P1280215
          PHOTO:八日市駅に停車中の新形式車輛・300形


<strong> 今年も「夏の青春18キップ」の季節となりました。ちょっとコロナウイルスの感染拡大が気になるところですが、人ごみや密室空間に閉じこもっているより空気が循環されている列車や混雑していない場所に1人で行くなら、街中にいるよりは安全だろう…ということで「乗り鉄」に行くことにしました。
 そうはいっても1つの列車に長時間乗っているのも…ということで、名古屋から1時間程度で行くことができる近江鉄道の乗車にチャレンジすることにしました。近江鉄道については、すでに全線乗車は果たしているところですが、その後、気になる列車が2本誕生していることから、今回はその2本に乗れれば…と思って行ってきました。




①名古屋(537)→大垣(616) 301F 313系4連
 名古屋からは、私が住んでいる中央線の1番列車から乗り継げる1番早い列車で大垣駅を目指します。
 この列車、青春18キップ期間中ともなると大混雑する列車なのですが、さすがに今日は平日ということもあるのでしょうか、中央線の列車を降りて乗り継いでも余裕で座っていくことができました。と






P1280209
②大垣(620)→米原(655) 205F 313系6連
 大垣では恒例の「大垣ダッシュ」です。ただ、ここまで乗ってきた列車もさほど混んでおらず、また、乗り継ぐ列車も313系の6連ということで、楽々と座席を確保することができました(でも「すわれるか?」と考えること自体、心理的に嫌ですね…)。
 ※以前は、乗り継ぐ車両が311系4連だったような気がするのですが…。






P1280210
③米原(700)→八日市(756) 1903列車 800系2連
 米原駅に到着しました。ここからは近江鉄道に乗車します。本当は米原駅で近江鉄道のフリーきっぷを購入したいところですが、この時間帯は米原駅には(近江鉄道の)駅員さんがいないため、とりあえず近江八幡行きの列車に乗車して、彦根駅での停車時間を利用してフリーきっぷを購入することにします(これ、認められていますので無賃乗車ではありません。)。
 彦根駅にある近江鉄道の車両基地に、「乗りたい!」と思っている900形の姿は確認できませんでしたので、どこかの路線を走っていることには間違いなさそうなため、とりあえずこのまま先を目指して乗車を続けます。

 学校が夏休み期間に入っているので、さほど混まないと思っていたのですが、やはりクラブ等の課外活動に向かう学生さんを中心に座席はほぼ埋まった状態となり、途中駅からもどんどんと乗客が乗ってきて、混雑した状態で八日市駅に到着します。私もこの駅で多くの学生さんたちと一緒に下車しました(後で考えたところ、まだ、高校が夏休みに入っていないような感じでした…)。


P1280211
          PHOTO:彦根駅には近江鉄道の車両基地があります。






P1280219
④八日市(843)→貴生川(924) 5809列車 300形2連
 八日市駅では1本列車を見送ったのち、八日市駅を8時43分に発車する列車で貴生川駅を目指します。なぜ、1本列車を見送ったかというと、この8時43分発の列車に今回乗りたかったもう1本の列車である300形が使用されるからです。

 これから乗車する300形ですが、近江鉄道では7年ぶりの登場した新形式の車両で、西武鉄道から譲り受けた3000形電車をワンマン運転に改造した車両です。外観は西武時代の黄色から近江鉄道の100形と同じ「オリエントブルー」に変更されたほか、近江鉄道では初めて採用された案内表示器が乗降用扉の上部に設置されています。なお、8月中は新型車両誕生を記念したヘッドマークを掲出して運転が行われるようです。

 通勤・通学時間も過ぎたこともあり、閑散とした状態で八日市駅を発車しました。その後、列車は田園地帯の中を走り、途中駅で乗客を下ろしながら進んでいきます。結局、終着の貴生川駅で降りた人は私を含めて2名(乗りとおしたのは私だけでした。)だけでした。

 さて、近江鉄道では7年ぶりの新形式車輛300形ですが、地方私鉄としてはLEDの行先表示やデジタルサイネージの導入、車内カメラの装着など新しい技術は投入されています。ただ、さすがに中古車両と言うことで、見た目の運転機器類や肝心の乗り心地であるとかは「まあ、それなりだよね…」という感じでした。
 ただ車内は明るく綺麗ですし、なによりも100形から導入されたブルーの塗色が緑豊かな沿線にとてもマッチしており、近江鉄道の明るい未来を表しているように思えました。



P1280220
            PHOTO:デビュー記念のヘッドマーク





P1280216
                PHOTO:300形の車内





P1280217
      PHOTO:ドアの上部には小さなデジタルサイネージが装着されています。





P1280218
             PHOTO:行先表示もLED表示です。





P1280225
           PHOTO:300形の運転席はこんな感じです。




P1280222
          PHOTO:貴生川駅はJRと信楽鉄道の乗換駅です。



      




P1280223
⑤貴生川(935)→高宮(1101) 8200列車 300形2連
 貴生川駅からは、今まで乗車してきた列車で高宮駅に戻りました。この列車、このまま乗っていると彦根駅まで行くのですが、実は朝、八日市駅まで乗車た列車の中で五箇荘駅で900形にすれ違っていました。もしかするとこの次に高宮駅に到着する列車に900形が入るのではと予想をしていたのですが…残念ながら800形でしたので、今日のところは900形の乗車を諦めて帰ることにしました。



P1280227
       PHOTO:八日市駅では「お~い、お茶」編成とも顔を合わせました。





P1280231
     PHOTO:高宮駅には西武鉄道の3000形6連が1編成留置されていました。






P1280232
⑥高宮(1137)→米原(1207) 8102列車 800形2連 
 高宮駅からは後続の800形2連に乗車して米原駅に戻りました。





P1280233
➆米原(1230)→大垣(1302) 216F 313系4連
 大垣行きの列車が4両?大丈夫?と思ったのですが、さすがに平日の昼間ということで余裕で座っていきことができました。





P1280234
⑧大垣(1311)→名古屋(1343) 2334F 新快速 313系8
 いつもなら混雑を嫌って1本遅い列車に乗るところですが、さすがに平日ということでこちらも余裕で座って帰ることができました。



 残念ながら900形には乗車することが出来ませんでしたが、8月1日にデビューしたばかりの新形式車輛の300形に無事乗車することができました。
 色々と話題や課題のある近江鉄道さんのようですが、社員の方は皆さん明るく親切に対応される方ばかりでしたので、この新形式の300形のデビューという明るい話題が会社全体の流れを変えるきっかけになれば…と思いました。900形には、また、近いうちにチャレンジしたと思っています。


【乗車日:令和 2年 8月 7日(金)】鉄道コム

◎過去の「近江鉄道」の乗車記はこちらから!