TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

2022年05月

 今朝もちょっと早起きをして自宅近くを走る京浜急行の撮影をしてきました。

 今回の撮影場所は歩道橋からの上からで、惜しいことにちょっと架線が写真に入ってしまうのですが、品川駅-新番場駅間の高架化が完成すると、このような写真は撮れなくなってしまいますので、ご興味のある方は今のうちに…



1000形636編成(普通)
             PHOTO:1000形 普通





2100形72編成(急行)
             PHOTO:2100形 急行






5500
           PHOTO:都営地下鉄 5500形






京成3100形
            PHOTO:京成電鉄 3100形





P1420544
             PHOTO:北品川駅と一緒に…






P1420524
     PHOTO:こんなガチャガチャした写真もいつか思い出になるかも…

※撮影場所:北品川駅付近

【撮影日:令和 4年 5月22日(日)】
鉄道コム鉄道コム鉄道コム


過去の京浜急行の撮影記はこちらから!

 
 
 
 

P1420506
         PHOTO:西高島平駅に到着する6300形6連



 生まれも育ちも長野県(JR東日本管内)なのですが、まだ、JR東日本エリアには乗ったことのない鉄道路線山ほどあります。
 少しづつ乗りつぶしを…ということを考えているところですが、今回はJR路線の乗りつぶしからはちょっと外れ、東京の地名と地理や街の位置関係を知るために都営地下鉄・三田線に乗車してきました。




P1420499
★目黒(1306)→西高島平(1359) 8300形6連 
 りんかい線で大崎駅へ、大崎駅からは山手線に乗り替えて目黒駅まで来ました。
 ここ、目黒駅からは都営地下鉄・三田線に乗車して西高島平駅を目指します。


 これから乗車する東京都営地下鉄三田線ですが、東京都品川区の目黒駅から東京都板橋区の西高島平駅を結ぶ全長が26.5kmの鉄道路線です。「三田線」という名称は、名称制定時の終着駅である「三田」からきており、ラインカラーはブルーとなっています。


 この三田線は、先ほど乗車していた有楽町線とは異なり、何処まで行っても混雑が続くという感じでした。ただ、この三田線は6両編成の車両が使用されていますので、その辺も混雑状況に影響しているのでは…と感じました。



P1420502
            PHOTO:6300形の車内






P1420503
       PHOTO:高島平駅に到着した6300形(右の車両は?)





P1420500
     PHOTO:高島平駅に近づくと団地・マンションが林立してます。






P1420505
            PHOTO:終着駅の西高島平駅




 これで都営地下鉄「三田線」の乗車乗車が完了しました。


※乗車日は5月15日(日)です。

【乗車日:令和 4年 5月19日(木)】
鉄道コム鉄道コム鉄道コム

P1420495
★新木場(1230)→大崎(1250) 70-000形10連
 新木場駅まで東京メトロ・有楽町線に乗ってきました。ここからは東京臨海高速鉄道・りんかい線に乗車して大崎駅を目指します。
 このりんかい線にはJRのE233系も走っていますので、どうせ乗車するなら東京臨海高速鉄道の70-000形に乗りたいなぁ…と思っていたところ、りんかい線のホームに向かったところ、大崎駅行きの列車に70-000形が入っていましたので、待つことなく70-000形に乗車することができました。


 「りんかい線」は、東京都江東区の新木場駅から品川区の大崎駅までを結ぶ、全長12.2kmの東京臨海高速鉄道(TWR)の鉄道路線です。この路線の計画・開業時段階では「臨海副都心線」という名称でしたが、2000年からは一般公募によって決定された「りんかい線」という名称を使用しているようです。
 この「りんかい線」は、JRの大崎駅で接続していることから、JR東日本の埼京線・川越駅と相互直通運転を行っています。なお、「りんかい線」の大半は地下を走っているのですが、国土交通省の統計資料では地下鉄としては扱われていないという、ちょっと不思議な路線でもあります。


 「りんかい線」で使用される車輛は、自社の70-000形と前述のとおりJR東日本のE233系7000番台車が使用されています。70-000形のベースとなったと車両はJR東日本の209系ですので、デビューから30年近くが経過していますので、ぼちぼち後継車両のうわさが出ても不思議ではないと思うのですが…。





P1420487
     PHOTO:70-000形の車内(めちゃくちゃ綺麗な車内でした。)






P1420490
       PHOTO:国際展示場の手前までは地上区間を走ります。






P1420493
           PHOTO:りんかい線の駅数は8駅のみ





P1420496
        PHOTO:りんかい線に使用される車輛はこの2種類




 これで東京高速臨海鉄道「りんかい線」の全線乗車が終了しました…と思っていたのですが、今日、列車に乗ったところ「以前乗ったことがある…」ということを思い出しました。



※乗車日は5月15日(日)です。

【乗車日:令和 4年 5月18日(水)】
鉄道コム鉄道コム鉄道コム

P1420478
          PHOTO:和光市駅に到着する10000系


 生まれも育ちも長野県(JR東日本管内)なのですが、まだ、JR東日本エリアには乗ったことのない鉄道路線山ほどあります。
 少しづつ乗りつぶしを…ということを考えているところですが、今回はJR路線の乗りつぶしからはちょっと外れ、東京の地名と地理や街の位置関係を知るために東京メトロの有楽町線に乗車してきました。




P1420483
★和光市(1121)→新木場(1216) 10000系10連
 東京メトロ副都心線で和光市駅に到着しました。
 ここからは東京メトロ「有楽町線」に乗り替えて新木場駅を目指します。


 これから乗車する東京メトロ有楽町線は、埼玉県和光市の和光市駅から東京都江東区の新木場駅を結ぶ全長が28.3kmの鉄道路線です。池袋駅までの間は、先ほどまで乗車してきた副都心線と同じ区間を走り、池袋駅からは東京のど真ん中を走り抜けで臨海エリアへ向かう…というルートのようです。
 「有楽町線」という名称は、銀座に隣接する有楽町駅に接続しているところからきており、ラインカラーはゴールドとなっています(ゴールドとブラウンの区別が難しいなぁ…)。



 池袋駅から東京の名だたる駅を通っていくので混雑を予想していたのですが、ほとんど混雑らしい混雑も無く終点の新木場駅に到着し、ちょっと拍子抜けの感じでした(まぁ、今日は休日の昼間ですからね…)。



P1420460
            PHOTO:スタートは和光市駅から






P1420484
             PHOTO:10000系の車内






P1420486
              PHOTO:終点の新木場駅




 これで東京メトロ「有楽町線」の全線乗車が完了しました。


※乗車日は5月15日(日)です。

【乗車日:令和 4年 5月17日(火)】
鉄道コム鉄道コム鉄道コム

 生まれも育ちも長野県(JR東日本管内)なのですが、まだ、JR東日本エリアには乗ったことのない鉄道路線山ほどあります。
 少しづつ乗りつぶしを…ということを考えているところですが、今回はJR路線の乗りつぶしからはちょっと外れ、東京の地名と地理や街の位置関係を知るために東京メトロの副都心線に乗車してきました。



P1420459
★渋谷(1022)→和光市(1100) 17000系8連
 JR渋谷駅で降りて駅前の地下鉄入口から歩くこと約5分、ようやく副都心線の改札口にたどり着きました(とても同じ「渋谷駅」とは思えない距離なんですが…)。
 
 
 さて、ここから乗車する東京メトロ副都心線ですが、ここの東京都渋谷区の渋谷駅からは埼玉県和光市の和光市駅を結ぶ全長が11.9kmの鉄道路線です(有楽町線と線路を共有する和光市駅-小竹向井原駅間を除いた距離です。)。
 「副都心線」という名称は池袋、新宿、渋谷の三大副都心を縦断路線のイメージからきており、ラインカラーはブラウンとなっています。


 渋谷駅から乗車時した時には混雑していた車内ですが、東新宿駅、雑司ヶ谷駅、池袋駅で全員が降りてしまい、先頭1号車は私と池袋駅から乗ってきた方の2名のみという状況がしばらく続きましたが、終着の和光市駅に向かうにつれて徐々に乗客が一度増えたのですが、結局、それらの乗客も終着の和光市駅まで乗り通した乗客はいませんでした。





P1420444
           PHOTO:渋谷駅前の地下鉄入口






P1420445
        PHOTO:副都心線の改札口(ずいぶん歩いたなぁ…)






P1420456
            PHOTO:17000系の車内






P1420460
            PHOTO:終点の和光市駅


 
 何はともあれ「東京メトロ・副都心線」の全線乗車が完了しました。


※乗車日は5月15日(日)です。

【乗車日:令和 4年 5月16日(月)】
鉄道コム鉄道コム鉄道コム

↑このページのトップヘ