2週間ぶりの「長野総合車両センター・本日(7/14)の廃車置場」の様子です。
 この2週間のうちにホキ車が運ばれてきたり、長年、訓練車として活躍してきた115系が廃車置場に移動するなど、結構、大きな動きがあったようです。
 訓練車も廃車置場に移動したとはいえ、置いてある場所が留置機関車等と一緒の場所に置いてありますの、即解体とはならないのではないかと(期待の意味も込めて)思っています。

 廃車置場は画面左側から、E257系、E233系、E233系、ホキ車、E233系、クモユニ143、115系(信州色)、115系(湘南色)、E257系、クロ253(後部不明)、ED60(後部不明)、115系訓練車と並んでいます。


P1220178 (2)
                PHOTO:廃車置場の様子





P1220179 (2)
         PHOTO:廃車置場南側の様子(上の写真の右側になります。)





P1220180 (2)
              PHOTO:115系訓練車をアップで…



 115系訓練車が廃車置場に移動したということは、新しい209系訓練車が「訓練センター」に置いてある…だろうということで見に行ったところ、ちゃんと写真を撮りやすい場所に置いてありました。
 しかし、なんで訓練車が209系なんでしょうか?信州には全く縁のない車両なんですが…。あと、「費用半分・耐用年数半分」ということで設計・製造された209系も、まさか訓練車になるとは思っていなかったでしょうね…。


P1220181 (2)
          PHOTO:訓練車の定位置に置かれた209系訓練車





P1220182 (2)
             PHOTO:段ボールはなにのために…?




P1220183 (2)
          PHOTO:英語標記が「今どき」とうことでしょうか?

【撮影日:令和 1年 7月14日(日)】鉄道コム