TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

2022年03月

P1410079
         PHOTO:名古屋駅に侵入する特急[しらさぎ5号]



 東海道本線を大垣駅から米原方面に向けて乗車していると、垂井駅を過ぎた直後に線路が右方向に分岐していき、関ヶ原駅の手前で合流するシーンを見ることができます。
 ここは「新垂井線」と言い、原則として特急列車と貨物列車が使用する路線で、普通列車や快速列車については垂井駅経由となっているため、なかなか乗車することが難しい路線ともなっています。
 私も過去に2度ほど乗車した記憶があるのですが、しっかりとした乗車記になっていないことから、今回、改めて乗車をしてきました。




P1410083
★名古屋(948)→米原(1048) 5M 特急[しらさぎ5号] 681系6連
 豊橋駅から乗ってきた特別快速を名古屋駅で降り、名古屋駅から米原駅まで特急[しらさぎ5号]に乗車して新垂井線の乗車にチャレンジします。
 特急[しらさぎ5号]は神宮駅から回送されてきて、9時40分頃に名古屋駅の4番線ホームに入線します。発車までの時間を使って列車の撮影を行ってから車内へと入ります。グリーン車の大型シートに身体を預けてリラックスしていると特急[しらさぎ5号]はスムーズにそして静かに名古屋駅を発車していきます。列車密度が高いせいでしょうか、特急[しらさぎ5号]はさほど速度を上げずに進んで行きます。稲沢駅を過ぎたころから特急らしい走りで進んで行きますが、途中、尾張一宮駅、岐阜駅と特別快速と同じように小まめに停車するため、乗っていると「もっと長い時間走ってほしい!」という気持ちになります。



P1410085
           PHOTO:681系グリーン車の車内






P1410086
         PHOTO:大きなシートで体を包んでくれます。



 大垣駅に到着すると、いよいよ新垂井線への乗車となります。
 この「新垂井線」のある大垣-米原間は、関ヶ原、伊吹山越えの難所と知られ、垂井駅-関ケ原間、ほぼ直線でありながら20~25‰の急勾配が連続しています。そのため下り列車(大垣から米原方面に向かう列車)は上り勾配が続くため、大垣駅-南荒尾信号場-関ケ原駅間のうち、南荒尾信号場-関ケ原駅間は急勾配緩和のために単線で下り線専用の路線が建設され、この路線の途中には新垂井駅が設けられていたことから「新垂井線」と呼ばれるようになりました(現在は新垂井駅は廃止されています。)。


 大垣駅を発車した特急[しらさぎ5号]は、大垣電車区を見ながら速度を上げていきます。しばらくすると東海道線を左手に見ながら大きく右方向に進路を変えて新垂井線へと入っていきます。下り磨暑う列車が使用する垂井線は関ケ原の山の中に入っていく感じですが、新垂井線はしばらくの間、垂井の街中を走り、その後、山の裾野に沿って大きく迂回をしながら勾配を緩和していることが路線状況からわかります。


 迂回路線をしばらく走っていると左手に東海道線が近づいてくるのかわかります。今度は東海道線を跨ぐ形で越え、大きく右に進路を変えて、関ヶ原駅の手前で再び東海道線と合流して進んで行きます。
 この後は、他の列車同様に東海道線を進んで、進行方向右手に車両基地が見えてくると米原駅に到着し、無事に新垂井線の乗車が終了しました。




P1410092
         PHOTO:大垣電車区を見ながら進んで行きます。






P1410093
      PHOTO:東海道線を左手に見ながら右方向に進んで行きます。






P1410101
           PHOTO:垂井の街中を走っていきます。






P1410102
        PHOTO:その後、山すそに沿って進んで行きます。






P1410109
         PHOTO:関ケ原駅の手前で東海道線を跨ぎます。






P1410110
         PHOTO:その後、東海道線と合流をします。






P1410114
          PHOTO:関ケ原駅を通過していきます。



 久しぶりに新垂井線の乗車をしました。途中、新垂井駅の形跡を見つけようと車窓に注意をしていたのですが、ついにわからずじまいでした。でも、もしかするとこの新垂井線、JR東海のお宝路線になるかもしれない…と思っているのは私だけでしょうか?



P1410084
       PHOTO:681系と言えばこちら側の先頭車ですよね…

            ※名古屋方の1号車グリーン車です。





img067
           PHOTO:本日使用した指定席券


【乗車日:令和 4年 3月21日(月)】鉄道コム
鉄道コム
鉄道コム

 先週に引き続き、本日の「高知運転所・本日の車両配置状況」です。

 特に珍しい車両はありませんが、それでも四国や高知に来なければ見ることができない車両などをアップせていただいています。


P1410180
         PHOTO:本日の
高知運転所の車両配置状況です。







P1410177
       PHOTO:高圧のエアを吹きかけて綺麗にしていました。






P1410182
   PHOTO:高知だと珍しくないキハ32ですが、四国だけの配置車両です。






P1410179
    PHOTO:アンパンマン列車の増結車両、2色揃っているのも珍しいです。


 高知運転所にはあまり珍しい車両はありませんでしたが、私の大好きなディーゼルカーを山ほど見ることができて(ここに来るたびに)幸せを感じていました。
 ここを見ることができるのも、今日が最後かな…。

【観察日:令和 4年 3月23日(水)】鉄道コム
鉄道コム
鉄道コム

P1410004
    PHOTO:ラッキーなことに、早速JR東海の315系に乗車できました。


 所要のため自宅のある「長野市」に帰省をしました。

 基本的には高知⇔岡山間を特急[南風号]、岡山⇔名古屋間を[のぞみ号]、名古屋⇔長野間を特急[しなの号]というパターンが一番早い(でも、乗り継ぎの時間を考慮すると8時間以上はかかりますが…)のですが、これだと往復の料金が約37,000円にもなってしまいますので、なんとか安く…でも早く…ということで、帰省の都度、乗車記録を残してみることにしました。


 1回目は往復24時間で約31,000円
 2回目は往復26時間で約23,000円(往路は青春18キップ利用)
 3回目は往復27時間で約12,000円(往復とも青春18キップが中心)
 4回目は往復28時間で約29,030円(普通キップ利用)
 5回目は往復28時間で約16,880円(往復とも青春18キップが中心)
 6回目は往復39時間で約48,260円(往路寝台特急、復路も特急利用)
 7回目は往復17時間で約34,000円(往復とも特急・新幹線利用)
 8回目は往復29時間で約35,000円(復路は新幹線で東京経由)
 9回目は往復28時間で約34,600円(復路は東京経由の新幹線利用)
 10回目は往復29時間で約16,000円(往復とも青春18キップが中心)
 前回、11回目(R3.12月)は、往復とも青春18キップを使用ということで所要時間が30時間、料金は15,810円でした。

 今回も「青春18キップ」が中心ですが、帰路は所要のため東京経由(1泊2日)の行程で往復してきました。




【往路:3月18日(金)】




P1400845
①高知(451)→坂出(647) 2002D 特急[しまんと2号] 2700系DC2連
 今回の帰省もトップランナーは特急[しまんと2号]です。
 この列車に乗って瀬戸大橋の四国側の玄関口駅となる坂出駅まで乗車しました。しかし、JR四国には「トク割り回数券」という非常に安いキップがって助かっています。







マリン
※本日乗車した列車の写真ではありません。
②坂出(701)→岡山(746) 3108M 快速[マリンライナー8号] 5000系3連+223系4連
 坂出駅からは快速[マリンライナー8号]に乗車して岡山駅に向かいました。
 ここからは青春18キップを使って…と思っていたのですが、普通車指定席の窓側がすべて埋まっていましたので、今回は乗車券を購入してグリーン車に乗車しました(平日なので通勤客が利用しているのでしょうか…)。







P1400847
③岡山(809)→相生(921) 1306M 115系7連
 岡山駅からは相生行きの普通列車で相生駅を目指しました。
 ダイヤ改正後も115系が使用されていましたが、岡山地区の115系も置き換えが発表されていますので、乗るなら今のうちかもしれませんね…。
 土・休日は結構、混雑するこの列車ですが、今日は平日ということもあり、また、通勤・通学の時間帯から外れていることもあるのでしょうか、和気駅から終点の相生駅までは私の貸切車両でした。
 


P1400848
        PHOTO:転換クロスシートの115系の車内






P1400849
④相生(926)→姫路(946) 944M 225系4連
 相生駅からは姫路行きの普通列車に乗車します。
 ダイヤ改正前までは、平日8両、土・休日4両だったような気がするのですが、どうやら平日も4両になってしまったようです。ドア脇の補助シートに座って姫路駅まで乗車しました。






P1400859
⑤姫路(956)→大津(1140) 3444M 新快速 223系+225系12連
 姫路駅からは新快速に乗車して大津駅を目指します(当初、草津まで乗車する予定でしたが、途中の大津駅で乗り換えることにしました。)。
 以前なら、この列車でそのまま米原駅まで行けたのですが、新快速減便の影響で行先までも変わってしまいました。滅茶苦茶不便になったダイヤ改正です。




P1400860
      PHOTO:米原行きから草津行きになってしまった新快速







P1400871
⑥大津(1146)→米原(1244) 748T 223系8連
 大津からは後続の普通列車で米原駅を目指しました。
 先ほどまで乗車していた新快速はガラガラでしたが、こちらは編成が短いことももあり結構な混雑でした。






P1400877
➆米原(1300)→大垣(1335) 218F 313系4連
 米原駅からは大垣行きの普通列車に乗車しました。
 あいかわらずホームは離れているし、編成は短いし、JR東海ですね…。






P1400878
⑧大垣(1341)→名古屋(1413) 2326F 新快速 313系8連
 大垣駅からは豊橋行きの新快速に乗車して名古屋駅に向かいました。
 この編成をそのまま米原駅に入れてくれれば、不要な乗り換えをしなくても良いのですが…。






P1400880
➈名古屋(1424)→中津川(1540) 2727M 快速 315系8連
 名古屋駅からは新車投入後、1週間しかたっていない315系に乗車して中津川駅に向かいました(超ラッキー出した。)。






P1410009
➉中津川(1657)→松本(1911) 1837M 313系2連
 中津川駅からは松本行きの普通列車に乗車しました(この区間、列車本数も少ないし、それ以上に列車が遅いですねぇ…)。







P1410010
⑪松本(1914)→長野(2027) 1547M 211系3連
 松本駅では階段ダッシュで長野行きに乗り替えて、無事、長野に到着しました。
 この列車、ちょうど帰宅ラッシュの時間帯ということで、坂北駅までは立ったままの乗車でした(今日は平日ですから仕方ないですね。)。


 往路の所要時間は15時間36分、所要経費は7,700円(トク割回数券(高知⇔高松)3,150円、青春18キップ2,410円、マリンライナー指定席券1,000円、坂出→岡山乗車券1,140円)でした。




【復路・その①:3月20日(日)】




P1410029
①長野(816)→松本(936) 1236M 211系3連
 長野での滞在を終えて、1泊2日の行程で高知のアパートに戻ります。長野からは211系3連を使用する松本行きに乗車するのですが、ダイヤ改正前までは長野駅に6両(3B×2)で到着し、その後、編成を分割して片方の編成が松本行きとなっていたのですが、ダイヤ改正からでしょうか松本からの列車は3両で2番線に到着、松本行きの普通列車は留置線から5番線に入線するという形になっていました(土・休日のみの対応かもしれません。)。






P1410040
②松本(939)→高尾(1318) 434M 211系6連
 松本駅では3分の接続で高尾行きの普通列車に乗車します。
 久しぶりの中央東線の旅、ボックスシートに座ってゆっくりと楽しみました。






P1410042
③高尾(1331)→新宿(1414) 1332T E233系10連
 高尾駅からは快速列車を1本見送って、後続の中央特快に乗車して新宿駅に向かいました。
 新宿到着後は、都内で所用を果たします。



P1410041
             PHOTO:E233系の車内






P1410048
④東京(1657)→熱海(1844) 1589E E231系15連
 都内での所用を済ませ、再び、高知を目指します。
 東京からはE231系のグリーン車で熱海駅に向かいました。1本前の小田原行きのグリーン車は大混雑でしたが、なぜかこの列車はグリーン車も普通車も全体的に空いていて、おかげで平屋席にゆっくりと座っていくことがてきました(大きな荷物を持っていましたので、荷台のある平屋席に座りたかったのです。)。






P1410049
⑤熱海(1855)→静岡(2016) 5469M 211系2連+313系8000番台車3連 
 熱海駅からは18時55分発の豊橋行きに乗車しようと思っていたのですが、ここ熱海駅まで乗ってきた列車の写真も撮りたかったので、1本遅らせて後続の列車に乗ることにしました。乗車口に並んで列車の入線を待っていたところホームに入ってきたのは、まさかの313系8000番台車でした。
 おかげで静岡までの1時間少々、ゆったりと座っていくことができました。





P1410057
        PHOTO:静岡方の先頭車は211系でした。




◎本日のお宿
 もう少し遠くまで行こうと思えば行けたのですが、静岡駅近くに3千円少々で泊まれるホテルがありましたので、今日はここで1泊しました。


P1410058
        PHOTO:3,340円なら十分リーズナブル



【復路・その②:3月21日(月)】




P1410060
①静岡(622)→豊橋(814) 925M 211系6連
 復路2日目は静岡駅からのスタートです。
 昨日に引き続き313系8000番台車に…と期待していたのですが、残念ながら入線してきた列車は211系でした。






P1410062
②豊橋(839)→名古屋(930) 5111F 特別快速 313系8連
 1本快速列車を見送って後続の特別快速に乗車して名古屋駅に向かいました。






P1410083
③名古屋(948)→米原(1048) 5M 特急[しらさぎ5号] 681系6連
 豊橋駅から乗車した特別快速に乗っていれば、そのまま大垣駅まで行くのですが、せっかくの機会…ということで新垂井線を走る特急[しらさぎ5号]に乗車して米原駅に向かいました。
 なお、新垂井線の乗車については、別記事(東海道本線・新垂井線乗車記(R4.3.21))としてアップする予定です。



P1410085
          PHOTO:ちょっとリッチにグリーン車に!






P1410119
④米原(1059)→野洲(1134) 763T 225系8連
 米原駅からは加古川行きの列車に乗って野洲駅に向かいました。






233
※本日乗車した列車の写真ではありません。
⑤野洲(1145)→姫路(1348) 3454A 新快速1号 223系12連
 野洲駅からはAシート車を組み込んだ新快速1号に乗車して姫路駅に向かいました。





P1410133
         PHOTO:初めてAシートを利用しました。






P1410152
⑥姫路(1404)→相生(1423) 965M 223系4連
 姫路駅からは播州赤穂行きの普通列車で相生駅を目指しました。








P1410153
➆相生(1425)→岡山(1531) 1323M 115系4連
 相生駅からは未払い機の普通列車に乗車して岡山駅に向かいました。
 もしかすると…岡山エリアを走る115系の「乗りおさめ」になるかも…。







P1410156
⑧岡山(1642)→坂出(1721) 3147M 快速[マリンライナー47号] 5000系3連+223系2連
 岡山駅では1時間後の快速[マリンライナー47号]で坂出駅に向かいました。







P1410157
➈坂出(1732)→宇多津(1736) 143M 快速[サンポート南風リレー号] 7000系2連
 坂出駅からは1駅区間だけですが、快速[サンポート南風リレー号]に乗車して宇多津駅に向かいました。







P1410167
➉宇多津(1741)→高知(1943) 49D 特急[南風19号] 2700系DC4連
 宇多津駅からは、今回の帰省のラストランナーとなる特急[南風19号]に乗車して高知に戻りました(岡山駅から乗車しなかったのは、手元にあるトク割回数券が高知⇔高松分しかなかったためです。)。



 復路の所要時間は(2日分併せて)26時間4分、所要経費は16,820円(青春18キップ2日分4,820円、特急[しらさぎ号]乗車券+グリーン券3,840円、新快速指定席券840円、マリンライナー指定席券530円、トク割回数券(岡山⇔高知)3,450円、宿泊ホテル代3,340円)でした。



 往復の所要時間は41時間40分、所要経費は24,520円でした。
 まあ、今回は所要時間とか金額ではなく、東京での用事を優先しましたので、こんな感じの金額となりましたが、ホテルに泊まった割には安く上がったのでは…と思っています。
 なお、
今回の帰省で高知⇔長野の往復も最後となりました。



 【乗車日:令和 4年 3月18日(金)~21日(月)】鉄道コム

鉄道コム鉄道コム


◎過去の高知⇔長野の乗車記録はこちらから!

 
 
 







 

P1410055
     PHOTO:静岡駅に到着した313系8000番台車使用の普通列車



 本年3月のダイヤ改正までは、中央西線の名古屋口で快速列車、普通列車を始め[ホームライナー瑞浪]などで活躍していた313系8000番台車(元[セントラルライナー車])については、中央西線に新車の315系を投入したことにより静岡エリアに転属した…ということは、色々な方のブログなどを見て知ってはいたのですが、まさか、いきなり乗車できるとは思いもよりませんでしたので、せっかくなのでブログとしてアップさせていただきます。




P1410049
★熱海(1911)→静岡(2033) 1459M 211系2連+313系8000番台車3連 
 今回、単身赴任先の高知に戻る際、東京都内で所用があったため、東京駅を16時57分に発車する普通列車で熱海駅に向かい、熱海駅からは18時55分発の豊橋行きに乗車しようと思っていたのですが、ここ熱海駅まで乗ってきた列車の写真も撮りたかったので、1本遅らせて後続の列車に乗ることにしました。


 今日は歩いて疲れていたので、静岡まで座っていきたい…と思い18時55分の列車が発車したあと、乗車口に並んで列車の入線を待ちます。ホームに「間もなく3番線に19時11分発の列車が到着します…」というアナウンスが流れ、静岡方面を見たところオレンジ色の3灯のヘッドライトが見えてきました。あれ?313系はLEDの白いヘッドライトのはずだが…と思っていると、ホームに入ってきたのは、まさかの313系8000番台車でした。


 まさか、いきなり313系の中でも一番乗り心地身の良い列車に乗れるとは思ってもいませんでした。
 この熱海地区では転換クロスシートの車両になじみが無いせいでしょうか、熱海駅に到着後もシートを転換せずに乗る人が多く、車内のあちらこちらでボックス上になった席が発生しており、転換クロスシートの良さがわかるのにはもう少し時間がかかるだろあなぁ…と思いながらの乗車です。


 熱海駅を発車すると、沼津駅、三島駅、吉原駅、富士駅、清水駅など大きな駅にいくつも停車していくのですが、さすがに休日ということもあり、乗車する人よりも下車する人の方が多く、車内は徐々にですが乗客が減っていきます。
 それでも静岡駅に近づくり連れ、草薙駅、東静岡駅からは多くの人が乗ってきて、結局、発車時よりも賑やかな車内となって静岡駅に到着しました。



P1410050
     PHOTO:こんな行先表示が入っていたのかな?それとも新品?






P1410051
     PHOTO:車内のドア上部にもこのような文字が流れていました。






 
P1410054
                             PHOTO:313系8000番台車の車内






P1410056
          PHOTO:「B」編成から「S」編成に…






P1410057
  PHOTO:静岡方の先頭車は211系ですので、室内には大きな差がありますね。




 いや~、やっぱり転換クロスシートは快適ですねぇ!何と言っても進行方向を向いて座れるのが良い!

 今までロングシート車しか走っていなかった静岡エリアに、313系の中でも一番居住性等に優れた車両が入ってきたわけですが、名古屋地区のお下がり…と言ってしまえばですが、もともと有料座席列車として使用していた車両ですので間違いなく気に入ってもらえるものと思います。

 そして、私たち「乗り鉄」にとっても朗報ですね。これで東海道線の旅が一層、楽しくなりそうですね。
 やはり、私、持っているようです!

【乗車日:令和 4年 3月20日(日)】鉄道コム鉄道コム鉄道コム

 久しぶりに長野に帰ってきたしたので、自宅近くにある長野総合車両センターの廃車置場(通称)を見に行ってきました。


P1410019
          PHOTO: 3月19日の廃車置場の様子



 行ったときに車両の移動は確認できませんでしたが、解体線では重機が盛んに動いておりE217系の解体が盛んに行われていました。



P1410018
    PHOTO:改造工事のために長野に来ているE233系をアップで…






P1410020
     PHOTO:EF65のPFって、どこかに保存されているのかなぁ…



 また、先日、配給されてきたクモヤ143の姿もわずかですが見ることができました。昨今の事業車両の状況等を考えると解体されるもの…と思いますが、湘南色のクモヤとスカ色のクモユニと並ぶ姿を見ることが出きれば…と思っています。



P1410022
       PHOTO:工場線の方向にクモヤの姿を確認できました。



※おまけ
 自宅に戻る途中、警報機が鳴り始めたので待っていたところ、しなの鉄道の115系が走り去っていきました。
 新潟の115系も全廃となりましたので、しな鉄の115系が一層貴重になってきましたね。


P1410023
       PHOTO:長野駅を目指して走る、しな鉄の115系


【観察日:令和 4年 3月19日(土)】
鉄道コム鉄道コム鉄道コム

↑このページのトップヘ