P1380099
       PHOTO:総社駅に停車中の井原鉄道[夢・やすらぎ号]




 井原鉄道については今年の3月に「鉄印購入」のため乗車したのですが、その際、井原鉄道に私が尊敬している工業デザイナーの水戸岡鋭治さんがリノベーションした列車[夢・やすらぎ号]が走っていることを知りました。
 早いうちに乗りに行こう!…と思っていたのですが、その後、この[夢・やすらぎ号]に不具合が発生したということで、長らく運用から外れていたのですが、この10月から運用に復帰したようですので乗車に行ってきました。




P1380091
①岡山(1303)→総社(1342) 747D キハ47系2連
 岡山駅からは井原鉄道の乗換駅となる総社駅まで吉備線に乗車して向かいました(山陽線~伯備線経由でも行けますが…)。




P1380051
  PHOTO:隣のホームにはこんな列車が…(津山線の快速[ことぶき]です。)









P1380095
②総社(1403)→井原(1444) 333D [夢・やすらぎ号]
 吉備線の列車で総社駅に到着すると、井原線鉄道の[夢・やすらぎ号]は既に5番線に入線していましたので、じっくりと撮影をしてから乗り込みました。

 これから乗車する[夢・やすらぎ号]ですが、2005年に特別委編と車両としてデビューした車両で、私が尊敬する工業デザイナーの水戸岡鋭治さんがリノベーションした車両です。
 車内は自宅のリビングルームやティールームのような心安らぐ「部屋」をイメージされてデザインされています。インテリアは、ブラインド・ベンチ・吊り手・荷物棚・カウンターなど、天然ムク材を使用し、床面も窓台と同じく木製でレトロな味わいのある車内となっています。
 外装は郷愁の感じられる夕焼けを象徴する茜色を、内部シートには木製ブラウンカラーで落ち着いた雰囲気の車内となっています。






P1380096
         PHOTO:[夢・やすらぎ号]のヘッドマーク







P1380093
           PHOTO:[夢・やすらぎ号]の車内







P1380094
 PHOTO:[夢・やすらぎ号]のボックスシート、中央にはテーブルが付いてます。







P1380097
    PHOTO:車体に取り付けられている[夢・やすらぎ号]のエンブレム等







P1380098
    PHOTO:車体に取り付けられている[夢・やすらぎ号]のエンブレム等







P1380100
     PHOTO:車内のトイレの入口、ちゃんとデザインされています。







 列車は数名程度の乗客を乗せて、定刻どおり総社駅を発車し伯備線を南下していきます。次の清音駅では多くの乗客が乗り込んできて、車内は一気にと賑やかくなりました。その清音駅を過ぎると、[夢・やすらぎ号]は、伯備線を左手に見ながら進行方向をぐっと右に変えて井原駅を目指して進んでいきます。

 井原鉄道線へと入った[夢・やすらぎ号]は、一気に高架部へと駆け上がり軽やかな足取りで進んでいきます。清音駅から多くの乗客が乗り込んできた時は「1両編成で大丈夫?」と思ったのですが、進むにつれてだんだんと乗客も少なくなり1ボックスの1~2名程度の乗車率となりました。

 身軽になったから…というわけではないのでしょうが、[夢・やすらぎ号]は100km/h近い速度を維持しながら高架部を淡々と走っていきます。
 前方に街並みが見えると終点の井原駅です。井原鉄道はこの先も神辺駅まで続いていますが、[夢・やすらぎ号]はここまでの運転となるため下車しました。




P1380103
          PHOTO:伯備線と別れて進んでいきます。







P1380110
       PHOTO:一気に高架部へ駆けあがり高梁川を渡ります。







P1380114
       PHOTO:途中の吉備真備駅では[アート列車]と交換







P1380118
         PHOTO:のどかな風景の中を進んでいきます。







P1380119
       PHOTO:トンネルに入ると雰囲気の良い車内になります。







P1380120
    PHOTO:高架部・築堤部を100km/h近い速度で走っていきます。







P1380124
         PHOTO:井原駅に到着した[夢・やすらぎ号]







P1380122
       PHOTO:井原駅で一般型車両と並ぶ[夢・やすらぎ号]







      
       VIDEO:井原駅を発車する[夢・やすらぎ号](回送列車)








P1380123
③井原(1509)→神辺(1525) 335D IRT355
 井原駅では反対川のホームに停車していた列車に乗車して神辺駅を目指しました。




P1380128
             PHOTO:一般型車両の車内








P1380131
④神辺(1630)→清音(1724) 338D [アート列車]
 神辺駅からは[アート列車]の乗車して清音駅に戻ります。
 ここから乗車する[アート列車]は、㈶大原美術館が所蔵する芸術作品約40点を列車内外へラッピングした特別車両です。なお、このアート列車はクラウドファンディングにより誕生した列車ということです。



P1380130
       PHOTO:アート列車の車内(ロングシート車でした。)







P1380132
⑤清音(1734)→岡山(1758) 1844M 113系4連
 清音駅からは113系を使用する普通列車で岡山駅に戻りました(本日は岡山泊です。)。





 ようやく井原鉄道の[夢・やすらぎ号]に乗車することができました。
 やっぱり水戸岡先生のリノベーションした車両って素晴らしい!と改めて思いました。
 次はいよいよ九州に行って水戸岡先生が手がけた車両に乗りに行きたい!と思ってはいるのですが、なかなか…。


【乗車日:令和 2年10月 9日(土)】
鉄道コム鉄道コム 

〇過去の井原鉄道の乗車記はこちらから!


https://tomodachiya0221.at.webry.info/201812/article_6.html