TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

2020年07月

 奥さんと2人で京都旅行に行ってきました。名古屋からなら新幹線で…というのが定番なのでしょうが、金券ショップで近鉄の乗車券を安価で購入することができましたので、特急[ひのとり]への乗車を中心に往復乗車をしてきました。

【第1日目・7月24日(金)】


DSC04771
①近鉄名古屋(820)→大和八木(1002) 特急[ひのとり](758列車) 80000系6連
 近鉄名古屋駅からは今年の3月にデビューしたばかりの特急[ひのとり]のプレミアムシートに乗車します。

 当初、京都に行こう!と思った時にはすでにプレミアムシートは全席とも埋まっていたのですが、1週間ほど前に空席が出てきましたので、往路はプレミアムシートに座って向かいました。

 特急[ひのとり]は既に今年の3月にデビュー済みの特急列車なのですが、コロナウイルスの影響により一部列車の運転等も取りやめになったことが影響しているのでしょうか、今でも人気が高いようで、週末等の列車のプレミアムシートは入手しにくいですし、駅のホームなどで列車の写真を撮る人も多く見かけました。

 入線時刻から発車まで10分ほどしかないため急いで写真を撮り、車内に入ってシートを合わせているうちに特急[ひのとり]は名古屋駅を発車していきます。走り始めてすぐ感じたのは「静かだ…」ということと視界が良いということです。これは1号車と6号車のプレミアムシート車はハイデッカー車両となっているためで、シート位置が普通の特急よりは高い場所に設定されているためです。また、このハイデッカー構造が静粛性の高さにもつながっているのでは…と思いました。

 名古屋駅を発車した段階では空いていた座席も最初の停車駅である津駅からの乗客で埋まり、また、津駅で降りた乗客の座席にも新しい乗客が乗ってきて、特急[ひのとり]のプレミアムシートは満員の乗客を乗せて三重県内を快走し、吉野方面・京都方面の乗換駅となる大和八木駅に到着しました。



DSC04775
      PHOTO:豪華なプレミアムシート(電動のリクライニングシートです。)





DSC04776
     PHOTO:デジタルサイネージには先頭車からの映像を見ることもできます。





DSC04781
②大和八木(1006)→近鉄丹波(1057) [ビスタカー] 30000系4連
 大和八木駅からは近鉄特急の代名詞ともいえる2階建て特急[ビスタカー]で近鉄丹波駅まで乗車しました。さすがに最新の特急[ひのとり]と比べると古さを感じてしまいますが、「2階から景色を眺める。」という優越感に浸ることができますので気分の良く近鉄丹波駅まで乗車しました。



DSC04778
     PHOTO:2階席は天井が迫っていることもあり、ちょっと狭い感じがします。





DSC04779
      PHOTO:車体の中央に出入口があり乗客は左右上下に分かれていきます。





DSC04780
             PHOTO:1階の個室はこんな感じ…





【第2日目・7月25日(土)】


DSC04863
③京都(1545)→大和八木(1634) 20000系ACE 6連
 京都観光を終えて、往路同様、近鉄を利用して名古屋に戻ります。京都駅からは今や近鉄特急の主力ともいえる20000系ACEに乗車して大和八木駅まで戻りました。普通の特急列車ですが、各席にコンセントが装備されていますし、シートもリクライニングさせると座面も一緒に稼働するシートが装着されていますので、アーバンライナーよりも「乗り得」感があるような気がしました。

 
DSC04861
             PHOTO:20000系ACEの車内





DSC04864
④大和八木(1650)→近鉄名古屋(1829) 特急[ひのとり](716列車) 80000系6連
 大和八木駅からは、昨日同様、特急[ひのとり]に乗車して名古屋に戻ります。往路はプレミアムシートでしたので、復路は比較をするためにレギュラーシートを選択しましたが、まず、しばらく乗車して思ったのは「静粛性が(プレミアムシートに比べると)ワンランク落ちるな…」ということでした。ただ、居住性については、一般の特急に比べてシートピッチが広いですし、プレミアムシート同様、バックシェルが装着されていますので、後ろの人に気兼ねすることなくリクライニングすることができますので、気分的には一般の特急よりも楽な気分で乗車することができました。



DSC04866
        PHOTO:レギュラーシートにもバックシェルが装備されています。



 今回は奥さんとの旅行の足に近鉄を利用したことを簡単にまとめましたが、近鉄からエリアを限ってですが安価なフリーキップが発売されるようですので、次回はじっくりと乗車をしたいと思っています。

【乗車日:令和 2年 7月24日(金)~25日(土)】鉄道コム

◎過去の「近畿日本鉄道」の乗車記はこちらから!

 近畿日本鉄道全線乗車記・その⑩LAST【御所線、長野線、道明寺線】(R1.7.6)…https://tomodachiya0221.at.webry.info/201906/article_adf45fbca1.html
 近畿日本鉄道全線乗車記・その➈【生駒索道線、けいはんな線】(R1.6.9)…https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do
 近畿日本鉄道全線乗車記・その⑧【信貴線、西信貴ケーブル線】(R1.6.8)…https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newsedit.do
 近畿日本鉄道全線乗車記・その⑦【奈良線(近鉄奈良⇔大和西大寺)】(H31.3.24) https://tomodachiya0221.at.webry.info/201903/article_5.html
 近畿日本鉄道全線乗車記・その⑥【田原本線、生駒線】(H30.10.14)…https://tomodachiya0221.at.webry.info/201810/article_7.html
 近鉄全線乗車記・その⑤【橿原線・京都線】(H30.10.13)…https://tomodachiya0221.at.webry.info/201810/article_6.html
 近鉄全線[名阪特急]乗車記・その④(難波線・大阪線)(H30.9.2)…https://tomodachiya0221.at.webry.info/201809/article_2.html
 近鉄全線乗車記・その③(湯の山線・つどい乗車記)(H30.8.25)…https://tomodachiya0221.at.webry.info/201808/article_10.html
 近畿日本鉄道乗車記②[鈴鹿線](H30.8.5) …https://tomodachiya0221.at.webry.info/201808/article_3.html
 近鉄日本鉄道乗車記・その①【名古屋線・山田線・鳥羽線・志摩線】(H30.8.4) …https://tomodachiya0221.at.webry.info/201808/article_1.htm
 

        
    VIDEO:名古屋駅の2番線を通過していくEF64牽引・白ホキ貨物(R2.7.18)



 今年は良く雨が降る!
 撮影に行きたくても雨、乗り鉄に行きたくても雨!ということで、今朝は名古屋駅のホームでDF200牽引の「塩浜貨物」を撮影し、その後、ロクヨン牽引の「白ホキ貨物」の撮影をしました。


P1280018
    PHOTO:今朝の荷物はたったの4両…だんだん少なくなってきてしまいました。


 衣浦臨海鉄道まで行ってDE10重連の貨物を撮影したいですね…

【撮影日:令和 2年 7月18日(土)】鉄道コム


         
    VIDEO:名古屋駅の側線を通って塩浜を目指すDF200牽引貨物列車(R2.7.18)



 今年は良く雨が降る!
 撮影に行きたくても雨、乗り鉄に行きたくても雨!ということで、今朝は名古屋駅のホームで「塩浜貨物」の撮影をしました。


P1280017
         PHOTO:DF200222号機牽引の塩浜行き貨物列車


 DD51の雄姿を今のうちに…とは思っているのですが、雨の日が多いですし、仕事も忙しくて撮影にも行けない状態が続いています…。

【撮影日:令和 2年 7月18日(土)】鉄道コム


         
            VIDEO:谷田川橋梁を行くEF64三重連貨物列車


 久しぶりに雨が上がりましたので、バイクのバッテリー充電を兼ねて自宅付近を走っていたところ、中央線の矢田側橋梁にカメラを構えた人たちが集まっていました。
 ラッキーなことにカメラを持っていましたので、一緒になって列車補待っていたところ、EF64電機機関車が三両連なった貨物列車がやってきました。
 この列車、普段は重連なのですが、(たぶん)今回の豪雨災害で篠ノ井地区に取り残されたEF64を稲沢に戻すために「三重連」という形になったものと思われます(三両目はパンタを上げていませんので「無動回送」という状態だと思います。)。


P1280009
             PHOTO:ロクヨン三重連の8084ㇾ




P1270945
           PHOTO:こちらは国鉄色重連の5875レ

【撮影日:令和 2年 7月11日(土)、撮影場所:新守山駅-大曽根駅】鉄道コム


P1270932
          PHOTO:豊橋駅前を発車するモ3200形・3203号



 豊橋鉄道のHPを見ていたところ、市内線(路面電車)に残る昭和のオールドタイマー・3200形(3203号)が、通常運行車として運用に入っていることがわかりました。実は今年の1月に同形式の3202号が2月11日をもって引退する…ということだったので、惜別の乗車に行ったのですが、残念ながら当日は運用に入っておらず乗車することができませんでしたので、今回は最後の1両となってしまった3203号の乗車を…ということで乗車に行ってきました(3203号が引退するわけではありません。念のため…。)。




P1270921
※本日乗車したパノラマスーパーではありません。
①名鉄名古屋(644)→豊橋(737) 名鉄特急 1200系他8連
 名古屋駅からは名鉄のパノラマスーパーで豊橋駅を目指しました(本日は展望席最前列です。)。






P1270930
②駅前(746)→赤岩口(808) モ3200形・3203号
 豊橋駅に到着しました。さて、問題は今回、乗車をしたいと思っている3203号が運用に入っているのか?ということですが、これは豊橋鉄道の「のってみりん」という運行情報を見れば稼働している車両が一目でわかるようになっていますので、早速、確認をしたところラッキーなことに運転されており、ちょうど豊橋駅に到着したところでしたので、慌てて駅前の乗車場所に向かい飛び乗ることができました(家を出る時点では「のってみりん」をも見ても3203号は運転されていませんでしたので、本当にラッキーでした。)。

 さて、今回、なぜ引退するわけでもないのに3203号に乗車しよう…と思ったのかというと、実は3203号は、例年、この時期は「納涼ビール列車」、冬場は「おでんしゃ」に使用されており、ノーマルな姿で運転されていません。ところが今年は「納涼ビール列車」が運転されないことから、装飾されていないノーマルな姿で運転されている…ということからです。この3200形(3203号)ですが、元は名鉄のモ580形という路面電車で、全部で4両が製造され、岐阜市内線や美濃町線で使用されていましたが、後継のモ880形の導入により余剰となり、1両は廃車となったものの、残った3両が豊橋鉄道に譲渡され、モ3200形を名乗るようになったという経緯があるようです。なお、3203号は製造が1955年(昭和30年)ということですから、久しぶりに私より年上の列車への乗車となります。

 まさにガタンゴトンと揺られながら豊橋の街中をゆったりとして速度で3203号は進んでいきます。私、古い車両なので「クーラーが装着されていないから、運転は朝方と夜だけだろうな…」と思っていたのですが、3203号にはちゃんとクーラーも装着されており、終点の赤岩口駅までの約20分間、とても快適な乗車をすることができました。



P1270923
          PHOTO:豊橋駅前に停車中のモ3200形・3203号





P1270927
       PHOTO:3203号の車内(自動ドア+クーラー装着済みです。)





P1270924
          PHOTO:運転席回りはオールドダイマーそのものです。





P1270925
         PHOTO:車内にはデジタルサイネージが装着されています。





P1270926
     PHOTO:住宅と住宅の間に市内線の営業所があり電車も留置されています。






P1270928
③赤岩口(813)→駅前(835) モ3200形・3203号
 本時の目的はこの「モ3200形・3203号」への乗車のみですので、赤岩口駅からは折返しの列車で豊橋駅に戻りました。





P1130386
※本日乗車した2200系ではありません。
④豊橋(1002)→名鉄名古屋(1051) 特急 2200系他8連
 豊橋駅からは名鉄特急で名古屋に戻りました。展望車がない特急ということは、ミューチケットを購入する段階でわかっていましたので1700系の到着を期待していたのですが、豊橋駅に到着したのは2200系でちょっと残念でした。




 豊橋鉄道の3200形(モ3203号)ですが、写真で見てもお分かりのとおり外見はオールドタイマーですが、車内はエアコンが装着されており、また、デジタルサイネージもあるなど、非常に大切に使用されていることがわかりました。ただ、乗り降りするときのステップの段差が大きく、この部分を何とかしないと将来的には厳しいのでは…と感じました。
 まあ、この部分を改善するくらいならどこからか中古車両を…ということになるでしょうから、乗るのも撮るのも「今のうちかな…」ですね。


P1270929
       PHOTO:バリアフリーの時代に、ちょっとこの段差が厳しいのでは…





       
         VEDEO:
豊橋駅前を発車するモ3200形・3203号



◎過去の豊橋鉄道の乗車記はこちらから!

【乗車日:令和 2年 7月11日(土)】鉄道コム



↑このページのトップヘ