※古い乗車記を他ブログから引っ越しています。一部写真が無い部分や誤字・誤変換等もありますが、よろしければご覧ください(by管理人)。






 単身赴任をいいことに、相変わらず「おばか」をやっております。
 長野電鉄で特急車両として活躍している2100系(元JR東日本253系・成田エクスプレス)2編成のうち、1編成(E2)編成の塗色がオリジナルデザインに変更され、9月8日(土)から運用に入りました。
 この2100系は、名称こそ[スノーモンキー]という長野電鉄オリジナルの名称をつけていたのですが、外部塗装についてはJR時代の塗色まま使用されていましたので、今回の塗色変更により、ようやくオリジナルの[スノーモンキー]が登場したことになります。

 本当はデビュー当日に乗車したかったのですが、当日は北海道にいましたので残念ながら乗車できませんでした。それでも地元を走る特急ですから「1日も早く…」ということで、仕事を追えてから長野まで特急で移動して乗車をしてきました。
 ちなみに、誰もこの列車に名称をつけませんので、E1編成と区別するためにE2編成を列「白いスノーモンキー」、今までの塗装のE1編成を「赤いスノーモンキー」と区別して呼ばせていただきます。





001
★長野(1941)→湯田中(2029) 19B 特急[スノーモンキー] 2100系3連【E1編成】
(←須坂① クハ2151+モハ2101+デハ2111 ③長野→)
 検査上がりだからE2編成が運用に入っているだろう。」という期待だけで、何も調べずに長野まで来てしまったのですが、乗車券と特急券を購入して長野電鉄のホームに下りていったところ、なんとそこに待っていたのは、今までと同じ色のE1編成でした。

 「帰ろうかな?」とも思ったのですが、せっかく長野まで来ましたし、乗車券も購入してしまいましたので須坂駅まで乗車することにしました。
 個人的には2号車・3号車の集団見合いシートが好きなのですが、今日は1号車のリクライニングシートにゆっくりと座って約30分の乗車を楽しみました。

 残念ながら「白いスノーモンキー」には乗車できませんでしたが、久しぶりの元253系の乗車を楽しむことができました。なお、「白いスノーモンキー」については近日中にリベンジを…と思っています。

 なお、本日の乗車した上記以外の列車については次のとおりです。
 松本(1806)→長野(1858) 1019M 特急[WVしなの19号] 383系6連
 須坂(2015)→長野(2040)  330列車
 長野(2051)→松本(2208) 452M 115系3連【編成】




008
    PHOTO:長野駅のホームに待っていたのはE1編成でした。残念!






010
     PHOTO:地方の私鉄特急でこのリクライニングシートは豪華ですね。







009
       PHOTO:このリクライニングシートの車両は3両中1両のみ!






011
       PHOTO:この記念乗車券を購入するもの今回の目的でした。






017
  PHOTO:車庫に入っているE2編成 こちらが[白いスノーモンキー]ですね。


【乗車日:平成24年9月10日(月)】鉄道コム鉄道コム