P1420723
        PHOTO:朝日に照らされる東京メトロ16000系


 生まれも育ちも長野県(JR東日本管内)なのですが、まだ、JR東日本エリアには乗ったことのない鉄道路線が山ほどあります。
 少しづつ乗りつぶしを…ということを考えているところですが、今回はJR路線の乗りつぶしからはちょっと外れ、東京の地名と地理や街の位置関係を知るために東京メトロの千代田線に乗車してきました。





P1420725
①代々木上原(538)→綾瀬(618) 16000系10連
 JRと小田急線を乗り継いで代々木上原駅まで来ました。ここから東京メトロ千代田線に乗車します。 


 今回乗車する東京メトロ千代田線は、東京都足立区の綾瀬駅から渋谷区の代々木上原を結ぶ本線と、綾瀬駅から北綾瀬駅を結ぶ支線(通称:北綾瀬支線)から構成される全長が24.0km(本線が21.9km、支線が2.1km)の鉄道路線です。なお、「千代田線」という名称は東京メトロの前身の営団地下鉄時代に社員から募集を行い、最も多かった名称が選ばれたことからきており、ラインカラーはグリーンとなっています。


 代々木上原駅まで回送されてきた16000系車両が、代々木上原駅を5時38分に発車する列車に充当されるようで、一度、町田・厚木方面に引き上げた後、進行方向を変えて代々木上原駅の3番線ホームへと入線してきましたので、ドア扱い開始とともに車内へと入ります。。なお、今回乗車する列車は常磐線直通の我孫子行きです。


 列車は代々木上原駅を発車すると間もなく地下区間へと突入しますので、車窓を楽しむ間が全くもありません。その後は、表参道、赤坂、霞が関と東京の中心を走り抜けていき、その後、列車は山手線の西日暮里付近へと向かいます。


 列車は北千住駅の手前からは地上部へと出て、隅田川を渡ると右側から常磐線が近づくと北千住駅に到着します。その後、常磐線へと入り千代田線の支線との乗換駅になる綾瀬駅に到着しました。



P1420722
          PHOTO:スタートは代々木上原駅です。





P1420727
           PHOTO:隅田川を渡っていきます。




 
P1420734
      PHOTO:北千住駅の手前で常磐線と並走するようになります。








P1420741
②綾瀬(626)→北綾瀬(630) 05系3連
 綾瀬駅からは同じ千代田線ですが、北綾瀬支線となる北綾瀬駅までの区間を乗車します。
 ここからは、とても可愛らしい3両編成の列車に乗車します。この綾瀬駅⇔北綾瀬駅の区間は全て(と言っても1駅区間だけですが)地上部を走る珍しい地下鉄です。
 「北綾瀬には何があるのだろう?」と、沿線に建ち並ぶビルや住宅街を見ているうちに北綾瀬駅に列車は千代田線の終着駅となる北綾瀬駅に到着してしまいました。



P1420742
           PHOTO:北綾瀬駅に到着しました。


 これで東京メトロ「千代田線」の全線乗車が完了しました。
 地下鉄は「景色」というものが無いので、乗っていても退屈極まりないです…。


※乗車日は5月29日(日)です。


【乗車日:令和 4年 5月30日(月)】
鉄道コム鉄道コム鉄道コム