TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

2021年06月

P1350811
          PHOTO:新居浜駅に到着した[西条2号]



 予讃線の高松駅(伊予土居駅)~伊予西条間、新居浜駅・伊予西条駅の開業100周年を記念し、6月19日(土)及び20日(日)の2日間、伊予西条駅⇔新居浜駅間に普段は予土線を走る「鉄道ホビートレイン」を使用した「特別運行ツアー」が企画されましたので、私も「せっかく四国にいるので…」とおもって申し込んだところ、運よくチケットの入手ができましたので乗車してきました。





P1350765
①高知(600)→多度津(742) 32D 特急[南風2号] 2700系DC3連
 今回の「乗り鉄」のトップランナーは「赤いアンパンマン特急」です。
 大雨が降る中、高知駅まで歩いて向かい、赤いアンパンマン車両を使用する特急[南風2号]で、予讃線との分岐駅となる多度津駅に向かいました。





P1350766
         PHOTO:多度津駅に到着した特急[南風2号]







     
         VIDEO:多度津駅を発車する特急[南風2号]








P1350773
②多度津(809)→伊予西条(908) 1M 特急[しおかぜ1号] 1001M 特急[いしづち1号] 8000系8両
 多度津駅からは松山行きの特急[しおかぜ1号][いしづち1号]に乗車して伊予西条駅に向かいました。









P1350795
③伊予西条(957)→新居浜(1022) 鉄道ホビートレイン特別運行ツアー[西条2号] キハ32 3 
 伊予西条駅に到着しました。到着後は1番線ホームでツアーの受付を行い、その後、ホームで写真などを撮影しながら列車の到着を待ちます。
 ホームで列車を待つ人を見ると、やはり同業の「鉄」が多いんだろうな…と思っていたのですが、実際には「鉄」は少々で大半は小さな子供連れの親子でした(まあ、子供は無料ですから、親子又は家族で4人で…という方が多かったようです。)。

 これから乗車する[西条2号]は、新居浜駅を9時20分に発車した[新居浜1号]の折返し列車となります。その[新居浜1号]は伊予西条駅の2番線に9時30分過ぎに到着するのですが、乗客が降りた後、すぐ乗車できるのでは無く、到着後、車内の消毒をしっかりと行い、1番線ホームに入換作業を行った後、9時50分過ぎから客扱いを開始しました。



P1350777
           PHOTO:伊予西条駅の電光掲示板







P1350785
       PHOTO:伊予西条駅の2番線に到着した[新居浜1号]








P1350783
         PHOTO:伊予西条駅に到着した[新居浜1号]







P1350790
      PHOTO:感染対策をしっかりと行ってからの乗車となります。






     
       VIDEO:準備が完了して入換作業を行う[西条2号]





 今回、私が乗車に選んだのは伊予西条駅を9時57分に発車する「鉄道ホビートレイン特別運行ツアー[西条2号]」です。まあ、新居浜駅発車の列車でも良かったのですが、どうせ乗車するなら新幹線のノーズが先頭になったほうがいいな…ということで伊予西条駅発車のコースを選んだのですが、伊予西条駅に到着する列車を見たところ、なぜか先頭(新幹線ノーズ)が反対方向にある!あれ?とは思いましたが、まあ、乗車すればどちらが先頭でも変わりありませんので、そのまま乗車することにしました。

 今回のツアーは子供連れも多いので「乗車時間も短いし、立って行っても…。」と思っていたのですが、今回は感染対策の一環でしょうか、乗客は全員着席させるというスタイルを取っていましたので、私も座って乗って行くことができました。

 多くの人に見送られながら[西条2号]はグングンと加速をしながら伊予西条駅を発車していきます。団体列車なので沿線の風景を楽しみながらゆっくりと走っていく…と思っていたのですが、後方から電車が迫っていくこともあり、思っていた以上の速い速度で走り、[西条2号]は伊予西条駅と新居浜駅の間にある中萩駅に到着します。ここ中萩駅では特急列車との交換をするため約12分ほど停車します。まあ、乗客にとってはちょうど良い撮影タイムとなりました。



P1350794
       PHOTO:列車名とは異なるヘッドマークを装着しています。






P1350796
          PHOTO:中萩駅で停車中の[西条2号]







P1350799
         PHOTO::中萩駅で停車中の[西条2号]







P1350801
          PHOTO::中萩駅で停車中の[西条2号]







P1350800
         PHOTO:普通列車の7200系と交換します。







P1350805
       PHOTO:続いて、特急[しおかぜ3号]と交換します。







 やや長めの停車時間も過ぎ、[西条2号]は中萩駅を発車し、その後も非力な気動車とは思えない速度で走り、貨物コンテナがいくつも並ぶ新居浜駅の3番線に到着し、わずか25分ほどの[西条2号]の乗車の旅は終了しました。





P1350809
          PHOTO:新居浜駅に到着した[西条2号]







P1350821
        PHOTO:新居浜駅に停車中の鉄道ホビートレイン








P1350834
④新居浜(1103)→伊予西条(1110) 5M 特急[しおかぜ5号] 8600系5連
 新居浜駅到着後は、特急[しおかぜ5号]で伊予西条駅に戻り、伊予西条駅に隣接している「四国鉄道文化館」の見学を行いました。
 なお、「四国鉄道文化館」の見学模様は別記事でアップさせていただきます。
※ちなみに…、今回のツアーには、この新居浜駅から伊予西条駅に戻る列車のキップ(乗車券+自由席特急券)も付いており、至れり尽くせりのツアーでした。 







P1360014
⑤伊予西条(1225)→多度津(1322) 16M 特急[しおかぜ16号] 8000系5連
 当初の予定では、この後、中萩駅に移動して[西条4号]の走行シーンを撮ろうと思っていたのですが、止んでいた雨がまた降り始めてしまいましたので、撮影はやめて高知に戻ることにしました(伊予西条駅で[新居浜3号]の到着シーンも撮れましたので…。)。
 
 伊予西条駅からは、特急[しおかぜ16号]に乗車して多度津駅に戻りました。 




P1360012
    PHOTO:伊予西条駅で[新居浜3号]と並ぶ特急[しおかぜ16号]






     
    VIDEO:伊予西条駅で[新居浜3号]の到着シーンを撮影できました。









P1360015
⑥多度津(1348)→高知(1539) 41D 特急[南風11号] 2700系DC3連
 多度津駅からは、特急[南風22号]に乗って古明地駅に戻りました。






img040
            PHOTO:[西条2号]の乗車券





img039
            PHOTO:伊予西条までの往復乗車券





img041
         PHOTO:ツアー代金に含まれる割引券等

 今回は、JR四国ツアーの旅行商品に参加をしたのですが、このツアー代金は3,500円でした。
 まあ、[西条2号]の運転区間が伊予西条⇔新居浜間という短区間なので、まあ、妥当だとうかな…と思っていたのですが、出発前に送られた来た内容を見ると、「予讃線高松駅~伊予西条駅間開通100周年記念入場券(850円)」と、四国鉄道文化館の入場券(300円)が付いていましたので、意外とお得なツアーでした。

 また、私は+3,000円を払ったことで、高知駅⇔伊予西条駅間の乗車券・自由席特急券までついていましたので、滅茶苦茶お得なツアーでした。

【乗車日:令和 3年 6月19日(土)】鉄道コム
鉄道コム

 今日は、鉄道ホビートレインを使用する団体ツアーに参加したのですが、その使用車両がしばらく新居浜駅に停車しており「車両見学会」が開催されていましたので見学をしてきました。

 ただ、車両見学会と入っても(感染対策のため)車内は見ることができませんし、幕回しが行われたわけでも無く、単にホームに停車中の車両を見ることができる…ということだけでちょっと残念でしたが、まあ、普段、見ることができない車両を新居浜駅で見ることができましたので、これはこれで良かったのでは…と思います。



P1350811
        PHOTO:新居浜駅に停車中の鉄道ホビートレイン








P1350816
          PHOTO:もう一方は平らな顔なんです。







P1350822
          PHOTO:でも見ようによっては0系新幹線






P1350823
         PHOTO:新幹線のアンテナも装備されています。






P1350821
          PHOTO:新居浜駅の駅名表示とともに



【見学日:令和 3年 6月19日(土)】鉄道コム
鉄道コム


 高知運転所・本日の車両配置状況です。

 特に珍しい車両はありませんが、それでも四国や高知に来なければ見ることができない車両などをアップせていただいています。



DSC05634
           PHOTO:高知運転所の車両留置状況





DSC05635
      PHOTO:ちょうど2700系DCの移動が行われていました。






DSC05637
   PHOTO:今になって2000系DCがカッコいいと思うようになりました。






DSC05638
     PHOTO:2700系DCはもっと明るい色が似あうと思うですが…






DSC05639
     PHOTO:工場には黄色いアンパンマン車両が入っていました。
※この車両は6月8日、新改駅-繁藤駅間で発生した倒木事故で故障したアンパンマン車両ではないと思われます。





DSC05641
   PHOTO:運転所の南東に留置されている2000系DC(先頭車+中間車)
           ※今日はエンジンがかかっていました。


 留置されている車両に変化はありませんが、それでも、た~まに覗くと楽しい「高知運転所」です。

【撮影日:令和 3年 6月17日(木)】鉄道コム
鉄道コム

 なんかタイトルが壮大すぎたかなぁ…。
 たまたま高知駅で、2000系DC特急[あしずり号]の撮影をしようと待っていたところ、高知駅のホームで「幕回し」が始まりましたので、今ではちょっと珍しくなってしまったDC特急の姿をどうぞ…。


南風
        PHOTO:まずは3月まで走っていた特急[南風号]







しまんと
    PHOTO:こちらも3月のダイヤ改正まで走っていた特急[しまんと号]







宇和海
   PHOTO:現役の2000系DC特急ですが、高知駅ではお目にかかれません。







うずしお
    PHOTO:以前、四国に来た時に乗ったことがある特急[うずしお号]







しおかぜ
         PHOTO:こちらは初めて見る特急[しおかぜ号]






いしづち
        PHOTO:こちらも初めて見た特急[いしづち号]







あしずり
       PHOTO:本当はこの写真を撮るつもりで来たのですが…







試運転
         PHOTO:こんな表示で走る姿も見てみたいです。



 2000系にこれだけの種類の「幕」が残っていれば、色々な種類のリバイバル運転も期待できそうですね…。
 2000系DCの特急[しおかぜ号]なんて乗ったみたいのですが…。

【撮影日:令和 3年 6月13日(日)、撮影場所:高知駅】鉄道コム

鉄道コム


P1350735
          PHOTO:旭駅を発車していく特急[あしずり4号]



 今週末は雨が降ったりやんだりの天気で、どこかに撮影地に行っての「撮り鉄」も難しそうでしたので、昨日は高知駅で、今日、日曜日は高知駅から3駅離れた「旭駅」で2000系DCやキハ32の撮影を行ってきました。



P1350692
           PHOTO:高知行き716D 1000DC3連







P1350695
              PHOTO:旭駅に停車中の716D






P1350700
        PHOTO:高知行き 特急[あしずり2号] 2700系DC2連






P1350701
        PHOTO:旭駅で伊野行き719Dと並ぶ
特急[あしずり2号]






P1350706
           PHOTO:高知行き 718D キハ32系2連






P1350709
            PHOTO:旭駅に停車中のキハ32系2連






P1350710
       PHOTO:旭駅に到着する特急[しまんと1号] 2700系DC2連






P1350711
            PHOTO:旭駅に停車中の高知行き720D






P1350719
        PHOTO:旭駅に到着する須崎行き712D キハ32系2連






P1350721
            PHOTO:旭駅で720Dと並ぶキハ32






P1350727
      PHOTO:旭駅に到着する特急[あしずり4号] 2000系DC2連








P1350732
            PHOTO:
旭駅に停車中の[あしずり4号]






P1350743
          PHOTO:高知駅でオープンデッキ車両と並ぶキハ32






P1350746
      PHOTO:高知駅に入線する2000系DC2連(特急[あしずり1号])

 

 わずか2時間でこれだけ撮影出来れば十分なのですが、やはり自然の風景の中を走る列車を撮影したいですね。


【撮影日:令和 3年 6月13日(日)】鉄道コム
鉄道コム

↑このページのトップヘ