグリーン車同様、2列-1列のシート配置は同じなのですが、8600系や27000系は4列12席ですが、8000系は6列18席と、ちょっとグリーン車の座席数が多い車両となっていました。




P1310083
              PHOTO:8000系グリーン車の車内






P1310084
      PHOTO:宇多津駅で[いしづち24号]分割された[しおかぜ24号]







P1310085
⑫宇多津(1842)→高知(2050) 51D 特急[南風21号] 2700系5連
※多度津駅からは特急[しまんと7号]を併結
 本日の「乗り鉄」の最終ランナーは、朝と同じく2700系DCのグリーン車で高知に戻ったのですが、途中、繁藤駅の手前で赤信号による停車、同じく繁藤駅での赤信号での停車(原因については案内放送なし)があり、結局、高知駅には約10分程遅れての到着となりました。



P1310086
               PHOTO:2700系グリーン車の車内



 当初予定したのは「いよてつ」の郊外線の乗車と四国鉄道文化館の見学だけだったのですが、時刻表を調べていくうちに『「坊ちゃん列車」にも乗れるかも…。』ということで、前日になって予定の変更を思い立ちました。
 ただ、心配だったのは「坊ちゃん列車」に乗ることができるのか?ということだったのですが、「案ずるよりも産むが易し」の諺どおり、ちょっと早めに並べば十分乗車が可能でしたので、なんとか変更した予定で「乗り鉄」も見学もすることができました。
 さあ、これで四国島内の列車等で乗っていないのは、「いよてつ」の市内線で平日しか運転されない「本町線」だけになりました。ただ、平日のみの運転ですので、果たしていつ乗車ができるのか…?



img025
               PHOTO:今回使用した乗車券類①






img027
               PHOTO:今回使用した乗車券類➁





img028
               PHOTO:今回使用した乗車券類③


【乗車日:令和 2年11月22日(日)】鉄道コム

【乗車日:令和 2年11月22日(日)】鉄道コム


 平成25年・冬の青春18キップ旅行記(H25.12.31~H26.1.2)③四国でDCの旅を満喫