TOMODACHIYA鉄道日記

 私が撮影した列車や乗車した列車の記録をアップさせていただいています。  基本的には「不定期更新」となっていますので、あしからずご了承願います!

P1390469
           PHOTO:大宮駅に入線する[しもうさ号]


 「乗り鉄・撮り鉄」を趣味にしていると、どうしても話題の列車や派手な列車などに飛びつきがちですが、やはりしっかりと残しておきたいのは地味ではあるがしっかりと利用客のためになっている列車ではないかと思います。
 そこで今回は武蔵野線と京葉線を結んで走る、数少ない列車名が付いてる[しもうさ号]に乗車してみることになりました。
 ちなみに私が[しもうさ号]に乗車するのは14年ぶりとなります。



P1390480
★大宮(913)→海浜幕張(1029) 903E [しもうさ号] E231系(0番台車)8連
 [むさしの号]に乗車して大宮駅に来ました。大宮駅で小休止した後は海浜幕張駅行きの[しもうさ号]に乗車します。


 この[しもうさ号]ですが、大宮駅の3番線から発車するのですが、1本前に同じホームから発車していった八王子行きの[むさしの号]が大混雑でしたので、こちらも混雑しそうな感じです。
 [しもうさ号]に使用される車両は、大宮駅の3番線ホームに9時6分頃に入線してきます。幸い[むさしの号]ほどの混雑にはなりませんでしたので、なんとか発車前に停車中の写真を撮ることができました。


 定刻となり[しもうさ号]は一路、京葉線の海浜幕張駅を目指して、宇都宮線?高崎線?を南下していきます。


 さて、今回乗車する[しもうさ号]ですが、JR東日本が、大宮駅-西船橋駅・新習志野駅・海浜幕張駅間を走る普通列車の愛称で、東北本線(貨物線)・武蔵野線(大宮支線・西浦和支線・本線)・京葉線(二俣支線・本線)を経由して走行します。


 [しもうさ号]の最初の停車駅は武蔵野線の武蔵浦和駅ですが、どこをどう走って武蔵野線に入ったのか、私にはまったく???でした(さいたまスーパーアリーナ、さいたま新都心駅や与野駅の横も通過したのですが…)。そして与野駅の先でトンネルに入り、そのトンネルを抜けると埼京線としばらく並走する区間が続き武蔵浦和駅に到着します。ここ武蔵浦和駅からは単なる武蔵野線の普通列車となりますので、乗客の乗降を行ったのち、先を目指して進んで行きます。


 京浜東北線との乗換駅となる南浦和駅から多くの乗客が乗ってきました。どの駅からも乗車してくる人が多いのですが、降りる人も多いため、車内はさほど混雑することなく進んで行きます。このまま空いたままで…と思っていたところ新松戸駅から多くの人が乗ってきて、車内は一気に混雑となりました。


 西船橋駅からは京葉線を走るようになるため、東京方面に向かう人が大勢降りる…と思っていたのですが、ほとんど降りないどころか多くの人が乗ってきて列車は大混雑となります。その西船橋駅では5分ほど停車時間があるので、絶好の撮影タイムなのですが、混雑で身動きできず、ただ、座ったまま発車の時を待ちます。

 
 停車時間が過ぎ[しもうさ号]は海浜幕張駅を目指して京葉線を進んで行きます。この混雑も次の南船橋駅まで、南船橋駅からは景色を見ながら終点の海浜幕張駅まで乗車しました。


P1390455
            PHOTO:大宮駅の電光表示板





P1390458
    PHOTO:大宮駅のホームにもしっかりと列車名が表示されていました。





P1390477
     PHOTO:[しもうさ号]の列車名もしっかり表示されていました。





P1390481
          PHOTO:E231系0番台車の車内



 [むさしの号]もどこをどう走っているのかわからなかったのですが、[しもうさ号]の終盤は外の景色すら見ることができない混雑でしたので、[むさしの号]以上に意味不明ですが、まあ、それでも何とか乗車をすることができました。

 [むさしの号]と[しもうさ号]の両列車に乗車したことで、1日で武蔵野線色の209系とE231系の両方に乗車できたのはラッキーでした!

 2023年3月のダイヤ改正では快速[アクティー]という名称が消滅し、今年、2024年3月では快速[アーバン]と[ラビット]が大幅に削減され、だんだんと名前のついた普通列車・快速列車が少なくなってしまいましたので、今回の[しもうさ号]も乗れるうちに…ですね。


 最後までご覧いただきありがとうございました。



※乗車日は令和 6年 4月 6日(土)です

【令和 6年 4月 9日(日)・2024/4/9】鉄道コム鉄道コム
鉄道コム
鉄道コム


◎過去の[しもうさ号]の乗車記はこちらから!  
 

P1390392
     PHOTO:武蔵野線色の209系と中央線のE233系が並びます。


  「乗り鉄・撮り鉄」を趣味にしていると、どうしても話題の列車や派手なものに飛びつきがちですが、やはりしっかりと残しておきたいのは地味ではあるがしっかりと利用客のためになっている列車ではないかと思います。
 そこで今回は中央線と武蔵野線を結んで走る、数少ない列車名が付いてる[むさしの号]に乗車してみることにしました。
 ちなみに私が[むさしの号]に乗車するのは14年ぶりとなります。




P1390396
★八王子(721)→大宮(812) 2631M [むさしの号] 209系500番台車8連
 品川から山手線~中央線と乗り継いで八王子駅にやってきました。ここ八王子駅から[むさしの号]に乗車します。
 八王子駅から東京方面に向かう列車は2番線からの発車ですが[むさしの号]は3番線からの発車ということで、人があまりいないので撮影にはラッキーではないかと思います。


 [むさしの号]に使用される列車は、7時9分頃に回送されてくるため写真を撮るには充分な時間があります。なお、本日の使用車両は209系の500番台車ということで、ちょっとレアな車両が充当されました。

 
 入線直後はガラガラだった車内も、発車が近づくにつれ乗客も増え、ほぼ、シートが埋まる感じとなり、八王子駅を定刻どおり発車します。

 
 さて、今回乗車する[むさしの号]ですが、JR東日本が、府中本町駅・八王子駅-大宮駅間を中央本線・武蔵野線(旅客線)・東北本線経由で運転する普通列車の愛称です。本来、乗り換えが必要な中央本線沿線・武蔵野線沿線から大宮駅までを、通常は主に貨物列車しか走行しない武蔵野線国立支線(新小平駅 - 国立駅間)・大宮支線(与野駅 - 西浦和駅)を経由して走る、ちょっと珍しい列車でもあります。


 八王子駅を発車した[むさしの号]ですが、列車名はついていますが快速列車ではありませんので、中央線を東に各駅に停車しながら進んで行きます。国立駅を発車すると[むさしの号]は地下区間へと入り、なんとなく(体感的に)大きく左に回りこみながら進んで行っているような気がします。ずいぶんと長い時間、地下を走り、ようやく地上分へと出ると[むさしの号]はすでに武蔵野線内を走行しており、武蔵野線内の最初の停車駅となる新小平駅に停車します。


 新小平駅からは再び地下区間を走り、再び、地上へと出るとそこは新秋津駅です。もうここまでくると[むさしの号]も単なる武蔵野線の普通列車となりますので各駅に停車しながら進んで行きます。


 武蔵野線内の最後の停車駅となる北朝霞を発車すると、次の停車駅は大宮ということで10分以上ノンストップで進んで行きます。荒川を渡り西浦和駅の先で武蔵野線と別れて短絡線へと入り、しばらくトンネル区間を走り、地上分へと出ると、なんとなく見たことがある大宮付近の景色となり、京浜東北線の列車を見ているうちに[むさしの号]は大宮駅の11番線に到着しました。


P1390377
            PHOTO:八王子駅の電光掲示板





P1390379
      PHOTO:ホームの足元にもしっかりと列車名が入っています。





P1390380
       PHOTO:行先表示にもちゃんと列車名が入っています。






P1390402
    PHOTO:国立駅を発車すると徐々にトンネルへと向かっていきます。





P1390419
              PHOTO:新小平駅に到着





P1390426
        PHOTO:気がつくと与野駅の横を走っていました。





P1390433
          PHOTO:大宮駅に到着した[むさしの号]


 この武蔵野線の短絡線って、何度乗ってもよくわからない…というのが正直なところですが、2023年3月のダイヤ改正では快速[アクティー]という名称が消滅し、今年、2024年3月では快速[アーバン]と[ラビット]が大幅に削減され、だんだんと名前のついた普通列車・快速列車が少なくなってしまいましたので、今回の[むさしの号]も乗れるうちに…ですね。


 最後までご覧いただきありがとうございました。



※乗車日は令和 6年 4月 6日(土)です

【令和 6年 4月 6日(土)・2024/4/6】鉄道コム鉄道コム
鉄道コム
鉄道コム


◎過去の[むさしの号]の乗車記はこちらから!  
 

P1390296
        PHOTO:梁川駅に到着する阿武隈急行8100系


 青春18きっぷを利用して東北方面の乗り鉄にやってきました。
 今回の「乗り鉄」のメインは阿武隈急行ということで、旧型車両(8100系)と新型車両(900系)の両方に乗れれば最高だなぁ…と思っていたのですが…。





P1390249
①槻木(1341)→梁川(1429)1924M AB900系2連
 都内から普通列車を乗り継ぎ、なんとか阿武隈急行の乗換駅である槻木駅まできました。   
 JR線内は強風の影響で運休や遅延が発生していましたが、阿武隈急行は通常どおりの運転を行なっているようなので、ひとまず梁川駅に向かうことにします。


 槻木駅からは最新のAB900系に乗車します。この車両は阿武隈急行が2018年から導入を開始した新型車両で、JR東日本のE721系をベースとした車両です。この車両、明るくてトイレもあるので安心して乗車できるのが良いですね。


 槻木駅を発車したAB900系は、一路、梁川駅を目指して進んでいきます。阿武隈急行線は単線ですが意外と早いペースで走って行きます。


P1390245
            PHOTO:なぜポケモン?





P1390248
            PHOTO:AB900系の車内





P1390253
         PHOTO:白石川を渡って進んで行きます。





P1390256
          PHOTO:東北本線と別れて進んで行きます。





P1390261
     PHOTO:単線区間ですが意外と速い速度で駆け抜けていきます。






P1390267
            PHOTO:丸森駅では列車交換





P1390274
        PHOTO:阿武隈川の流れに沿って進んで行きます。






P1390286
         PHOTO:梁川駅に到着したAB900系






P1390284
       PHOTO:梁川駅には阿武隈急行の車両基地があります。








P1390301
⑥梁川(1441)→福島(1513) 930M 8100系2連
 梁川駅の窓口でフリーキップを購入後、梁川駅に14時35分に到着する925Mの折り返しとなる列車で福島駅を目指します。


 ここからは、さきほどまで乗車していたAB900系ではなく、今回の乗り鉄で乗りたかった8100系に乗車します。
 この8100系ですが、阿武隈急行が開業した1988年に導入した車両です。ベースとなっているのはJR西日本の713系をベースにした車両なのですが、さまざまな改良を行っているため、その面影はありませんが、なんとなく国鉄型車両の雰囲気はあるように感じられます。
 車内にはボックスシートが並び、まさに往年の急行列車のような感じがします。その赤いモケットのボックス席に座って福島駅を目指します。


 梁川駅までは、だいぶ山の中を走って来た…という印象でしたが、梁川駅から先はだいぶ開けて来たなぁ…街が近づいて来たなぁ…というエリアを走って行きます。


 阿武隈急行線は比較的駅間の距離が短いのですが、最後の停車駅である卸町駅を発車するとしばらく走った後に東北本線に合流し、その後、福島駅に到着しました。



P1390302
            PHOTO:8100系の車内





P1390303
      PHOTO:ボックスシートが良い雰囲気を醸し出しています。





P1390324
            PHOTO:8100系の運転台




P1390313
     PHOTO:古い車両ですが車端部にはちゃんとトイレがあります。





P1390305
      PHOTO:8100系に装着されていたヘッドマーク





P1390318
        PHOTO:高子駅では梁川駅行きの列車と交換します。



 阿武隈急行には、東京にきてからずっと乗りたい!と思っていたのですが、これでようやく念願が叶いました。そしてなにより国鉄型急行の流れを引く8100系と新型車両の900系の両方に乗れて大満足の1日でした。



img20240330_23510535
           PHOTO:本日使用したフリーキップ


 最後までご覧いただきありがとうございました。


※撮影日は令和 6年 3月30日(土)です。


【令和 5年 4月 3日(水)・2023/4/3】
鉄道コム鉄道コム
鉄道コム
鉄道コム

 東京に住むようになってから「東北方面に乗り鉄に行きたい…」とずっと思っており、昨年の1月には仙石線・仙石東北ラインの乗車に行ってきたのですが、東北は広い!まだまだ未乗車の路線も多い!ということで、今年は「阿武隈急行」と「福島交通・飯坂線」の乗車に向かったのですが…

 
P1390210
①上野(511)→水戸(658) 321M E531系10連 快速
 品川から山手線で上野駅に来ました。ここから本日の「乗り鉄」はスタートです。
 今回の乗り鉄のトップランナーは、常磐線の勝田行きE531系に乗車して水戸駅を目指します。


 この列車、いわゆる「短い10両編成(都会だけで通じるフレーズですね。)」ということですが、上野駅を発車する時点では空いてていいのですが、次の日暮里駅からは、これから家に帰る人が大量に乗ってきて混雑が始まります。その混雑がだんだん空いて来たなぁ~と思っていると、今度は取手駅を過ぎる辺りから通勤や通学の人で混雑するという感じで、常に混雑をしているという感じですので、水戸や勝田まで乗車するならグリーン車がおすすめかも…


 高浜駅を過ぎたあたりから霧が濃くなって来た…ということで、少し速度を落として走行した区間もありましたが、水戸駅にはほぼ定刻どおりに到着しました。




P1390209
         PHOTO:E531系の車内(クロスシート車)






P1390212
②水戸(719)→原ノ町(1055) 671M E531系5連
 水戸駅からは、反対側のホームに停車している、7時3分発のいわき行きの列車に乗り換える…というのがダイヤ改正前までのルーチンだったのですが、今回はその列車を見送り、次の7時19分発に乗れば原ノ町駅まで乗り換えがいらなくなりましたのでこちらの列車で原ノ町駅を目指しました。


 さきの列車はE501系でしたので乗り鉄派としては魅力なのですが、その列車に乗っても、結局、いわき駅でこの列車に乗ることになりますので、約3時間30分あまりの乗車を考えて最初からこの列車で原ノ町駅を目指すことにしました。
 ちなみに今回乗車したE531系5連ですが、前3両がセミクロ車、後2両がロングシート車でした。


 水戸駅を発車し、次の勝田駅からも乗車する人もいましたが、乗車率2~3割という感じでした。この先、進むにつれてだんだんと乗客が減っていくんだろうなぁ…と思っていたのですが、意外と降りる人よりも乗ってくる人の方が多く、気がつくと車内は結構賑やかとなっていました。ただ、それも高萩駅までで、高萩駅を過ぎると徐々に車内は空いて来て、身軽になった状態で進んで行きます。


 このまま空いた状態でいわき駅に向かうのかと思っていたのですが、そのいわき駅が近づいてくるとクラブ活動に向かうと思われる高校生が駅に止まるたびに乗って来て、賑やかな車内となっていわき駅に到着します。


 ここで高校生達は下車しましたが、いわき駅からは前述のとおり、水戸駅を7時3分に発車した列車の乗客が乗ってきます!その、いわき駅のホームには多くの乗客が列を作って…と思っていたのですが、誰も待っていない!という結果でした。
 あ~、それなら水戸駅からE501系に乗ればよかった!と思ったのですが、でも、もし、いわき駅から先の区間、座れなかったらどうしよう…ということを考える必要がありましたので、水戸駅からこちらの列車に乗ってきたのは正解のようでした。
 なお、この671Mは、いわき駅で36分間停車しますので、乗り鉄もしばらく小休止となります。


P1390211
      PHOTO:水戸駅では珍客のビューコースター風っ子と遭遇





P1390213
         PHOTO:いわき駅は大きくてきれいな駅でした。





P1390214
          PHOTO:いわき駅に停車中の671M


 いわき駅を発車すると常磐線も単線区間となり、列車速度も控えめとなり、また、駅では列車交換を行いながら進み、3時間36分の乗車を経て原ノ町駅に到着しました。



P1390223
          PHOTO:東北の桜を見ながらの乗車です。




P1390224
            PHOTO:夜ノ森駅で特急列車と交換 





P1390227
③原ノ町(1057)→岩沼(1155) 241M 701系4連 
 原ノ町駅でらわずか2分の乗り換えで岩内駅を目指します。
 ここまで5両編成の列車でしたが、ここからは4両の列車です。原ノ町駅での乗り換えを考えて、先程まで乗車していた列車の乗車場所も考えていましたので、短い編成でしたが座って行くことが出来ました。


 この仙台行きの列車ですが、対向する列車が遅れていたためと強風による速度抑止に伴い岩内駅には約10分遅れで到着しました。


P1390228
               PHOTO:岩沼駅





P1390237
         PHOTO:岩沼駅で強風のため抑止停車中の列車①





P1390241
         PHOTO:岩沼駅で強風のため抑止停車中の列車②






P1390243
④岩沼(1241)→槻木(1246) 440M E721系6連
 ここでトラブル発生!本来、岩内駅を12時21分に発車する白石行きの普通列車が強風のため運休となってしまいました。そのため、この後の予定が完全にくるってしまいました。さて、どうするか?と考えたのですが、ひとまず後続の列車で槻木駅を目指すことにしました。なお、この列車も17分遅れで到着しました。


 発車後、快調に速度を上げて走り始めましたので、「ああ、抑止は解除されたのね。」と思っていたら槻木駅の手前で停車をしてしまい。その後、運転は再開されましたが、槻木駅には30分遅れでの到着となりました。


 車内で考えた結果、本来なら今回の「乗り鉄」は、阿武隈急行と福島交通・飯坂線の乗車を考えていたのですが、無理をすると帰れなくなる可能性もありましたので、今回は阿武隈急行のみの乗車として、東京に戻ることにしました。




P1390249
⑤槻木(1341)→梁川(1429)1924M AB900系2連
 槻木駅からは阿武隈急行に乗車して福島駅を目指しました。
 なお、阿武隈急行の乗車記については、別記事としてアップさせていただきます。




P1390301
⑥梁川(1441)→福島(1513) 930M 8100系2連
 梁川駅からは8100系に乗車して福島駅を目指しました。




P1390331
➆福島(1540)→郡山(1626) 1140M E721系4連
 福島駅からは東北本線の普通列車で郡山駅を目指しました。
 しかし福島と郡山という大都市の間を結ぶ列車に4両編成というのは短すぎません?結局、福島から郡山までは立ちっぱなしでした。だから、東北本線経由は使いたくないんです…


 久しぶりに東北本線を利用しましたが、4両編成の普通列車と貨物列車が走るだけになってしまい、かつて上野と青森を結んでいた大動脈が、すっかりローカル線になっちゃったんですね…




P1390333
⑧郡山(1651)→常陸大子(1853) 332D キハE131系2連
 郡山駅からは東北本線の小刻みな乗り換えを嫌い、多少時間はかかりますが水郡線を利用して水戸経由で都内に戻ることとし、とりあえず常陸大子駅駅を目指しました。


 郡山駅を発車する時点では、だいぶ座席が埋まっていたのですが、磐城棚倉駅を過ぎると車内に残っているのはわずか4人のみという状況で、結局、常陸大子駅まで乗車したのは私1人だけでした(2両編成で…です。)


P1390332
    PHOTO:ホームに停車していた車両に増結をした2両編成で運転します。





P1390355
             PHOTO:キハE130系の車内





P1390335
        PHOTO:鶴見線の205系は、ここ郡山にいました。





P1390337
   PHOTO:安積永盛駅を過ぎると東北本線と別れて水郡線を進んでいきます。





P1390348
          PHOTO:磐城石川駅で列車交換を行います。




P1390357
             PHOTO:常陸大子駅に到着






P1390361
⑨常陸大子(1920)→水戸(2047)846D E131系3連
 常陸大子駅では、約30分ほど待ち合わせのうえ、水戸行きの普通列車に乗車します。先程の列車は、先に行けば行くほど乗客が減っていきましたが、今度はその反対になるはずですが…。
 ちなみに、常陸大子駅から乗車したのは私を含めて3人でしたが… 


 野上原駅を過ぎるあたりからポツポツと乗客が増え始め、列車が水戸駅に到着する頃には1両に30名程度が乗車する状態となって水戸駅に到着したました。


P1390360
           PHOTO:キハE132系の車内





P1390363
           PHOTO:山方宿駅に停車中の846D





P1390364
⑩水戸(2100)→上野(2256)454M E531系10連
 本日のラストランナーはE531系を使用する常磐線快速で上野駅に向かいました。途中、遅れている特急車両を先行させた関係で、この列車の上野到着も遅れましたが、なんとか本日中に戻ることができました。


P1390365
            PHOTO: 取手駅に停車中
 


 思いもよらない「強風」により、当初、予定していた福島交通・飯坂線に乗車出来なかったのは残念ですが、まあ、「乗り鉄」なんてこんなもの…。楽しみは次回に…と思ってます。
 さて、これで春の青春18切符は、全部使い切ってしまいましたので、来週はどうしましょうか…。



   最後までご覧いただきありがとうございました。


※乗車日は3月30日(土)です。



【令和 5年 3月31日(日)・2023/3/31】
鉄道コム鉄道コム
鉄道コム
鉄道コム


◎過去の東北エリアの乗車記はこちらから!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P1390063
    PHOTO:品川駅を発車して地下区間へ向かうイエローハッピートレイン



 相変わらず「撮影記」というほど大げさなものではありません。
 私が通勤時や列車待ち、そして休日に撮影した写真を中心とした、いわば
私の「備忘録」的なものですがよろしければご覧ください。

 今回は北品川駅、品川駅と新番場駅です。


P1390031
        PHOTO:羽田空港に向かう京成の主力電車3000形




P1390020
          PHOTO:品川駅に向かう1000系急行




P1390047
      PHOTO:品川駅を発車して地下区間へ向かう1000形特急





P1390054
         PHOTO:品川駅に到着する京成3100形






P1390075
          PHOTO:品川駅に向かう京急の最新鋭車両





P1390084
         PHOTO:品川駅に到着する1000形特急





P1390097
         PHOTO:品川駅に到着する北総急行7800形




P1390107
          PHOTO:新馬場駅に向かう600形急行





P1390124
         PHOTO:新馬場駅に到着する1500形普通





P1390133
           PHOTO:成田空港を目指す京成3100形




P1390161
           PHOTO:京急1000形・青砥行き特急




P1390179
          PHOTO:大好きな都営地下鉄5500形


 久しぶりに京急の撮影を行いましたが、いつ撮影しても車両の種類が豊富ですので楽しいですね。

 最後までご覧いただきありがとうございました。


【撮影日:令和 6年 3月28日(木)】



【令和 6年 3月28日(木)2024/3/28】
鉄道コム
鉄道コム
鉄道コム


過去の京浜急行の撮影記はこちらから!

 
 
 
 
 
 

 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



↑このページのトップヘ