久しぶりに長野に戻ってきましたので、自宅付近にある廃車置場に行ってきました。
 本日(9/28)の長野総合車両センター廃車置場の様子です(午前中の観察です。)。


 今月の初めには最期の251系が運ばれてきて、廃車置場に残っている189系、改造前のE257系との奇跡のような3並びが実現していたのですが、251系の解体作業もだいぶ進んでいるようで、廃車置場からは251系の中間車と解体線に入っている姿しか見えなくなってしまいました。

 251系に代わって廃車置場にはホキ車が置いてありますが、これはこれで貴重だとは思いますが黒い車体は「見栄え」がしませんね…。

 廃車置場は画面左からE233系、ホキ車、189系、251系、253系、クモユニ145+115系と並んでいます。



P1290865
        PHOTO:251系の解体作業もだいぶ進んで進んでいるようです。

【観察日:令和 2年 9月28日(月)】鉄道コム